人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

結婚して、新婚旅行にいって、子供が生まれて、、、と人生を過ごしていくと、いったいどの程度のお金がかかってくるのでしょうか。

収入との相談になるとは思いますが、実際、どの程度の収入でどの程度のお金をかけていけるものなのでしょうか。

貯金をこの程度おきながら、ここには拘りを、ここは節約を、ここはローンで、、など人それぞれかと思いますが、
ご意見、体験談などおきかせ願えますと幸いです。

●質問者: H24
●カテゴリ:人生相談
✍キーワード:お金 人生 体験談 収入 子供
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● fonya3
●17ポイント

1) まず、結婚式。なるべく親戚を多く呼ぶ=>かなり黒字。

2) そして、新婚旅行。新興旅行然として行くと贅沢になりがち、あとから考えたら無駄使いかも。普通に旅行にだけでも十分では。

3) 子供が出来るまでは共働き、ここでいくら貯蓄できるかが勝負。

4) 子供が出来る。奥さんフルタイムワークは難しくなるし、保育園に預けたりしたら意外とお金がかかり何のために働いているか分からない状態に。子供がそれなりに大きくなるまでは奥さん専業主婦で節約生活の方がいいかも。

5) 子供が手を離れたら奥さん仕事再開。ダブルインカムで稼ぎまくる。

6) 3)で貯めたお金を頭金にして家を買っちゃう。子供部屋も家賃要るようになると家賃とローンはそう変わらない。

こんな感じでしょうか、反省も踏まえていいシナリオは。

http://www.2ones.com/bidders+/index.php?tag=%E5%85%A8%E3%81%...


2 ● satobo_77
●17ポイント

私の場合新婚旅行のために2人で100万借りました。金利のできるだけ安い職場のローンで。

実際に使ったのは70万ほどです。とうにかえし終わりましたが。

指輪は3ヶ月といいますが,1ヶ月かそのくらいの指輪を買いました。

結婚式は100万ほど用意しましたが,お祝いで50万ほど返ってきました。

結婚してからはそれほどお金はかかっていません。家賃は半分ですし,食費は一人の時よりかからなくなりました。

一人で過ごせる時間は少なくなりましたので大切に使うようになりました。

子供ができても最初はそれほど負担が増えたようには感じませんでした。これから学費がかかるかもしれません。

離婚の危機はしょっちゅうです。でも女性は感情で生きているので,けんかの後もしばらくすれば元通り。しかし,「甘え」のコントロールは自分に戒めています。

特に支出にメリハリをつけてはいません。互いに疲れているときは外食とか手抜きをします。精神的に疲れているときは酒を飲みます。飲み過ぎて体をこわしそうになれば協力して禁酒します。(しましたw)

最近は犬を飼い始め,犬がかすがいになっています。

http://holiday.knt.co.jp/b/207/


3 ● jyouseki
●16ポイント

http://realestate.homes.co.jp/contents2/research/20060630/

私の意見としては、住居は賃貸をお勧めします。

昔は終身雇用制という、同じ会社で定年を迎えるということが多かったのですが、今はリストラ、倒産がとても多いので、同じ居住地に留まらなければならなくなる制約をのない賃貸式住居の方がメリットが多いです。

一戸建てや賃貸でないマンションを買うことが人生の成功者であるかのように錯覚している人が多すぎる印象を受けます。

集合住宅で多いトラブルである騒音問題は、鉄筋コンクリートの建物なら、かなり発生しにくいです。鉄筋コンクリートの建物が嫌いなら、築年数が新しい物件が騒音問題が少ないことが多いです。もちろん例外はあります。

近所同士のあらゆる問題は引越しで解決することが多いのです。


子供を育てるのに、妻を養うために掛かる費用はいくらになるかは一概にいえません。

公立の学校と私立の学校では学費が全く違います。

塾や習い事をさせるかさせないかによっても大きく変わってきます。

浪費家の妻もいれば倹約家の妻もいます。

結婚するなら、価値観の違いすぎる相手は選ぶべきではありません。

金銭面でのすれ違いは様々な面でトラブルに発展することが多いからです。


4 ● aiaina
●16ポイント

http://www.eonet.ne.jp/~internetlife/fainasikin.htm

出産から22年間こども一人にかかる総費用


5 ● MinatokuFan
●16ポイント

年収300万円以下の人が増えている実態の中で、どのくらいの年収と年齢かが分かりませんが、とにかく節約する防衛しかないです。かつて自分は会社を飛び出して収入が途絶え、わずかな貯金で1年間、再就職まで頑張りました。家族3人、子どもは3歳の女の子でしたが、一日500円で生活しました。それには安い食材をセールで買って大量調理をし、冷凍保存をして少しづつ食べます。

カレーライス、ロールキャベツ、ハンバーグ、これが定番でした。それから趣味に使うお金を出来るだけ節約すること。

住んでいる場所にもよりますが、車を持つことはやめましょう。

一番出費が多いです。タバコ・酒も出来るだけやめます。頑張った日に少しだけとか。この経験中はわびしいと言うより、何か冬景色を楽しんでいるような気がしました。明るい家族が支えです。

今に良くなるから、と自らに言い聞かせながら頑張りました。

子どもの服はすぐに小さくなりますし高いです、バザーとかネットで買いましょう。お友達と交換も良くしました。

自分や妻の服は丸井のローンで、着るものは定番のもので流行に左右されないいいものにしました。

具体的な回答にはなっていないかも知れませんが、他の人が答えないような体験談にしました。

http://q.hatena.ne.jp/MinatokuFan/


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ