人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

個人で、手作りの器を扱う小規模なネットショップを運営しています。
アクセス件数が伸び悩んでいるため、
アクセス件数を増加するノウハウのアドバイスをお願いします。

また、現在のところyahooのサイト登録はしていません。
アクセス件数を伸ばすには、費用を払ってでもyahooにサイト登録するのが最も有効だと聞いたことがあるのですが、これについてはいかがでしょう?
やはりyahooにサイト登録するメリットは大きいのでしょうか?
おしえてください。



(注)
・ショップは今年5月1日オープンで、オープン時から現在までのカウンター数は約6,700(トップページに設置しているカウンターによる)。

・うち、現在までのオーダー数は18件。

・現在のとろこ、自サイトの非リンク数は2件のみ。



●質問者: mst-kt
●カテゴリ:ビジネス・経営 インターネット
✍キーワード:Yahoo アクセス アドバイス オープン カウンター
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● yuuku
●17ポイント

seo対策と呼ばれるグーグルなどの検索エンジンに上位にランクされるようにする工夫をすればアクセスが増えるといわれています。

被リンクを増やせば検索エンジンの評価も上がるので、無料の登録型のリンク集を検索して登録したり、無料のブログサービスを使ってスタッフのブログを作りリンクを貼るなどしてみてはいかがでしょうか。

自サイト内に扱っている手作りの器に関するこだわりや薀蓄を解り易く丁寧に書いたページを増やすのもいいかもしれません。

検索エンジンが拾ってくれるようになるでしょう。

検索ワード上位を目指すキーワードを決めて(たとえば 手作りの器 + こだわり など)グーグルなどで上位になれるようにサイト内でのリンクにつける言葉を工夫してみるなど。

まずはアクセス解析で サイトに訪れる方がどんなキーワードで検索してたどりついているのか把握してみると良いのではないでしょうか?

グーグルについて書きましたが、ヤフーでもほぼ同じと思われます。

もちろんヤフーにお金を払って登録すればアクセスは増えるはずです。

お役に立てば幸いです。


2 ● aaya3900
●17ポイント

ヤフー登録は確かに有効でしょう。

ヤフー検索エンジンはヤフーカテゴリに登録されているサイトを

上位表示しやすい傾向にあります。

ただその前に、被リンク2件、が少ないと思います。

相互リンクを沢山依頼していき、被リンクを増やすといいと思います。

これは無料でできることですし、効果も高いです。

アクセスカウンターだけしか使ってないのであれば、

どこからどんなキーワードで検索してきたのか?

など詳細がわかるようにアクセス解析を利用してみては?

アクセス解析はここがオススメです。

無料で、しかも使いやすいです。

複数のサイト管理も楽にできて便利です。

http://ax.xrea.com/


3 ● b-wind
●16ポイント

いくつかの商用サイトの運営を見たことがありますが、やはり広告は重要だと思います。

とはいえ Yahoo クラスのサイトからリンクされると場合によってはアクセスが多すぎて捌ききれない事もあります。

まずはもうすこし小規模で低料金なところから始めてはいかがでしょうか?

例として、Google アドワーズ広告などどうでしょう?

http://www.google.co.jp/intl/ja/ads/


4 ● nano327
●16ポイント

確かにヤフーに登録すると有効のような気がしますが、いかがなものでしょう。


検索する人が、質問者さんのサイト名を直接検索したり、サイトが最初の方にヒットするような検索ワードを入れなければ、いくら広告費を払っても、他のものに埋没してしまう可能性は否めません。


私も自分のネットショップのHPを運営しておりますが、金をかけておりません。

検索サイトや相互リンクの見込めるところへ徹底的にアプローチしてみてはいかがでしょうか。


質問者さんの扱われているものがハンドメイドの器とのことですので

http://www.quick-links.com/

http://zakkamatsuri.com/

http://artist.advance21.net/

http://handmade-craft.net/

http://www.fuchu.or.jp/~craft/


このようなところに登録します。

検索サイトに広告費を支払わなくても、こういったサイトに登録する事で、おのずと検索サイトでの検索順位がアップします。


そして、相互リンクしてもらえそうなショップも探し、リンクしてもらうのです。

ショップは、同じ商品は扱っていないけれど、合わせて使うとよさそうな、センスの近いところが良いです。

そうすれば、そのショップを気に入っているユーザーが流れてくることが期待できます。

ショップ間の交流がうまくはかれれば、コラボレーションなどの企画を提案して、ユーザーの購買欲をくすぐる事も出来ます。


5 ● fonya3
●16ポイント

現在はアフィリエイトが有効なのではないでしょうか。

http://www.affiliateportal.net/

http://www.valuecommerce.ne.jp/

http://www.trafficgate.net/

https://support.a8.net/ec/index.html

http://j-a-net.jp/


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ