人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

いまお茶を飲みながらふと疑問が・・。たしか、子どもの時、「宵越しのお茶は飲むな」と祖母に言われたように思うのですが、最近のお茶飲料はすごく持ちますよね。でも防腐剤とか入ってないし・・。なぜなんでしょうか??

●質問者: aoi_ringo
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:お茶 子ども 飲料
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● Reformer
●25ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1075725849

過去の質問にほぼ同じのがありました。

酸化防止剤(ビタミンC)が入っているそうです。

◎質問者からの返答

過去の質問をチェックするのを忘れるほど疑問でした。と、いうことは、祖母が言ってたことは正しいのでしょうか。何か科学的根拠があるのでしょうか。以前の回答をすべて読めていないですが、あとでじっくり読みます。このことだけあと疑問です。それにしても、同じ事思う人いるんですね。安心安心。

いかにあわててるか・・、カテゴリーがコンピュータというところからも読めますね(笑)。


2 ● jyouseki
●45ポイント

http://ocha-yamashiro.com/mametisiki07.html

>お茶の葉はとても養分の多い植物。そう、雑菌やカビが好む条件なのです。

http://www.itoen.co.jp/tea/ts/10.html

>一晩そのままおいておくと品質が変化してしまうほどデリケートな緑茶

http://www2.plala.or.jp/kamkamkam/gimon/no24/ocha.htm

>缶やペットボトルは封をあけてから2日から3日は大丈夫なんだそうです。

これは酸化防止剤が入っているからです。

緑茶にはもともとビタミンCが入っているのに更にビタミンCを添加するのは変質防止のためです。

◎質問者からの返答

なるほど。亡くなった祖母は経験的にか言い伝え的に雑菌やカビのことを知っていたのですね。納得しました。これで質問を終了します。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ