人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

amazonジャパンの、書籍・DVDの売上高がどのくらいか教えてください。

●質問者: miyasawa
●カテゴリ:インターネット 書籍・音楽・映画
✍キーワード:Amazon DVD ジャパン 売上高 書籍
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● aiaina
●27ポイント

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0511/01/news083.html

公表していないそうです

アマゾンジャパンの売上高は公表していないが


2 ● brucknerian
●27ポイント

http://tenshoku.adecco.co.jp/notice/amazon_intervew.html

確かに公表はしていないようですが、こちらによると「Amazon.com全体の売上高は80億ドルを突破」とあり、

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0511/01/news083.html

こちらによると「世界売上高の1割を占めるAmazon.co.jp」とあることから、推定8億ドルはあるんじゃないでしょうか。

円だと800億くらい?


3 ● simply
●26ポイント

2005/10/28の記事ですが

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20089876...

この5年で、Amazonの商品売上の構成も変化した。2000年頃は中核ビジネスである書籍販売が中心で、電化製品や一般商品の売り上げは米国で20%を占めたものの、海外ではほとんどなかった。

しかし、現在はこれらの商品の売り上げが伸び、米国では30%、海外では22%を占めるに至ったという。……

ということで、これを素直に読めば、米国以外のamazonでは、売り上げの80%近くが書籍と考えることができそうです。ただし上記記事では、音楽CDやDVDのことは触れられておらず、CDやDVDが「電化製品や一般商品」に含められているのかどうかも判然としません。


同じ時期の別の記事

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/report/42/02.html

この成長のなかで、アマゾンの品揃えも変化してきた。当初はアマゾンの事業の中核であった書籍の売上が中心だったが、次第にCD・DVDが成長。現在では、「エレクトロニクス」分野の電化製品・一般製品の売上の伸びが目立つ。

2000年当時、「エレクトロニクス」分野の商品の売上は、アメリカ国内で全体の20%、国際市場では1%以内に過ぎなかったが、2005年第3四半期では、それぞれ30%、22%と増加している。

ということで、上のcnetの記事にあった「22%」とは、「エレクトロニクス」分野の商品(書籍、CD・DVD以外)、すなわち80%近くが書籍、CD・DVD、と考えられそうですが、目安にはなっても、正確にはわからないですね。


また、同じnikkeibpの記事に、「2005年第2四半期の営業ハイライト」として、

・エレクトロニクス製品およびその他雑貨部門のワールドワイドにおける売上高は、前年同期比40%増の4億5,600万ドルに達し、売上高全体に占める比率も、前年同期の23%から26%に上昇しています。

とありますが、この「エレクトロニクス製品およびその他雑貨部門」の数字はアメリカもそれ以外も含めたものですよね・・・。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ