人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

作曲家にとって大事ものは何でしょうか?
例えば、作曲家になるのに”試験”をしなければいけないとすれば、
どんな項目が必要になってきますか??

例)編曲力など


●質問者: okuy8121
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:作曲家 試験
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● jyouseki
●35ポイント

http://www.soundhouse.co.jp/shop/SearchList.asp?i_type=c&s_c...

今はコンピューターミュージックがあるので、演奏力はなくても作曲家にはなれます。

「シーケンスソフト」というパソコンで音を制御するソフトは使いこなせなければなりません。

http://www.music-eclub.com/lesson/midi/

ここに初心者向けの無料講座があります。


2 ● TomCat
●35ポイント

作品を素早く記録・固定できる能力(基本的には記譜能力)。

http://www.nicer.go.jp/guideline/old/s33e/chap2-5.htm

URLは昭和33年の小学校音楽の学習指導要領なんですが、

当時は創作指導の一環として、

「記譜能力」がかなり重視されていたんですね。

現在の学習指導要領では「必要に応じて指導」に

とどまっていますが、

これは創作作品の記録・固定が

他の方法によっても行えるようになった、

ということによるものだろうと思います。

ま、とにかく作曲家は、浮かんだメロディを

いち早く何かに記録しなければなりません。

これを怠っていると、新しいメロディは

次から次へと浮かんできますから、

どんどん流れて消えてしまったり、

変質してしまったりします。

ですから、できれば作曲家は高い記譜能力を持ち、

速記者の如きスピードで、浮かんでは流れていくメロディを

素早く書き取っていけることが望まれます。

実は、私も作曲が大好きなんですよ。

中学生の頃から作り続けています。

そんな私の財産が「メロディの断片の記録」なんです。

これが、きったないグチャグチャの音符で、

それも常に五線紙などあるわけではありませんから、

ゴミ箱から拾ってきた紙屑の裏にまで

とても平行線とは思えない手書きの5本の線の上に

書かれていたりするわけなんですが、

そんな紙片に書き留められたメロディの断片が、

創作のエネルギーが切れた時の宝物になるんです。

過去のメモを見返しているうちに

そこから新しい曲がどんどん育っていくんですよね。

そういう記譜能力。

これは作曲をやる者には、ぜひ欲しい能力です。

今はボイスレコーダーなどに気軽に吹き込めて

簡単にアイデアを記録していけるようになりましたが、

音楽を専門とする職業を選ぶなら、

実務能力としての記譜能力。

これは必須としておきたいと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ