人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

アメリカ永住権(グリーンカード)にはどのような取得方法があるのでしょうか。

また取得のメリット・デメリットについても興味があります。

条件や費用など詳しい方ご教授願います。

●質問者: H24
●カテゴリ:ビジネス・経営 旅行・地域情報
✍キーワード:アメリカ グリーンカード デメリット メリット 教授
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● kurukuru-neko
●17ポイント

JTBがやっているものがあります。

基本的に抽選です。

http://www.jtb.co.jp/greencard/index.html

費用

http://www.jtb.co.jp/greencard/dv4.html

◎質問者からの返答

抽選に応募する場合の費用が気になるのですが、、、無料ですか??


2 ● HONMA9691
●17ポイント

http://www.waterpyramid.com/zampas/eijuken.htm

アメリカ永住権を取得する5つの方法


3 ● daiyokozuna
●16ポイント

http://www.immigrantvisa.jp/

現行の移民法による永住権を取得する方法は大別すると以下の5つがあります。

1. 直近親族である家族スポンサーによる

2. 自己の才能および能力による

3. 米国の雇用先(スポンサー)のサポートによる

4. 移民分散化プログラム(抽選永住権プログラム)による

5. 米国に投資を行うことによる

◎質問者からの返答

たとえば、永住権のない日本人男性が仕事などでアメリカにわたり、期間を経て、永住権を取得したのちに、

永住権のない日本人女性と結婚した場合、二人とも永住権を得ることができる、ということでしょうか??

あるいは、日本人男性が永住権取得の後に5年経過してさらに市民権を取得していた場合のみ、配偶者にも永住権が与えられるのでしょうか?


4 ● pikupiku
●16ポイント

http://get-greencard.biz/procedure/index.html

グリーンカード(アメリカ抽選永住権)の申し込みから取得まで

http://www.kaigai-seikatsu.com/qa.htmlアメリカ永住権 Q&A


5 ● maxthedog
●16ポイント

ここはズバリ1次情報に当たってください。どこよりも正確です。

http://www.uscis.gov/graphics/services/imm_visas.htm

米国民の家族として、雇用や専門をベースとして、米国への投資をベースとして

http://www.uscis.gov/graphics/services/oth_visas.htm

その他の方法(養子、亡命、国ごとの特例、抽選その他が含まれます)


いちばん楽なのは抽選で当選することです。質問者さんが独身ならば早い・安い・美味いのは米国民と結婚することです。(永住権保持者と結婚してもその相手に永住権は与えられません。)一般的な永住権の取得申請は仕事をベースとしたものですが、条件のクリア、労力、弁護士費用、時間全てが多く必要です。まずは大学での専攻が仕事の分野であることから始まって、仕事の専門分野での実績の証明、米国人が同じ仕事が出来ないことの証明などなど色々とやることがあります。州によっても違いますが申請してから全てが終わるまでに数年〜5年以上の時間がかかりますので、延長上限のある労働ビザなどで滞在している場合は永住権取得の前に国外退去になることもあります。弁護士費用は百万円から数百万円。その他雑費がかかります。(書類をそろえたり、新聞に求人広告を出したりなど。)弁護士を使わなくとも全部自分で申請することも出来ます。


メリットはアメリカで生活する時に、選挙権・被選挙権意外は米国民と同等な法の扱いになることですが、米国の在住ビザを取得すればその有効期間内は同等な感じです。転職先が滞在労働資格に対して全てケアするのでビザの問題がないとか、フリーランスでビザを取る能力がある人にとっては延長期限がないビザみたいな感覚です。(上記したように一般的な労働ビザには延長の上限がありますが。)しかし、ビザ=会社に縛られて転職出来ない人にはものすごく重要な権利なのだと思います。

デメリットは強いて挙げれば特定の国に旅行する時に面倒になることがあることでしょうか。これは、米国のビザを持っている時でも同じです。米国と仲が悪い国とかのことです。また、仕事などで海外に長期滞在することが制限されることがあることです。(下記の理由で。)


また、米国永住権はアメリカへの永住を保証するものではなく、犯罪を犯した場合や米国への永住の意志が無くなったと見なされた場合(米国外の滞在日数が多くなった場合)には剥奪されます。また、有事の際に徴兵に応じる義務があります。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ