人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

(カブトムシ)
うちで飼ってるカブトムシが昨日で14個卵を産みました。
いま1つ1つ容器に土と一緒にいれているのですが、
この暑い中、土が乾いてしまいます。
朝・夕 土が乾いていたら水を霧吹きでシュッとしているのですが、
すいません、知りたいのはカブトムシの卵は多少の乾燥には強いのでしょうか。
シビアに弱いのでしょうか。
よろしくお願いします。

●質問者: meichi
●カテゴリ:趣味・スポーツ 生活
✍キーワード:カブトムシ シビア 乾燥 暑い
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● KairuaAruika
●27ポイント

http://www.pref.ishikawa.jp/fureai/pdfs/manual/01.pdf

卵も例外なく,乾燥には弱いですね。

”マット”を充分に湿らせておくことをお勧めします。

◎質問者からの返答

なるほどですね。


2 ● daikanmama
●27ポイント

カブトムシの卵は、乾燥に非常に弱いと考えてください。

乾燥を防ぐためには、下記のサイトのようにタッパを利用する方法がおすすめです。孵化率が高くなります。

http://www.geocities.co.jp/AnimalPark/2810/ranshitu.html

◎質問者からの返答

>産卵から約12日で孵化します

↑なるほど。。。。


3 ● TomCat
●27ポイント ベストアンサー

http://members.jcom.home.ne.jp/h-ninomy/kabu/kabu_siiku.htm

http://www.shiga-ec.ed.jp/kagaku/03jikken/01kyozai/vol9/kabu...

おお、卵を産みましたか。おめでとうございます(^-^)

乾燥についてですが、これは基本的に

「あまり強くない」と考えてください。

そしてもう一つ弱いのが「蒸れる」ことなんです。

要するに、カブトムシは本来森の生き物で、

ひんやりと湿った所に産卵する、ということなんですよね。

ですからむしろ乾燥ということよりも、

暑くてすぐ乾燥してしまうということの方が問題です。

風通しの良い、直射日光のあたらない涼しい場所に

置いてあげてください。

もっとも卵そのものはある程度の防御力を備えていますから、

孵化した後の幼虫より環境適応能力は優れています。

でも、カブトムシの卵は10日程度で孵化しますから、

そんなのあっという間ですよね。

ですから、いつ孵化しても大丈夫な環境を

予め整えておくことが大切なんです。

みごと孵化して幼虫になったら、

よく発酵させた良質のマットを敷いた別の容器に移して、

それまで以上に乾燥と蒸れに注意して育てていってください。

風通しの良い直射日光の当たらない所。

うまく工夫してみてくださいね。

元気に育ちますように!!

◎質問者からの返答

丁寧な回答ありがとうございます。

これでおわります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ