人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

公法上の金銭債権と私法上の金銭債権の違いが分からないので、教えてください。特に公法上の金銭債権を詳しく教えていただけるとありがたいです。宜しくお願いいたします。

●質問者: ahiruzuki
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:債権 公法
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● cnasneinurewn
●30ポイント

金銭債権につき、

1.私法上の権利については民法、商法、手形法などの規定が適用され、

2.公法上の権利について地方税法などの定めのあるものについては、その規定が適用される。

問題となっている法律関係が公法上のものか,私法上のものかは,民事訴訟法の適用を受けさせるのがよいか、行政事件訴訟法の適用を受けさせるのがよいか・・・という法解釈的な合理性の問題に帰着するわけです。

◎質問者からの返答

なるほど!ありがとうございます?。分かりやすかったです。


2 ● sami624
●31ポイント

http://www.izai.net/kouritu.html

私法とは、個人の権利・義務など私人間の生活上の法律関係を規律する法の総称。民法や商法などがこれに当たる。一方、公法とは、公的な関係を規律する法の総称。権力関係や公益に関する法のことで、憲法・行政法・刑法・訴訟法・国際法などを指す。

→相手如何に関わらず、民法・商法を適用すべき債権については私法債権となる。相手が国でも用地売買であれば土地収用法ではなく民法。

http://www2.ttcn.ne.jp/~kanrishi-g/min/hanrei/h0167.html

→憲法・行政法・刑法・訴訟法・国際法に基づく債権は公法債権となります。

◎質問者からの返答

やはり適用される方によりけりのようですね。ありがとうございました!


3 ● aiaina
●27ポイント

http://www2.kobe-u.ac.jp/~sensui/H9-2_10-6/98.april/980417/s...

こちら参考になりそうです^?^

◎質問者からの返答

同じく適用が詳しく書いていますね?。ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ