人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「楽しいこと」や「気持ちいいこと」に価値はありますか?
「楽しいことをするために生きている」「気持ちよくなるために生きている」という人がいます。では、「楽しいこと」や「気持ちいいこと」に価値はありますか? それらに意味はありますか? なぜそれが生きる理由になるんでしょうか?(できるかぎり長文でお願いします)


関連:
http://q.hatena.ne.jp/1154283434
http://q.hatena.ne.jp/1154352829

●質問者: mizunotori
●カテゴリ:人生相談
✍キーワード:価値 楽しい
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 20/20件

▽最新の回答へ

1 ● nana109
●20ポイント

長文は非常に苦手なので・・・、ごめんなさい。

笑いの効果

?免疫力を高める

?細胞や血管を若くする

?脳を刺激する

?ストレスを解消させる

?痛みを抑える

?美容にも笑いは効果的

?大笑いすれば腹筋や横隔膜が鍛えられ、便秘が改善されます。

?よく笑うことで体の筋肉を使い、心地良い疲れによりよく眠れるようになる。

爽やかに生きることで健康効果がある!

しかし、自分の爽やかさのために他人を不愉快にするような人は大嫌いですが・・・

◎質問者からの返答

無理を言ってすみません。

ありがとうございました。


2 ● ElekiBrain
●20ポイント

まず、楽しいこと気持ちいことを概念的に捉えれば、意味はないでしょう。それは理論的に整理されるべき問題ではないからです。そして、楽しいこと、気持ちのいいことが意味を成すのは、人間の感覚であったり、感情であったりします。もし、気持ちのいいこと、楽しいことが否定されるならば、人間という生物は非常に無味乾燥とした生き物になってしまいます。

まず、注意すべきは、これは人間特有のものではなく、動物にも存在するということです。動物を飼ったことのない方にはわからない心境かも知れませんが、動物にも確かに気持ちよさそうにしている瞬間があり、また、楽しそうにしている瞬間があるからです。

人間も動物の一種です。従って、理性によってそれらを判断するよりも、感覚と感情で判断されるべきであると思います。


楽しいことのため、快感のために生きている、という人の話は私も良く聞きます。この方達のことはこの方達で、人間的な価値観よりも、より本能的な価値観を求めているのだと思います。あらゆる人間があらゆる価値観を持っていますので、これはこれとして大変意味のあることであると思います。

私にしたところで、一杯のコーヒーに思わず目を瞑って「うまい」と言ってしまうことだってありますし、タバコを風呂上りに嗜みながら夜空を眺める瞬間は最高のひと時です。人間の知性や理性を重視することは大事ですが、本能との兼ね合いが重要かと思われます。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


3 ● TomCat
●20ポイント

人は様々なことに楽しみを見いだし、快感を見いだします。

たとえば、学ぶことは楽しいですよね。

子供でも大人でも、初めて知る事には目を輝かせます。

同じように、色々な体験を積んだり、

経験を深めていくことも楽しいです。

そして得られる成長の実感。

これが快感なんです。

見聞が広がり、知識が高まり、実力がつき、

ちょっと前に比べて一回りも二回りも自分が大きくなっている。

この楽しみ、この喜び、この快感。

真の快楽主義というのは、自らを成長させる快楽を知る、

そしてそれを至上のものとして追い求める。

そういうものだろうと思うんです。

成長の快感のない楽しみは刹那的です。

そんなもの、すぐ飽きます。

そんなもののために生きられるほど、

人は辛抱強くはありません。

でも、自分を成長させていく楽しみと

それによって得られる快感は、

まさに「生きる目標」と一致します。

みんな、それが欲しくて、

それを見つけたくて生きているんです。

そしてそれを見つけると、

あー、俺はこのために生きていたのかと。

そう思うことになるわけです。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


4 ● imo758
●20ポイント

まず、自己や遺伝子の存続のために良好な状態の時に脳がとる一状態を、

日本語では「楽しい」とか「気持ちいい」と表現するように

なっています。

例えば楽しいことは好意を持つ他人との生存相互協力や

良好な生殖相手との生殖合意回数を増加・良質化させたり

生存のための各種技能の獲得を促したりすることが多いでしょう。

例えば気持ちいい状態というのは、体調が良好であったり

良化を促したりすることが多いでしょう。

ただし、あくまで一般的な話であり、脳が判断ミスをすることも

多々ある、そして現代科学を用いれば他人の脳に判断ミスを

させることがますます容易になっているということでしょう。

一方、不快なことというのは、内臓等にダメージを負ってでも

逃走に適した肉体に仕立てる効果があるようです。

もともと不快というのは、逃走したほうが良いという

本能的な判断状況のことでしょうし。

そのような生存に不利だったり、内臓にダメージを負う状況は、

もともと避けられるなら避けたほうがいいでしょう。

まあ根拠があるとはいえ、「楽しいことをするために生きている」

「気持ちよくなるために生きている」というのは

本能寄りの判断にとても従順だ、という感じです。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


5 ● moaizo
●20ポイント

要するに「生きがいを感じる人生を送りたい」っていうことだと思いますよ。(生きがいというか、達成感というか)「楽しい」「気持ちいい」=「楽をしたい(怠けたい)」ということではないと思います。アテネで北島が金メダルをとったあとのインタビューでは、「ちょー気持ちいい」って言ってましたので。最も「楽をしたい」という考えも、大事といえば大事です。この考えがあってこそ、効率的にやろうと考えることになると思うからです。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


1-5件表示/20件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ