人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

(単なる好奇心)半蔵門線の線路の内側にある黄色いワイヤーは何の為の物でしょうか?

目測ですが、2本のレールの内側に黄色のワイヤー?ケーブル?みたいなものが内側10cmくらいのところにレールと平行して取り付けてあります。 ワイヤーの太さはLANケーブルくらい。10数メートル間隔で地面から少し浮くような形で金具でとめてあります。

以上が観察の結果ですがいったいあれは何の為なのでしょうか?

だれか教えてください、、、。

●質問者: soniichi
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
✍キーワード:LAN メートル 半蔵門線 好奇心 黄色
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● くまっぷす
●35ポイント

http://odn.okwave.jp/kotaeru.php3?q=715401

こっちで見つけました…。

漏洩同軸ケーブル(LCX)といいます。

http://www.furukawa.co.jp/optcom/metalcable/lcx.htm

◎質問者からの返答

おお、なるほど。 アンテナですか。

それならレールの内側(車体の真下)にあるのも合点がいきます。


2 ● mutsuju
●35ポイント

どうも光ファイバのようです。漏洩同軸ケーブル(LCX)かと思ったのですがLCXにしては細いので、ファイバだと思います。

○営団地下鉄の光ファイバー網(200芯)

2001年4月現在

(略)

半蔵門線:渋谷?水天宮前 南北線:(なし)

(略)

外部との接続

(後略)

出典

http://web.sfc.keio.ac.jp/~n03136ko/koutuu/arg2_5.pdf

LCXの説明

http://www.interq.or.jp/blue/rhf333/TTS.htm

◎質問者からの返答

おお、どっちなんだ、、、LCXなのか光ファイバなのか、、。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ