人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

領土問題の地域に、どうして日本も先手を打って、建造物なり自国領土である形あるものでも作ろうとしないのでしょうか?
ロシア、韓国、中国は着々と進めていますよね?!
島自体に例え意味が無くても、その島があることで100海里?領海での漁業、資源が認められるとすると、日本にとっては大切な財産のはずではないでしょうか?


●質問者: takokuro
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:ロシア 中国 国領 地域 海里
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 41/41件

▽最新の回答へ

[1]実力行使は領土を失う結果になりかねない TomCat

領土問題は、ちゃんとそれを解決するためのシステムがあるわけですから、日本は「お互いきちんと提訴して決着付けましょうよ」と言い続けている方が得なんです。双方が実力行使に出れば武力衝突。そうなれば、せっかくの領土をマジに失うことになりかねません。


[2]尖閣諸島は itarumurayama

日本の右翼有志が灯台を建設しようとしていた、と聴いたことがありますが。

西村真悟、石原慎太郎辺りが暗躍していたと思う。


[3]お気持ちはわかりますが、同じ手は無理でしょう goldwell

ロシア(ソ連)・中国は、お国柄的に例えどんな非難を浴びようが、占拠している事実を築くことによって、自国領土とする手法を長年とっています。

抗議されても、のらりくらりとかわして、まともに相手にしません。

韓国も、そのあたりは師匠である中国の真似をしていると思えます。


それに対して、民主主義国家としては同じ手を今更とるわけにはいかないでしょう。

日本が同じことをしたら中・ロだけでなく、もっと多くの国々からの非難を浴びますが、それに耐えられるほどの厚顔無恥さを保てるでしょうか。


[4]>1 理想と現実のギャップ takodam

http://toron.pepper.jp/jp/take/law/houki.html

国際法に基づいて解決された領土問題は多々あります。

実効支配をせずとも、基本的には当該国家間、もしくは第三者機関での話し合いで結論が出るシステムは用意されています。

ただし、わが国が領土問題を抱えている相手国に問題があるわけです。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=1315597

話し合いにこだわるあまりに、いつの間にか諸外国には日本の領土と認められなくなっていくという矛盾も生じています。

理想だけではうまくいかないのが外交の難しいところですよね。

次の首相には、国益をよく考え、100年、200年後の我々の子孫が幸せに生活できる環境を整えてもらいたいものです。


[5]違憲行為だから、いけん fuk00346jp

杭を打ち込み建造物を建造するのと爆薬(爆弾)をしかけ穴を掘る(発破)のは同義です。

上に作るか下に掘るかの違いで武力と同一視出来ます。

第9条 違反になります。


[6]シンボリックなものにこだわるよりも、 hkwgch

海上保安庁の警備をきっちりと行えるようにすることの方がはるかに重要です。


[7]>4 相手国に問題がある以上、相手国の領有権は棚上げです TomCat

でも軍事衝突になってしまったら、国際社会の介入で手打ちということにされてしまうわけですよ。それが最も国益を損なうということです。国益という言葉だけが先走りして日本が損をしてしまわないように、上手に政治をコントロールしていける知恵が、私たち国民には必要です。


[8]沖の鳥島には nishik

http://www.kikanbu.com/album/okitori/okitori.php

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%96%E3%81%AE%E9%B3%A5%E5%...

東京都&日本国が300億円をかけて保護・造成をしています。

それでも中国が「岩だ」とか言っているので

発電所を建設して産業拠点にする計画です。

がんばってますよ。日本。


[9]>2 日本国の灯台があります。 nishik

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%...

http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/books/report2005/topics/p00...

--

尖閣諸島にはこれまでに、指定暴力団住吉会系右翼団体・日本青年社が1978年に魚釣島に灯台を建設以来、その灯台の保守管理をしてきた。2005年2月、日本政府より「魚釣島灯台を正式に海図に記載し、今後は国が灯台の管理をしていきたい」との申し出がなされ、魚釣島灯台は国に移譲された。また、あまり知られていないことだが魚釣島には尖閣神社が建立されている。また、尖閣諸島防衛協会により、日の丸国旗のプレートが設置された。尚、北小島にも灯台がある。

--


[10]島の領土問題の場合、重要なのは海洋権益 nishik

な島をどの国が不法占拠していようが、島そのものの経済価値はゼロです。

肝心なのは、領海12海里、EEZ200海里における権益です。

島自体を軍事基地にできる余地があれば別ですが、そうでなければ

制海権を握り、領海/EEZで文句を言わせない防衛力を持つことが、地政学上は重要なわけです。

既に海上自衛隊の制海能力は東アジア随一なんですが

コントロールしてる文民の能力が。。。


[11]>10 米軍からもたらされる、中国潜水艦情報は。。?? takokuro

専門家の視点をお持ちに思えますが、、質問があります。。

アメリカは日本国民に中国や近隣諸国からの脅威を伝えますが、これは日本が近隣諸国と

協調し、アメリカ世界独裁権力に対抗する勢力へ発展する危険性を予防する策とは考えられませんか?


[12]>11 そうかもしれません。 nishik

そういう考えも含まれていると思います。

地政学上は日本はアメリカの属国と言ってもよいかと思いますので

属国が変な気を起こさないように牽制するのも、アメリカ的には

大事なことなんじゃないでしょうか。


[13]>12 日本国視点で、アメリカ属国状態は経済も社会もたえず、先方の都合で大きく振り回され、たっまたものじゃないのですが。。 takokuro

どのような打開策が考えられますでしょうか?

ごめんなさい! 本当にここ十年、お聞きしたかったことなのです。。


[14]>9 尖閣諸島とは、ニュースでかつてはよく耳にしていましたが、、そうだったのですか! takokuro

暴力団の人も、対韓国、中国、ロシアという狭い(ご近所の)視点で、敵対意識を

持つことからの行動ではなく、、出来れば、世界での日本の向上という目的で行動

していただくと随分、違ってくると思うのですが。。

二元論で割り切る論法で相手を打ち負かすアメリカ式ディベート術では、

【右】nor【左】で、真ん中の王道が無いのを思います。。

左でなければ、【右】右翼⇒暴力団 という発想で議論されてることが多いですよね。。?!


[15]>8 がんばれ!日本 takokuro

環境も注意してね!!


[16]>1 アメリカにより、国連のルールや決定が無視される風潮・・ takokuro

とても啓蒙して下さるTomCatさんに今回は異論?文句?愚痴?を一言・・【領土問題は、ちゃんとそれを解決するためのシステムがある・・】

国連そのものの見直し、組織の建て直しが必要では??

●安保(“安全保障”理事国が武器の専売特許を持ってるという矛盾。。)

これを正さないから、その親分であるアメリカの言い分を呑まざるを得ない。。

アメリカには、$、石油、世界各国要所にある基地国(イスラエル、日本)で、独裁状態を許してると思いますが、

あまりの横暴さには、全世界アメリカの物は買わない運動や、アメリカの金融機関には

貯金しない、投資しない、持ってる$は【たんす預金】してアメリカが横暴なことをした

ときに、カードとして使うなど。。


[17]>6 警備とは軍備につながり、即、戦争へと移行する可能性が高いものです。。 takokuro

やはり、戦争の前に官民ともの外交努力と、その蓄積による信頼感が安定した世界情勢を

作るのではないでしょうか??


[18]>5 しかし、相手国が同様の違憲行為をしたときに、容認し続け、最後に爆発して威嚇や戦争に至るよりは。。 takokuro

先手を打って、ここは日本の領土という痕跡をのこすことは詰め将棋の基本ではないでしょうか?

いきなり、将棋版をひっくり返す(開戦)のを避ける為に、

自分の番はきちっと!手を打つことも大切な外交戦術では。。??


[19]>3 アメリカのイスラエル国家樹立戦略が良し悪し別に、サンプルではないでしょうか? takokuro

敗戦が決まりきってる疲弊しきった日本に原爆を二発も落とす理由は、日本をソ連と

二分割したくは無かった。全部丸ごと!アメリカのの物にしたかったからという国家戦略です。

【民主主義】を黄門様の印籠、錦の御旗にすることは出来ません。

ヒトラーもムッソリーニも民主主義にそって独裁ナショナリズムで戦争はじめました。

今、この時代大切なのは、、、一般庶民が思い込んでる民主主義の【平等】【公平】さが

同じく、情報・メディア・コントロール(流すことも抑制することも、アクセスを牛耳ることも)

で民主主義権利の所在の国民を動かせると言うことです。。

アメを撒くだけでなく。。


[20]>18 それが違憲だって fuk00346jp

先手を打って、ここは日本の領土という痕跡をのこすこと

陣地構築したいわけですね?

はっきり書くと強襲揚陸になるんで違憲行為ですと書いたはずですが・・・

いきなり、将棋版をひっくり返す

将棋盤を出す事さえ禁止しています。将棋はいわゆる陣取り合戦ですから。(碁の方が分かり易いですが。)

自分の番はきちっと!手を打つことも大切な外交戦術では。。??

現日本国憲法では認められていません。


[21]>13 これが正しいとは思っていません、が。 nishik

私個人として、これが正しい策だとは思っていないことを前置きしたうえで

言わせていただければ、

■極秘裏に核武装を進め、突如核保持を宣言する(具体的には下記どちらか)

・原潜+潜水艦発射核弾頭

・中距離弾道弾以上の射程をもつ、核弾頭ミサイルの配備

です。

仮に日本を核攻撃した場合に、確実に反撃を受け全滅する、と相手方が

確信すれば、お互いが破滅するまえに「落としどころ」を見つけるわけです。

一度核武装してしまえば、他国が武装解除をする方法は

基本的にはありません。だから北朝鮮もイランも核武装にこだわるわけです。

確か歴史上、核廃棄したのは南アフリカだけだったと思います。

(近くに脅威となる国もないし)

個人的には、ナサケナイ文民統制の日本でも、周辺諸国が恐れるのは、

アメリカの「核の傘」にいるとか、経済力があるというだけでなく、

・ロケット(H2型とか)持ってて、やろうと思えばミサイルをすぐ作れる

・原発は山ほどあり、プルトニウムもあるので、やろうと思えば核弾頭も造れる

ということで、潜在的核の脅威を感じているからだと思います。

どっちにしろ核武装はえらいコストとリスクがかかるので、戦後ずっと

そっちはアメリカに任せて、経済発展に注力した日本の立ち位置は

(地政学的に属国だったとしても)正解だったと思います。

アメリカ的視点で言えば

「誰のせいでここまで発展したんだ。少しは言うこと聞いて

これまでの恩返しをしろ」

といいたいような気もします。


[22]>21 分かりやすく、ありがとうございます! takokuro

『アメリカ的視点で言えば「誰のせいでここまで発展・・恩返しをしろ」』

公表されてる『思いやり予算』だけでも12兆円以上米軍に使ってきています。

その他、外務省や自衛隊費用のうちから公表されてない金額から、相当額しはらってるのではないでしょうか??

湾岸戦争時には公然と財政支援していますでしょ?

アメリカは戦争をするたびに、日本へ財政、経済、金融内政 干渉を執拗にしてきたのを偶然とは思いません。

財政、貿易での支援を執拗に、求めてきたこれまでの経緯を振り返ります。

その上で、帝国主義世界戦略での『安保』とは、その国を征服し、独立を世界で認められて撤退した後も、

自分たちの支配、内政干渉含め、拠点を置き続けるために使われる条約ではないでしょうか?

有り難がらせるのは、日本文化に対する戦略に思います。。

吉田茂首相は、早いうちに米軍に出て行ってもらいたい、、との意志を度々言ったようです。

『安保』を有り難いものとして刷り込まれたのは、“新”安保の改定と継続をする時で、、

これは『新』であっても、日本側には旨味の無い、負担が増えた条約ではないでしょうか??

質問攻めで、申し訳ありません。。(謝)


[23]>20 自分以外をルールで縛るアメリカ帝国主義。。 takokuro

『将棋盤を出す事さえ禁止しています』

将棋版を自分から出す必要はなくとも、相手が出して先手を打ち、その勝負を

一方的に進められると、最後は占領されてしまいますよね!?

占領されてからは、

?悔しいヤジを飛ばすことで諦めるか

?戦争などケンカになるかですよね??!

そこまで、放っておくことが外交戦略なしではないか?

建前論で美しいのですが、最後にはケンカか前面諦めのどちらかになってしまうのではありませんか??!

イスラエル建国プロセス、中東戦争、、京都議定書の取り決めを承諾しなかった

アメリカを見ていれば、その姿勢は手をこまねいてることにはならないでしょうか??!。。


[24]>17 どうでもいいけど、話題を発散させ過ぎです hkwgch

一応一通り呼んだのですが、例えば建造物なりを作るのが相手国に向けてなのか全世界会に向けてなのか、どっちを想定してるのかがそれぞれの発言でまちまちだったりで、何を目指して議論を進めているのが解りません。

ということで、発散しない方向のみで話を進めると。

> 警備とは軍備につながり、即、戦争へと移行する可能性が高いものです。

建造物より巡視艇などの方が戦争に近づくとお考えのようですが、靖国神社や竹島の日など、反発が強いのは実効力に対してよりシンボリックなものの方なのでは?

韓国が竹島に施設を作っていることの効果は、日本がその有無にかかわら領土問題を主張し続ければいいだけで、同様に日本が尖閣諸島に何か作ったからといって、何か効果があるとは思えません。

単に、世界中に領土問題が存在することを宣伝するだけのような気がします。

さらに、建造物が一番影響力があることといえば、国外向けよりも、むしろ日本人をよりナショナリズムに目覚めさせて、国民の心をコントロールしやすくすることでしょうね。

その成れの果ての日本は、ここ数年ニュース映像で見られた隣の国々で起きた騒動のようなものでしょうけど、日本もあんな国になった方がいいのでしょうか?


[25]>23 日本国憲法はアメリカ合衆国には通用しません fuk00346jp

一方的に進められると、最後は占領されてしまいますよね!?

それがアメリカの戦略ですから・・・

経済制裁→戦争

・日本でもやりたいのでしたら今上天皇に「大日本帝国憲法」により「日本国憲法を停止する」との勅令出させればヨロシ


[26]>25 経済制裁されるがままである原因はいくつかありますが、fuk00346jpさんはどうお考えになりますか? takokuro

しかし、短絡に『相手が出した将棋板に一手を打つことが、彼の国の経済制裁を誘い、戦争になる』がままで

許さないのが、政治家の政治家たる能力の競い合いでは。。?!?

つまり、経済制裁を逃げる為だけに彼の国の横暴に追従する能力しかないような人物を日本国のトップに据えては、

日本国だけでなく世界中の真の平和、平等を求める民主主義に反旗を翻すサイクルに悪循環していく

こととなるのではないでしょうか?!?

今、自分の立場が可愛いだけの判断で、日本という国の将来が、アメリカ国内以上の格差の固定、不平等、

不毛な人間関係、信頼関係の無さゆえに国民生活でさえ、防備を強くし、隣人との足のすくいあい、、

競争理論によるエスカレートした衝突、、こういう社会が日本の社会として認めることが出来るのでしょうか?


[27]>24 警備と建造物の意義の違い。。 takokuro

警備で独立国の権限を侵害されたと明確にされると、今回の北鮮ミサイル時でもありましたように、

額賀国防大臣や安倍官房長官らが先制攻撃論を持ち出し、いきなり軍備増強への動きに直結します。

が、建造物を建てるときには、

?その規模にもバリエ?ションがあり、フレキシビリティが相手国との衝突度を加減でき、それにより、外交努力のきっかけを明確にできます。

相手国と同じ土俵に立つことができ、又相手に同じ土俵に立たせることになるのではないでしょうか?

?また、政治家同士の閉鎖的な話し合いで経済や軍事決着でなく、相手国の国民、日本国民にも目に見える形で、ウヤムヤにされずに、話し合いが進むにつれ相互国民同志の理解も進む、、そういう利点が期待できます。


[28]>24 もちろん、警備を不要と言うのではなく、警備は裏方で、前面には相互国民にも見える形での理解と決着が優先されるのでは。。 takokuro

念のため。。

私は、米国からの世界情報(軍事にしろ経済にしろ)を丸まま飲み込んだ上での

現在の日本世界戦略、即軍備増強!即経済支援!というへっぴり腰外交が属国

体質そのものに感じ、軍備増強の前に、世界情報を日本国自身で収集、精査、構築されてこそ、

その精度、速度、普遍性が世界をリードしていく外交を支えるのを思います。

松岡外相が、せっかく!駐米大使らが築いた和平交渉案を踏みにじり、自分の結んできた

ファシズム三国同盟を押し通すことで、開戦したことからでも見えるように、

自国の武力、国力を知ることは外国のそれらを知ることです。プロの目の冷静さは、

熱いとされた陸軍でさえ!日本の非力、敗戦は予想していた。松岡外相は、

情報の判断においてド素人だからこそ、客観性に欠けたし、熱情に動かされたのを思います。。

又、危険なのは人間とは本来共鳴しやすいということ。。国の重要な立場の指導者が

一人熱を発すると、それは連動して大きなうねりとなり、津波のように抑制が利かなくなる

。。危険性をいつも自制しているのが正常な状態に思います。。


[29]軍国主義・植民地支配 solipsist

私はもし、日本政府が建造物なり自国領土である形あるものを作ったら、韓国とか中国とか国内のサヨクがすぐに軍国主義や植民地支配に結びつけるからそう簡単に出来ないと思うのですがいかがでしょうか。


[30]>29 2006-08-09 19:32:01 【警備と建造物の意義の違い。】をご参照頂き、出来れば再度、それに対するご意見を賜れば幸いです。 takokuro

【警備】は裏方で充実させ、建造物や分かりやすいテーマで両国の国民同志の理解と話し合いが大切に思うのです。

金品、経済、軍事解決による政治決着では、国民世論同士の勘違い、【誤解】はずっと続くわけです。

そこの根本解決が両国間で一番必要ではないでしょうか?

単に、映画や文化交流というのでは、問題から目をそらしたり、反対に歪に自己否定、

自虐史観を持つことになることを懸念します。。


[31]>25 国際法の形骸化。。 EUユーロ出来てから、アジア、モンゴルに力点。。 takokuro

イスラエルとレバノンの戦争でもアメリカの一方的な横暴さは、止められませんでしょ?


[32]日本国憲法 shougojpn

日本国憲法の改正は国民全員の投票が必要です。

まず無理でしょうね^


[33]>26 認めないと言うのなら・・・あなたが首相ならどうしますか?逆に質問しますよ。 fuk00346jp

それと

飢え死にするか、戦争するか、追従するか この三択です。

正に今この選択を迫られている北朝鮮を見てどう思うかです。中露及び韓国の枷が無かったらアメリカはまず間違いなく戦争吹っかけてますよ。

イラク戦争と同じくね


[34]>31 イスラエル vs ヒズボラ fuk00346jp

イスラエルとレバノンの戦争

対レバノン戦ではありませんよ。

現在イスラエルが求めているのはヒズボラ勢力圏へのレバノン国軍の展開です。

asahi.com:レバノン、南部に国軍展開の用意 ...

イスラエル側は自国内でロケット弾を迎撃した場合下への被害が大きいですので侵攻して叩くのが妥当との判断でしょう。おまけでレバノン国軍への戦闘ではありませんし。


[35]>33 三択しか見えないことが指導者たる視野の広さ、何とか困難の状況から国を抜け出す展望をもてないことです。 takokuro

【第二次世界大戦(正確には対米戦争)の時の選択・・・

飢え死にするか、戦争するか、追従するか この三択です】

?まず、戦略戦争の原因は、食料よりも、近代化にどうしても必要な【石油】が日本の決定的な課題だったのです。

食料自体は、国内で日本人の力で何とかなる課題でも、石油、資源だけはどうにもならない。当時、世界一、二の産油国はアメリカ、ソ連。

?その石油を分けてもらえないが故の開戦理由です。

? ?の問題解決方法としては、

?)開戦

?)外交努力

の二方向があるのに、?)しかないと思うのは、

a)?)の器が小さく、利害対立国と共感、共生関係を結べない。

b)外交技術が未熟。

c)周辺国との外交努力 石油は米ソだけにしかないのではなく、お隣の国、中国にも当時の技術レベルでは十二分に量があった。ただ、掘削する技術を米ロに教えてもらわなくてはならなかった、と言う点です。この点は、交渉、つまり外交レベルの問題で、戦争レベルには結びつくことではありません。

ただ、当時の英米帝国主義植民地政策も目的は、ナショナリズムが未熟な国家として一致団結力が弱い地域を将来の世界資源・経済・軍事支配のための基地として、陣取りをするのが目的にありましたので、アメリカに真っ向から頼っても無理だったでしょうが、ソ連に技術提携してもらって、油田開発する方向に向かうと、アメリカも折れてきたのではないでしょうか?

ま。政経全く”不勉強、世界史に至っては、高校時代の授業もカタカナと難しい漢字と数値を覚えるものに思え、日本史授業に対する興味とえらい違いに、担当先生も困られてたぐらいですから、、シロウト発想です。

征韓論一色になったナショナリズムが、視点・展望の狭さとして問題だったのを思います。

国の高揚としては良くても、その方向性が、幕末に始まった松蔭の征韓論を前提にしたナショナリズムしか生まれなかったという展望の貧困さが根底すると思います。

そして、前回の質問に対してのお答えの代わりに、この質問をされたのですが、そういう、不毛な【議論テクニック】だけで今の政治家が政策を通してることに政策を真剣に議論すべき政治家としての恥を感じない恥知らず政治が、今の社会を悪循環へ引きずる込んでるのではないでしょうか?

企業間の利害交渉で使われるテクニックなら兎も角も。。

国家のあり方を決める最重要課題では決してしてはならぬ不毛、つまり税金の無駄遣いです。


[36]>33 それと、この質問のもう一つの矛盾点、(単に議論テクニックだけと言う)不毛さがあります。 takokuro

私は殊勝でない為に、情報を収集できない上で、情報から構築されるべき政策を提案することをfuk00346jpさんは要求してるということをご自覚いただけますでしょうか?


[37]>32 改憲は国民全員の投票がひつようなのですか? (ごめんなさい。本当に政経の授業はノートはとってても、心ここにあらず。。 takokuro

まず、改憲か憲法護持かでしょうが、、このことがしめす違いがどう影響するのか、それも今のところ分かりません。。

ごめんなさい、暖簾に腕押しで。。


[38]>34 第三者として、戦禍の度合いの前に、レバノン戦争が起こった理由を考えるべきではないでしょうか? takokuro

? どうしてこの戦争が起こり、又、ここまでひどい状況になるまで、両者それぞれ、攻撃を止めないのか?

その大きな要因に、

a)アメリカの中東での基地として、それまで何百年、住み続けてきたイスラム教徒らの国を奪い、イスラエル建国したことは、【殖民地】以上にの帝国覇権の最たる暴力ではないでしょうか?

b)アメリカがイスラエルに経済・軍事・国連安保理での決定とで、力強く援助し続けて、弱小国を壊滅させるまで、アメリカの基地、イスラエル国の確立させているからでは??

【(ヒズボラによる)イスラエルへの無差別ロケット弾攻撃をどう考えていらっしゃいますか】の問題は、上記問題からのテーマでその不毛さを考えるべきです。

アメリカの無差別攻撃は、B29による東京市民対象大空襲も3ヶ月前から計画されていた攻撃です。

アメリカの帝国主義覇権のためには、対象国の国民が死ぬことも、又、何百年、何千年、民族が生活した国の歴史さえ、自国の利益増大の為に、簡単に破壊しても良いという発想があるのではないでしょうか?

それは、米国の建国そのものが、まず、人が住み続け、信頼関係が出来、ルールを作り、法律として文書化したのではなく、サンフラワーで新大陸上陸前、船内でまずサンフラワー法を作ったことに始まる、、非常に人為性の高い建国理念があるのではないでしょうか?

そこにあるのは、庶民の生活の営みや命が、利息増大する大資本の既得権者(財閥)の果てしない欲求の犠牲にされても仕方がない、、という前提に立ってるのを感じます。。

【イスラエル側は自国内でロケット弾を迎撃した場合下への被害が大きいですので侵攻して】

国際法上、【侵攻】は【侵略戦争】です。

その時点で【防衛戦争】という範疇を逸脱しているのです。

このように、戦争では【防衛】論を拡大し、侵略戦争へと行くということです。

戦争をするからには、相手を殺す代わりに、自分も死ぬ覚悟が必要です。

絶対、阻止しないといけない【戦争】ですが、自分が死なないように相手を殺すというのは、アンフェアであると国際法が判断してのことに思います。

【アメリカは・・・レバノン南部への陸上部隊展開を考えているかと。 】

これがアメリカの目的です。

ヒズボラもそれを阻止しようと、世界外相会議で首相が、『(公平な停戦案、領土判断」をアメリカ、イスラエルに同意することに)我々にどうか力を貸して下さい。それが我々の(千年生活してきた国を持つことを主張する)権利であるはずだし、(歴史上住み続けてきた国を主張する)義務でもあるはずだ。』と思わず涙したとのことです。。

fuk00346jpさんは、本当に、千年以上そこを国として生活してきた人々の歴史をアメリカの世界制覇の欲望の為に、踏みにじって、新たな国を建国し、元の住民を追放することが社会正義が成立しうるとお思いなのでしょうか?


[39]>19 このレスって誤爆ですか? goldwell

私の意見に対して、そういったレスされるのことがイマイチわからなくてレスしなかったのですが。


たぶん「民主主義」という言葉に反応したのかもしれませんが、私が言いたいことは、そういうことではなく、政治体制や状況が違うから、同じ手は使いにくいでしょうということです。


[40]>39 アメリカの飽き足りない、自分が世界制覇することが地球上の安定であるという前提での各地での侵略、、真に良しとされるのでしょうか? takokuro

【(中・ロが)占拠している事実を築くことによって、自国領土とする手法を長年とっています。】

しかし、それらの地域は領土問題にされて、歴史上、日本国のものであるか彼の国のものであるか、“所属が曖昧な島”です。

今のところ、日本の領土か彼の国の領土か“政治的に曖昧にしておく”解決もあるというのがこれまでの日本政府とかの国との間での根本姿勢と、昨日、中曽根氏がおっしゃておられました。

しかし、誤魔化してはいけないのは、こういうどの国からも曖昧な地理的、政治的、歴史的条件【島】ではなく、【国家】に対する侵略戦争を起こしてるアメリカ政府の帝国覇権植民地政策は、問題の大きさからレベルが違うのではないでしょうか?

EUでユーロが出来たことで、アメリカ$覇権がブロックされ、次、アジア共同体でも同じことで$が身勝手な戦争をする度に影響を受けなくても良いように新たな世界通貨を立ち上げようと中国が主導となり向かっています。

世界暫定通貨¥の日本も本来は、アジア共同体のリーダーとなるべきであったと思いますが、アジア諸国から米国のタイコ持ちとさして代わらぬ日本をリーダーとすることは、アジア共同体を作り上げる目的の一つ、米$資源経済覇権主義を受け入れることとなるから、避けているのではないでしょうか?!?

先だっての小泉氏のモンゴル訪問も、米国がこれらアジア共同体が確立されるのに対し、モンゴルに軍事共同演習という安保を結ぼういう方針の一環です。世論は小泉さんの卒業旅行と言ってますが、実態はアメリカの対モンゴル安保体制への後押しに行かれたわけだと言えます。


goldwellさんは、アメリカの飽き足りない、自分が世界制覇することが地球上の安定であるという前提での各地での侵略、、真に良しとされるのでしょうか?


[41]そういうことする自体が、自信がない証拠なのでは? doriaso

別に自国の領土という自信と確信があるのだから、何もしなくていいんで

しょう。

腹に据えかねたら、アメリカや国連に頼めばいいんだし。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ