人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: Pyzar
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:URL サル リンク 漢字
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

6 ● Baku7770
●20ポイント

筆跡鑑定・筆跡異同診断【瑞明会・比較筆跡鑑定研究所】

少なくとも若い方には質問された意図が判らないと言いたいのです。

筆跡鑑定をやっている方に言わせますと、人並みに漢字を知っている(と思っている)方にその方が知っている漢字を書かせますと、筆順が違っている、撥ねるといったのも含めて、7割以上正しく書ける人は稀なのだそうです。だから、この質問も「様」に限らないというのが実は正解と考えます。

ただし、「様」が正しく書かれていないことを問題にする人はおられます。つくりの下の部分について、「次様」「水様」という言葉もあるようです。

これは手紙の宛名を書く際に名前を間違えるのと同様、様の字も正しく書かないと失礼とされることから、様の字が正しく書かれているかをチェックする方がおられるようです。

◎質問者からの返答

> 少なくとも若い方には質問された意図が判らないと言いたいのです。

わたしが、その「若い方」の先生か師匠ならそう言われても仕方ないですが...

単に書き順を間違えている、あるいは単に1画で数えるものを2画で数えてしまっているという間違いならば、誰でもありえることですから、わたしも「はてな」で聞こうと思わなかったかもしれません。

とりあえず一晩待ってみます(^-^)


7 ● TomCat
●40ポイント

質問に掲げられたアンケートは全て「画数」のみを問うものですよね。

ですから14画以外を選択した人が必ずしも

「間違えている」人は、つくりの上部と下部の縦の棒を2画に分けて書きます。

に該当するとは限らないわけです。

アンケートの設問を「宛名」の「様」と限定して考えた場合、

人によると最後の払いの所に、ちょんと飾りを付ける人がいますよね。

こんな感じです。

私は実際、あの一連のアンケートを見た時、

様の字にちょんと飾りを付けますか、付けませんか、

という趣旨の質問だと思っていました。

こういう習慣は世代によって違いそうですから、

そういう意味の質問だったのかと。

ですから、そういう受け止め方で回答した人は、

ちょんとひとつ飾りを付ける人なら15画、

ちょんちょんと二つ飾りを付ける人なら16画、

といった回答になってくるわけです。

おそらくご質問のような「間違い」の検証は、

「様の字のつくりの縦棒は上から下まで一本で書きますか、

それとも上半分と下半分に分けて書きますか」

といった聞き方でないと、本当のところは分からないと思います。

◎質問者からの返答

その通りですね。

どうも聞き方を間違えてしまったようです。

ちなみに、わたしが「様」の字に「飾りを付け」た場合は、「ちょん」が2つです(^-^)


8 ● adlib
●10ポイント

さまざまの「様」

だれもが、ある文字を学ぶ場合、最初に見た書体に拘束されます。

たとえば、教科書やマンガの吹きだしなどの活字体とか、パソコンや

ケータイのデジタル・ドット、あるいは無原則な手書き文字です。

わたしは亡父の手紙に用いられた「様々」の行草体に学びました。

そのときの気分や、年代によって、さまざまな変容があり、あて先に

応じて、ときには「殿」や「どの」も混在していました。

その書体が正しいかどうかの判定を、語源的に求める観点もあります。

白川 静 説では(漢字の起源は)日本人が思うほど古くないそうです。

実際に書いてみて、過去の文字を論じるべきだ、という主張です。

もう一つの論点は、大学入試などで、正誤認定されるケースです。

かねて「木ヘンの縦棒は跳ねる」と定められていますが、そのことを

知っていれば、日常の筆記では「跳ねなくてもよい」と教わりました。

ガリ版では「読みちがいのおそれがなければ略してもよい」とされ、

「書」の横棒七本では、上から五本目が略され、くっつけられました。

戦後は「者」など、旧字から「ヽ」が省かれるようになりました。

明朝活字では「様」の縦棒を一本に通したほうが、読みやすいのです。

わたしは、レタリング(書体デザイン)の立場から、こう考えます。

「文字の使命は、正しいかどうかよりも、正しく伝わるかどうかにある」

書き順は、書道における運筆(毛筆の流れ)を教わるための便法で、

ほとんど横書きとなって(英数字が混在する)現代日本語にとっては、

もはや茶華道や日本舞踊のような文化的素養にすぎないでしょう。

人という字は「互いに支えあっている」などと説教がましく曲釈する

老人や、名前の画数で吉凶を占って、改名を迫る商売など、とても迷惑

ですね(おかげで、わたしは二つの名を持っています)。

おしまいに、このたびのQ&Aで、よみがえった疑問があります。

わたしの友人を思いうかべると、なぜか偏差値の高い順に悪筆です。

彼らは筆順も画数も知りつくしているのに、みみずのように書きます。

↓=わたしの旧稿(書体概論)です。

http://d.hatena.ne.jp/adlib/19800915

Do! series ? 邦字の姿 ?


9 ● ardarim
●1ポイント

根拠なしですみません。

単純に「義」など、部首の構成が似ている字があるために

「羊(の下棒なし)」と「水」で分けるという勘違いが生じているのではないでしょうか。

私も、実際に書いてみると手は14画で覚えているのですが、

最初頭で画数を数えようとしたら15画にしてしまっていました。


6-9件表示/9件
4.前5件|次の5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ