人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

三大メガバンクそれぞれの強みと弱みをできるだけ
詳しく教えて頂けないでしょうか?また、分かる分でかまわないのですがそれぞれの今後の経営課題等
も主観が入っても構わないので教えて下さい。
高ポイント差し上げます

●質問者: silverbook
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:ポイント メガバンク 主観 差し 経営
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● aiaina
●23ポイント

「みずほ」「東京三菱」 ローソンATMと”e-net”表記のあるATMで入金できる(要手数料)

「UFJ」 ローソンATMとセブンイレブン等の”アイワイバンク”ATMで入金できる(要手数料)

「三井住友」 ローソン・”e-net”・”アイワイバンク”どのATMでも入金できる。(要手数料)

「りそな」 ローソンATMとセブンイレブン等の”アイワイバンク”ATMで入金できる(要手数料)

郵便局のATMで入金ができるのは…

「みずほ」「三井住友」「UFJ」「りそな(■マークつきのカード)」http://q.hatena.ne.jp/1155304982


2 ● batti55
●23ポイント

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/money/1148304178/


3 ● rennet
●22ポイント

投資家のみなさまへ:三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ

財務体質の良かった三菱東京は不良債権いっぱいのUFJと

合併したがその不良債権も予定より前倒しで償却している。

日銀からの借り入れもいち早く返済、お上からあれこれ言われないように体制を作った。

関東首都圏で強かった三菱東京と関西圏で強かったUFJが補完的に合併することが出来たのはこれからの法人、個人取引拡大にものすごく有利。

今の経営課題は目先ではシステムの真の統合。

合併後、まだシステムの完全な統合が出来ていない。(旧東京三菱の外貨預金の通帳の記帳が旧UFJ店舗のATMで出来ない等)

金融庁の指導もあり「失敗の許されない統合」を求められている。

みずほの時と同じことがおきたら決済口座数など半端な数ではないので社会的な大問題になるおそれがある。

また、統合が出来ないと新商品の開発が出来ない。

新商品の開発が出来なければ競争で勝てない。銀行はすでに装置産業化しているのだから。

人の融和の問題も大きい。合併後旧両行のメンバーがなじむのに

約10年はかかると言われている。このスピード時代、そんなこと言ってられない。現場が苦しむことになる。このマイナス面を抱えながらの他行と競争することになる。

長期的には規模こそ大きくなったが利益をどこで上げるかの仕組みがいまだに出来上がっていない。伝統的な収益モデルに頼ってばかりでは海外の銀行に勝てない。この銀行は世界で5番目の銀行になろうとしているのだから勝負の相手は海外のビッグバンクだ。

来年度、大量採用するのは個人取引に重点を置くから。

人的コスト、口座管理コスト上昇に耐えられるか。

中国は?インドは?と考えた時、その人材は?。

(とりあえず三菱東京UFJだけで・・エネルギーぎれ)

◎質問者からの返答

読ませて頂いてとても参考になります^^

エネルギー充填できたら三井住友とみずほも是非

お願いしたいです。


4 ● aki1275
●22ポイント

強み

まず、店舗が多く好きなときにATMなんかで出金できること。

次に、信頼がもてること。バブルの時は世界で1?5位は全て日本のメガバンクが占領。

倒産することは考えられなく、何億もの大金を預けても安心。

ちなみに、銀行倒産の際1000万円までは必ず保証してくれる。

だから地方銀行とかが倒産すると1000万円しか帰ってこない可能性も大。

本題からは外れるが、だから郵貯は1000万円までしか預けられない。

最後に、企業の信頼性。メガバンクに会社の口座をつくっとくだけで信頼が持てるという。

弱み

一人一人のサポート。やはりサポートは手薄になると考えられる。

手数料の高騰化。これだけの口座開設者がいるとすこし手数料あげても十分もうかるので。

ATMの順番待ち。給料日等になると今でも行列が。

http://q.hatena.ne.jp/1155304982(ダミー)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ