人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

セブンイレブンの1日の売上は、ダントツですが、実際は違うという話を聞きました。本当でしょうか? 公共料金等の支払いは通常売上にはいれないけど、それらを入れているから多いという話でした。正確でない情報の可能性があるので、確認です。

●質問者: isogaya
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:いるか セブンイレブン ダントツ 公共料金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● TOURCONTAKUTER
●23ポイント

http://www.d1.dion.ne.jp/~syunsyun/CVS.html

1店あたりの売り上げは、総売上高/店舗数で算出可能です。

公共料金などは「代行出納」なので、売り上げには含みません。(利益率が低下しますし、売り上げに対する本部チャージが発生します)手数料分は売り上げ計上しています。


2 ● aiaina
●23ポイント

>セブンイレブンの1日の売上は、ダントツですが

何と比べてのダントツという意味でしょうか?http://q.hatena.ne.jp/answer


3 ● sami624
●22ポイント

http://kobayashi.clever.mepage.jp/dist/conven.htm

http://www.sej.co.jp/investor/irtool/co2005/pdf/co05_03j.pdf

公共料金を売上に計上しているという記載はないです。残念ながら。ただし、公共料金等を売上に計上した場合、売上高利益率が低下し、結果として財務内容が悪くなるので、一般的にはしないですね。

◎質問者からの返答

なるほど、もう少し詳しい方の情報待ちます。


4 ● komap2
●22ポイント

業界1位セブンイレブン

http://www.sej.co.jp/company/suii.html

平成17年度 店舗数11,310店舗

平成17年度 売り上げ24,987億円


業界2位ローソン

店舗数8,366店舗

売り上げ13,600億円


業界3位ファミリーマート

店舗数6739店舗

売り上げ10317億円




公共料金の売り上げを入れていることはありません。

ですが、この公共料金の支払いというは売り上げに大きく影響してきます。


公共料金の支払いサービスというのは、支払いをしようと思いコンビニに行った時、ついでに何か買ってしまうという消費者心理を利用した商売戦術です。

公共料金の手数料だけではそれほどたいした額にはなりませんが、この「ついで」の金額はもの凄い額になってきます。


そして、今やインターネット通信販売の爆発的な普及により、コンビニ払いの需要はもの凄いものとなっています。




例えば、インターネットで店を出店したとして、コンビニ払いの手続きをどれか一つ選ぶとしたら、ほとんどの人はセブンイレブンを選ぶでしょう。

単純に店舗数が多い=全国どこでも支払いがしやすいからです。


ちょっと前まではファミリーマートが業界2位でしたが、ローソンが急激に成長して入れ替わったのにも、このあたりの背景があると思います。


ファミリーマートは地域によって店舗数にかなりばらつきがあり、青森県など1店舗しかありません。

これでは全国を相手にするインターネット店舗にとっては困ります。

http://www.family.co.jp/company/familymart/store.html

それに比べてローソンはまんべんなく、全都道府県にうまく配置しています。

http://www.lawson.co.jp/company/corporate/sales.html




これが、最も大きな理由です。

それがちょっとずつズレて伝わって、「公共料金の支払いを売り上げに入れてる」というような話になったのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

やはり確定情報ではないみたいですね。

あるコンビニの店長さんに聞いた話なんです。

コンビニの経営者の方がいらっしゃいましたら、ぜひ回答お願いします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ