人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

その会社でしか通用しない言葉を知りたいです。たしかデパートでは、トイレにいくことをなんとかと言ったような記憶があります。

●質問者: aoi_ringo
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:デパート トイレ 会社 記憶
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 39/39件

▽最新の回答へ

[1]デパートでトイレに行くことを komap2

私が働いてたとこでは「1分」と言ってました。


「ちょっと1分行ってきます」

など。


[2]階段の名前で akilanoikinuki

昔いた会社は、トイレをA階段、休憩をC階段、ごはんは5番と言っていました。トイレや休憩はその階段のところでやっていたのですが、ごはんはしゃれだと思います。

建物の位置が変わっても、そのいい方は続いていました。


[3]>1 一分で aoi_ringo

戻らないとだめなんでしょうか・・。


[4]>2 外の人には aoi_ringo

わかりませんよね。


[5]>3 なるべく早く帰って来ますという意味なので komap2

1分過ぎても全然大丈夫です。


しかし、そういった意識を持たせて自主的にトイレから早く戻るようにさせる心理作戦でもあるそうです。


[6]どろぼう・・? tailtale

舞台やコンサートの裏方さんの間では、

ほんの少し早めのタイミングで作業をすることを「盗む」と言います。

機械のスイッチと実際の反応のタイムラグとかを調整したりするために、

実際のタイミングの1~数秒前にスイッチを入れたりします。

「スモーク、その前の曲の最後から盗んで出しといて」とか、

「いまよりも音楽の二拍前で、盗んで照明いっちゃってください」とかそんなふうに使います。


[7]トイレの場合 水の場合 chatora0123

洋服屋でトイレは1番 倉庫は2番 と番号で呼んでました。

「1番入ります」というとトイレ行ってきますという意味

昼食や休憩・両替も番号です。

飲食店でミネラルウォーターを「ミネ」省略しただけだけどw

普通に通用するかと思って居酒屋で「ミネください」と言ったら「は?」と言われたから通用しないのだと思います。

これはちょっと違うかな??


[8]専門用語一覧 komap2

http://www.mag2.com/vow/osiete/ingo.htm

こちらにいろいろ載ってました。


元々こういう専門用語ってお客さんの前で言いにくい言葉を隠語として使うようにしてたはずなのに、どうでもいいことまで隠語にしてるケースが結構ありますね。

「休憩」とか別にそのまま言っても全然問題無いと思うんですが(笑


[9]某ファミレスでは、 yotaro

トイレを「2番」といいます。

掃除のチェック表みたいのがあって、2番チェックがトイレで3番チェックが外回りとか決まっていることから派生して、トイレに行くことも「ちょっと2番行ってきます」みたいに使います。


[10]都内でタクシーに乗っていたとき、 yotaro

無線で、「大きい荷物を持ったお客様」がどーしたこーした、というのが入ってきたので、運転手さんに「これはなんですか?」と聞いたところ、タクシー強盗発生を管内の運転手さんに隠語で知らせているとのことでした。確か「大きい荷物」が刃物だったような……。


[11]バイトしてた日本料理店では momo9011

トイレはなぜか「つきあたり行ってきます」でした。

・・・なぜ「つきあたり」なのかは謎です。


[12]病院では kazumori7

病院では

ステっちゃう → 死んでしまう。

アポっちゃう → 痴呆になってしまう。


[13]京都では kazumori7

ブブ茶漬け食べておくんなし → さっさと帰れ

この契約は検討します → やんねえから帰れ


[14]トイレを8番 nano327

デパートでバイトしていた頃、トイレへ用足しすることを8番と言っていました。

なぜ8番なのかはよく分からなかったです。

休憩は1番でした。


歯科医院勤務の頃は、自分たちで隠語を作って使っていました。

1番・・・トイレ

5番・・・昼食の注文(弁当屋の受付時間が11時だったので、診療中にうっかり忘れないように声掛けするために使っていました。

akilanoikinukiさんが使われていたのと同じで「ごはん」の駄洒落です)

泳がせる・・・過去に感染症歴のある患者に使った器具を消毒すること。

たらい桶に入れた消毒溶液に器具を漬けるのが、金魚すくいに似ていたので最初は「金魚すくい」でしたが、あまりにかけ離れているので「泳がせる」に変更。

マッサージ・・・過去に感染症歴のある患者が使ったユニット周りを消毒すること

消毒溶液を含ませた布でユニットを拭く様がマッサージに似ていたので。


「泳がせる」と「マッサージ」は、患者の前では使っていませんでした。

それまでは普通に「消毒して」だったのですが、その場に居なくても、受付で会計待ちしている患者に万が一でも聞こえたら気にするだろうと思い、使っていたのです。


[15]ある牛丼チェーンでは、 paoz

トイレのことを「ナンバーワン」と呼んでいました。

お店自体が食事の場ですので、主に従業員間の隠語として使っていました。

事例:


[16]>1 遠方 Kumappus

って言ってましたね>トイレ

あとご飯は「伊勢」

「ちょっと昼伊勢行ってきます」とか

冷静に考えるとお客さんに聞かれたらかなり不自然な気がするんですが…


[17]銀行では、 tfujiyama

硬貨の入った袋のことを「ドンゴロス」と言います。

また、一日の勘定が合ったときは「ゴメイ(ごめいさん)」と言います。


[18]>13 また来ますわ sougetsu

先斗町界隈で飲んでかえるときに、わたしとしては何の気もなしに、マスターに向かって

「じゃぁ、また来ますわ。」と言ったら、

「えーっ!そんなこと言わんといて下さいょっ!」と言われてしまいました。

後で、その店に連れて行ってくれた友人に聞いたら、

京都じゃ、「また来ます」=「もう二度と来ません」という意味だと教えられました。

じゃあ、本当にまた来たいと思ってるときは、どういえばいいのと聞いたら、

抽象的な「また」ではなく、「来週末また顔を出しますわ」とか具体的な「時期」を言わないと、

誤解されるよと教えてもらいました。

祇園の水商売独特のルールなのか、京都全般のお約束なのか、までは、京都育ちではないのでわかりませんが。。。


[19]>1 仁久、有久 takejin

トイレが仁久(じんきゅう)、食事が有久(ありきゅう)でした。

(25年前) なんのこっちゃですが。

デニーズでは、「電話」が食事の事を示していました。


[20]>19 デニーズは aoi_ringo

これから聞き耳たててみます。


[21]>16 伊勢は aoi_ringo

どういう語源なんでしょうか・・。


[22]>13 そうそう aoi_ringo

京都は厳しいですよね。新参者には分かりません・・。


[23]>17 ドンゴロス・・ aoi_ringo

絶対わかりせんね・・。


[24]>18 大阪に遊びに行く予定ですが・・ aoi_ringo

ちょっと不安に・・。


[25]>15 こういうのは aoi_ringo

誰が言い出したのでしょう・・


[26]>14 たしかに aoi_ringo

8番は聞いたことあります。「東京」とかありませんか?


[27]>12 ちょっと aoi_ringo

軽すぎるかなあ・・


[28]>11 外部には aoi_ringo

わかりませんね・・。


[29]>26 東京はありませんね。 nano327

そういえば、有名な話ですが、雨が降ると、「雨に歌えば」が流れたのも隠語みたいなものでしょうか。

雨具売り場の店員は傘を出入り口付近に運んで売りやすくし、品物を紙包み包装する店員には濡れない配慮をするよう促すために。



あ、あと、そういえば、万引きがあると、「●●町よりお越しの××さま・・・」のアナウンスがあったのも思い出しました。

(名前や町名は出すと問題がありそうなので差し控えました)


[30]>23 恐らく、昔「ドンゴロス」を使っていたから。 nano327

ドンゴロスとは、粗いざっくりした目で編まれた麻袋のことを言います。

昔、銀行や商店などで金を入れるのはドンゴロスでした。

今は目の詰まった布袋でしょうが、昔使っていた名残でドンゴロスと呼ばれているのだと思います。


[31]>27 sterbern sibazyun

「ステっちゃう」はおそらくドイツ語のsterben(シュテルベン=死ぬ、が語源でしょう。

ただそうだと、「アポっちゃう」はApoplexie(=卒中)のほうが近いのですが。

「クランケ」もそうですね。Kranke(=患者)。


[32]アポマル zumig2

ある国内最大手証券会社では、アポイントメントがキャンセルになることを「アポがマルになる」といいます。

伝票の数字がゼロ=マルとの連想で生まれた隠語のようです。

初めて聞いた時は「ああ、OKになったんだ」と喜んでしまい、上司に怒られました。

ときには略して「アポマル」なんて言ったり日報に書いたりもします。

なお、その会社だけなのか、証券業界全体の隠語なのかは未詳です。ごめんなさい。


[33]>13 京の不作法 ? 誤解と誇張と偏見 ? adlib

わたしは三十年以上、京都に生れそだち、数十件の家庭を訪問して、

数百件の店で遊びましたが、つぎの伝聞は、とても納得しかねます。

地方出身者の聞きかじりが、さらに誇張され、誤解を生むのでしょう。

>「また来ます=もう二度と来ません」<

まったく聞いたことのない珍説です。京都では、気に入らない店でも、

ほどよく辛抱づよく“きりのつくまで”中座しないのが上客です。

ただし、床屋で散髪を終えた客がドアに向うと、店員一同が叫びます。

「まぁ、お掛けやす=椅子に掛けて、くつろいでください」

無粋な客が真に受けて、もういちど坐りこむと、見向きもされません。

>「この契約は検討します=やんねえから帰れ」<

いささか意味不明ですが、つぎのやりとりが誤解されたのでしょう。

「考えときまっさ=お断りします」

真意は、売りこみに来たセールマンに向って、やんわり云うのです。

「いますぐ断ると、あんたも立場がない。帰って上司に伝えなさい」

鈍感なセールマンだと、翌日「考えてくれましたか?」と催促します。

ここで大阪商人なら「あほか、ボケ」と怒ってしまうでしょう。

京の商人は、あくまで親切です。「よう来やはった。茶でも呑むか?」

これを誤解すると「京の人は平気でウソをつく」と伝わるのです。

>ブブ茶漬け食べておくんなし<

そもそも、こんな京都弁(吉原の廓言葉そのまんま)は存在しません。

由緒ただしい“ブブづけ”の作法をまとめてみましょう。

予告なしに訪れる客は、ゆきとどいた家庭をまもる主婦の大敵です。

「まぁ、ようこそおいでやす」と愛想よく迎えるが、内心は迷惑。

とくに嫌われるのは、食事時を狙ってくる客です。

「ぼちぼち、帰りまっさ」と云うだけで、一向に腰を上げないのです。

ここで「さよか、ほんなら、またお越しやす」と云うようでは、後日

よその家で「あそこの嫁はんは、シブチンやで」と悪口を云われます。

あつかましい客が、何度目かに「ぼちぼち、帰りまっさ」と云ったら、

すかさず「まぁ、ブブづけでも、お上がりやすか?」とたずねるのです。

(ブブづけ=冷飯の湯漬け、中世までは標準的な食べ方)

そこで客が気づいて辞去すればよいものの、客にも段取りがあります。

「そんな、奥さん気ぃ使うてもらわんかて、いやもうすぐに帰りまっせ」

と虚々実々の応酬がつづきます。しかし一向にブブづけは出てこない。

京の主婦は、ケチだから食事を出さないのではありません。

いかに裕福でも、食生活には質素で、計画的に管理しているからです。

千年の都で、ほとんど食材を自給できなかった歴史の教訓なのです。

このようなやりとりは、京の文化を象徴しています。

近所づきあいの美風として、味噌や醤油、ときには米の貸借りをする

ような生活感覚は、すくなくとも京の中流家庭では禁物だったのです。

いずれ、Myブログ《帰らざる客 ? ぶぶ漬けおあがり ?》と題して

さらにくわしい実態を書きとめる予定です。(↓)関連ブログ

http://d.hatena.ne.jp/adlib/20050717 帰らざる乗客 ? 謎の往復切符 ?

(↓)類似質問(20060729)

http://q.hatena.ne.jp/1154158450

「お茶(ぶぶ)漬けでもどうですか」


[34]相撲の「金星」、「お米」など takodam

http://paradisecity.cool.ne.jp/sumoztugaku/yougo1.htm

それぞれ、「美人」、「お金」といった意味があります。

その他、歴史の重みか、色々な隠語があります。


[35]>33 とても勉強になりました。 aoi_ringo

これからも関心を

持ちたいと思います。

ありがとうございました。


[36]はてながつながらず・・ aoi_ringo

全部の方にコメントが差し上げられないかもしれないです。ごめんなさい。


[37]>32 なんとなく aoi_ringo

いい言葉に聞こえますね。


[38]>30 すっきり aoi_ringo

ありがとうございました。なんか

外国の人の名前に聞こえました。


[39]>29 そうそう、最後のは aoi_ringo

子どもの時不思議でした。

デパートに行くと

いつも同じような名前が

呼ばれていたものですから。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ