人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

isbn:4004310261:detail
戦争で死ぬ、ということ/島本 慈子 著/岩波新書

先日この本を読みました。
先の戦争の記録を引きながら(著者による相当量の取材も含む)、常に「死」と隣り合わせである「戦争」という状態について様々な側面からよく整理されていて、短いながらなかなか読ませる本でした。
ですが、WEB上のレビューなどを検索してもあまりヒットしないのを少し残念に思っています。
そこで、この本を読んだ方の感想をここで募集いたします。本に対する共感・反論いろいろあるかと思いますがどっちも歓迎です。これから読もうとしている方でも結構です。沢山の回答をお待ちしています。
(ちなみに私は出版社や著者の回し者ではありません)

●質問者: bonne
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:ISBN: Web レビュー 共感 出版社
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

[1]レビューありました fonya3

私が読んだのではないのですがここにレビューがありました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?tag=hotdog06-22...


[2]>1 記憶が風化しないように booboo_002

読んでおきたいと思いました。

語り継ぐ人も少なくなってきつつあるのに、いまだに国際問題として取りざたされる事。

母の姉は従軍看護婦として、満州で戦没しています。母が幼児期に亡くなったためか、この頃は話題にのぼらなくなりました。


[3]>1 これは既読でしたが、、、 bonne

既読のレビューでしたが、自分の質問に書いておくのを忘れました。

これはこれで取っ掛りとしてありがたい回答です。

是非本を手にとってお読み頂いた後にまた回答下さい。2時間もかからずにすぐに読める本です。


[4]>2 このままでは数年のうちに bonne

風化してゆくでしょう。

私の両親は多感な時期に戦争を経験しています。私が子供の頃や大人になってもまだ両親と同居していた頃には、身近にいるものですから特にこの時期になると重い口を開いて戦争体験を語ってくれたものでした。あるいはテレビのニュースを見ながらのひとことふたことにそういうものが滲み出てきたものです。

まだ両親は健在ですが、私が家庭を持って別居している今では家の中でそういう会話が出ることもないわけで、風化の一途を辿っていると言わざるをえません。

そんな自分を奮い立たせるためにこんな質問をしたのかも知れません。


[5]“新”安保闘争のときには、盛んだった『平和』への世論 takokuro

マスコミ、文壇、テレビ解説、ドラマ、映画、、

平和の大切さと戦争という極限状態がつくる人が人でなくなる状況をよく耳にも目にもしたものです。

自由主義、自己責任でとても不穏な社会が生まれ、政府に反する意見は、以前のように報道されないし、討論さえ聞きません。。

ヘンですよね。


[6]>5 新聞だけをとってみても bonne

ちょっと前なら広島の日・長崎の日の朝刊のトップは原爆関係の記事以外にはありえなかったような気がします。

もちろん他のニュースも大事ですが、事実としての重たさは年を経て軽くなるものではないはず。


[7]>6 映画『ユナテッド93』 レバノンでの米国民世論を利用してる?? takokuro

映画、『ユナイテッド93』(5年前の9.11ニューヨークの同時多発テロ事件で、世界貿易センタービルで救出活動中、みずからもがれきに閉じ込められた2人の警察官と、その救出劇を描いた映画)

アメリカ政府の世論操作もあると思います。。

神戸大震災でさえ、被災者の心的障害は、理屈でなく恐怖に訴えるから、“冷静な”判断を出来なくする、、つまり、非常にエモーショナルな世論操作としての影響が考えらませんでしょうか??

レバノンでのアメリカ政府がしてることの国民世論批判をかわす目的があるのではないでしょうか?

湾岸戦争から、戦争や政治のマスコミ利用があるとされてます。

『マスメディア・コントロール? 正義なき民主主義と国際社会』集英社新書 ¥660 ノーム・チョムスキー著


『本作に対しては、製作段階から賛否両論の声がマスコミであがっていた。未だ傷の癒えていない米国国民の感情を刺激すると反発する者もいれば、犠牲者こそが真の勇者、その勇気を讃えるために、事件を風化させないために映画化は正当だと擁護する者・・』


[8]>1 学校での読書指定など、感想文コンクールみたいな立ち上げが企画が減っているのでhそうか? takokuro

昔は、是非この本だけは読ませたいと言うので学校や授業で宿題として感想文提出が課せられたものですが、最近は、専制ご自身が本を読まれない時代、朝礼で話題にしたりもされないのでしょうか?

昔は、朝礼ごとに先生らがこれはと思った読後感想や本の内容など話してくれたものですが。。


[9]>4 書き込みが booboo_002

少ないことからも、そう言えますね。

寂しいですね。

今の朝ドラ、けっこう若い人も見ています。

映像媒体で取り上げてもらうのも、

ある意味方法ですが

いい脚本がないと意味ないですしね・・・

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ