人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

皆さんは殺意を抱くほどの憎しみを抱いたとき、
どのようにその思いを解消しますか?
相手に対しての対応ではなく、――即ち相手のせいにするのではなく、自身の中で溜飲をさげる方法をお聞きしたいと思います。
ちなみに私は冷静に対処して、できるだけ相手との問題を解消するように勤めています(キレてしまうことも多々ありますが)。

(1)自分自身が変わることによって相手をなだめる(取り込む)方法
(2)サプリやカルシウムを取れ、といった内容はご遠慮ください。
(遠因ではありますが、直接的原因ではないと思っているからです)
(3)このテーマで討論されても構いません。そのためのいわしです。

●質問者: ElekiBrain
●カテゴリ:人生相談
✍キーワード:いるか いわし カルシウム サプリ テーマ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 48/48件

▽最新の回答へ

[1]深呼吸をする。 charumera

気持ちを落ち着かせないと、相手とちゃんとした話ができません。

まず、どうすれば問題が解決できるのかをよく考えます。

そして、それを実行します。

話が通じない相手だと困難ですが、弱みをみせず大きな声ではっきりと言えば、相手に伝わると思います。

しかし、僕が今日とても嫌な思いをした相手は、どうやっても全く伝わりません;

「相手に伝える」ことが重要な気がします。


[2]>1 そうですね ElekiBrain

お互いが勘違いしていることも多々ありますし。私も極力直談判するようにはしています(まあ、そこでこじれることもあり、うまく行くこともあり……)。


[3]一度、目先を変える maximaam

気持ちが興奮している時は、一度その事から目を逸らし、

自分が落ち着いたなと思ったところで、再度考えてみます。

そうすると自分は、冷静に自分と相手の立場を分析できるようになります。話をしないとドンドン悪化するだけですよね、人間関係って。だからこじれても自分の気持ちは伝えておくようにした方が健康的ですよね。


[4]「ちょっと待ってください」と言って、顔を洗いに行く shintam

その間に色々考えました。

(それ程怒ったのはこの15年で1回だけですが)


[5]しばらく無視する retorin

むかつくときはどんな話をしてもむかつくものです。とにかく相手を避けて落ち着くまで無視する。


[6]>3 思い当たります。目先のことがいつまでも残留してしまうんですね ElekiBrain

そうですね。「まあ他人だし、とりあえずほっといて別のことやるか」という感じになるしかないのでしょう。

しかし、どうにも他のことをやりながらハラワタが煮えくり返ってきてしまう事が多く、他の事が疎かになってしまいがちです。元来冷静である人は凄い人だな、と素直に思います。私はどうも意識的に冷静さを保たなければやってけないので。

maximaamさんは普段どのようにしてナチュラルに怒りを沈めますか? なにか秘訣がおありでしょうか。


[7]無視できず怒ってしまうのは何かがあると思う ksh

とんでもないこととかを言われても、ふつう「は?」と思うだけなのに、そうじゃなくて、怒ってしまうのは、自分の中の感じやすい部分を刺激されてしまったからかもしれませんね。

でも、殺意を抱くほど怒ったことは、たぶん自分もあると思うのですが、もう忘れてしました。たぶん覚えているとつらいからだと思います。


[8]>7 これも思い当たりますね ElekiBrain

>怒ってしまうのは、自分の中の感じやすい部分を刺激されてしまったからかもしれませんね。

ここは自分でも理屈は理解しているのですが、どうもプライドが高いらしく、何かにつけて争いを生んでしまう傾向にあるようです。ここが一番問題かも知れません。なにかあるたびに反省してばかりです。


>たぶん覚えているとつらいからだと思います。

そうですよねー。わかっちゃいるんですが……。10年前の事とか平気で覚えてますからね。怨み深いんですね。これも問題です。


[9]>4 か、寛容ですね! ElekiBrain

素晴らしい精神の持ち主だと思いました。


[10]>5 このあたりは確かに基本ですよね。 ElekiBrain

落ち着く以前に鬱積させてしまう性格がまた問題だったりします。改善したいとは思うのですが。


[11]殺意を抱くほど、というとかなり極端ですが、 ttz

相手に当たれないのであれば、仕方なく自分の中にストレスとして溜め込んでしまいます。本当に仕方なくです。何の解決にもなりませんが、他の事でストレス解消します。時間が解決する事もありますし。


[12]>11 それが…… ElekiBrain

時間が解決しないことが殆どなんですね。私の場合。時間が過ぎて相手とのコンタクトのチャンスが失われると一生怨み続けるわけです。今でもかなり昔のことを覚えていたりします。確かに以前よりはマシになりましたが。


>相手に当たれないのであれば

喧嘩両成敗じゃないですが、なにかあった時点でまず両方に問題があると考えるタイプですので、ttzさんの仰られるとおり溜め込みがちです。


[13]>12 そこまで溜め込むのは良くないかと・・・ ttz

そこまで本気で怨むようなレベルであれば、溜め込むのは良くないのでは?敢えて相手に正面からぶつかった方が良いと思います。相手も、一生恨まれ続けるのは本意では無いと思いますので。


[14]>13 大抵の場合は直談判です。 ElekiBrain

直談判で決着を付けることが以前は多かったです。しかしそのときに自分が先にキレてしまう、ということがしばしばあり、これがネックとなって今ではキレないように縛っているところもあるのです。

最近は何とか相手の良いところを見て、そして相手の気持ちを察しながら言葉を発するように心がけていますので、これが逆にプレッシャーになるのかも知れませんね。


ただ、一旦怒ると半端じゃない復讐の仕方をするんですよ。それをやった後で後悔するんですね。幸いこうしたネットでの書き込みは復讐ができないぶんクールダウンできて有益です。


[15]>8 忘れるのは技術と思ってます。 ksh

いやなことってどうしても引っかかってしまうんですよね。

忘れるために私がやってることは「反省しない」と「お互い悪いところを相殺」と「いやなことは(いろんな手段を使って)なかったことにする」です。

ちなみにいろんな手段ってのは、関連する物を捨てたり、アドレス帳から連絡先を消したりとか、そういうことをします。そのかわり思い出まで残らなくなってしまうのでちょっとさみしいですが。

http://d.hatena.ne.jp/ksh/


[16]>15 参考になります ElekiBrain

私は思いつめすぎかもしれません。全てを肥やしにしようなどと変に気負っているからかもしれませんね。ありがとうございます。


[17]とりあえず、頭の中でシュミレーションする。 nano327

「殺意を抱くほど憎い」のであれば、実際にどんな殺し方をしようか想像します。

出来るだけ具体的に、思いつくまま色々と考えるのです。


息の根を止めるにはこんな方法が良いだろう

こんな風にしたら屈辱的な殺し方が出来るだろう

死体はどのように処分しよう

殺したことを人に知られないためにアリバイ工作もしよう


これらを考えているうちに、漠然と、万が一、犯行がばれて捕まったらどうなるだろうということも想像します。

計画殺人なわけですから、重罪に問われるでしょう。

「ああ、けれど、動機が情状酌量されれば、軽くなるかもしれない」などと、色々なことも考えます。

考えているうちに、ふっと、「いくら憎いと言っても、憎いだけの人のために自分の手を汚し、刑に服す必要があるだろうか」と思うのです。

自分にとって、どうにも耐え難いほど憎らしく恨む相手であっても、自分の人生にプラスにならない存在のために、さらに自分をマイナスの方向へ貶めるのがばかばかしく、勿体無いような気がしてならなくなります。

完全に憎しみは消えないとしても、多少は殺意は緩和されます。


また、憎い相手が死んでしまったら、憎しみの対象がなくなるのも困り物です。

お恥ずかしい話ですが、たとえ憎くて嫌いな相手であっても、笑顔で普通に話すことが出来る私は、それに対して相手が素直で友好的に接するのを「私にこんなに嫌われているのに、馬鹿だなあ」思い、相手が私を小馬鹿にしているとしたら「私が何も考えていないと思っているだろうけれど、自分が馬鹿にされているのも気付かないで」とほくそえみます。


あとは心の持ちようですが、自分にとって大切な人(身内や友人)のために心を一喜一憂することは出来ても、取るに足りない存在に心動かす労力が惜しいと思うと、適当にあしらえるようになれる気がします。


今まで、殺意を抱くほど憎たらしいと思ったのは一人しかいないので、あまり説得力のない話かもしれません(汗)。


[18]書いて書いて書きまくる、ただし逆向きに mayumi-m

まずはその瞬間の怒りのたけを。そして、そこに至る経緯を。直前の致命的事件に至る過程以前にも、互いに潜在的鬱憤があったことに気づいたりする。そのうちどこかに、こじれてしまった最初の遠因が見つかる頃には、運が悪かったにせよ、相性の問題にせよ、人生にはそういう関係・めぐり合わせもあるのだと冷静になれたり、時には相手の態度にも合点がいき、自ら反省する気持ちにすらなったりすることもあります。

とにかく、そのまま先に進んだら危ない時は、敢えて逆戻りすること、それも徹底的に「書く=自分の中で自分の外に出す」、というのが私の方法です。


[19]もっと自分(親や大切な人でも良い)を尊厳する気持ちを持って。 furolan

殺したくなるほどっていうことは、一瞬そのような気持ちになるほど なにかしら非常識なことをしたり、言ったりする相手なんですよね。

そんな人の為に 自分や周りの人を軽んじた行動をしたくないです。そういうチョット困ったちゃんは、いつか自滅します。人生は長いから。


[20]リスクを評価する katuragi

相手を殺して殺意を解消する事と、殺した事により人生をフイにしたり家族に迷惑をかける事のリスクを天秤にかけます。

私は憎い相手のために人生をフイにしたくはないって結論に達するので、話し合いなり、法的手段なり、何か別の方法での解決を考える事にします。


[21]報復を考える deer830

殺意をもった相手に対して 法律の犯さなく しかも相手が生きているのが辛くなるような 報復を考えることにします。


[22]>21 戦争。。。 deer830

戦争はよくないと思うけど それによって科学技術が発達しているのは事実です。

報復を考える過程で いろいろ得るものが 自分の中に舞い込んでくるような気がします。


[23]あの性格では何をやっても上手くいくはずが無いと、不幸を願う。 chi_maki

そういうとき、

相手に、どこかしら問題があると思うので、

(自分がトラブルメーカーだったり、ただひがんで憎いと思っている場合ではなく、

相手が一方的に悪い場合なので)

相手の悪いところを、一気に思い出し、

「ああいう性格だと、自分がわざわざ何かしなくても、絶対っ不幸になる、不幸になれ」と考えたり、

「この人は他のことが上手くいってなくて相当不幸だから、こういうことしかできない愚かな人なんだ、かわいそうに」といたぶることで、

憎しみを表さず、あえて幸せそうな顔をして見せつける。


[24]>6 まぁあまり良くないかも知れませんが maximaam

会社であれば同僚に愚痴ったりします、少しでも聞いてもらえるとすっきりするんものですよね。

あとはメールとかで友人に文章にして送ったりしていると、冷静になって自分にも非があったかもとか、あの一言が余計だったかなって考え直せるようになります。

後輩誘ってカラオケで歌い捲くったり、ご飯食べに行ったり、他の欲を満たして意識を分散させてます。


[25]>14 逆にネットの方が危険では? ttz

ネットの方が相手が分からない分、ストレスになってしまいませんか?私の場合は、ネットで言いがかりをつけらりたり、相手が見えないのをいい事に好き勝手な発言を受けた方がよっぽどストレスを感じてしまいますが。

いずれにしても、以前より抑えられるようになっているのであれば、いい方向に向かっていると思いますよ!


[26]憎んでることさえ、抑圧しようとしてしまうから konoha788

私の場合、憎しみが蓄積されてるのに自分で納得してるつもりになってることが多いので、気づいたときは、病んでます。

なので、専門家なら言ってもビックリしないので、

カウンセリングか心療内科で、思い切り聞いてもらいます。

スッキリはしないけど、少しホッとします。


[27]漫画の発想でやっつける TUBAME

漫画大好きの友人から聞きましたが、頭のなかで面白いストーリを考えると良いのではないでしょうか?

たとえば、隕石が急に落ちてきて目の前の相手に直撃してしまう。

などです。


[28]>17 ありがとうございます ElekiBrain

>「私にこんなに嫌われているのに、馬鹿だなあ」――ほくそえみます。

これは笑いました。良い意味で面白かったです。


=========過去の話=========

確かにこの感覚で済むならばいいのかもしれませんが、結構深刻なことも多くあって、殺したい人間はどう見積もっても人生トータルで10人以上いるのです。しかも、怒りを静めて考えても、「あの人間は社会に必要ないな」と冷静に断じてしまえるほどの悪党ぞろいです。銃のライセンスが日本で許可されたならば、法律的に違反でも皆殺しにしていたでしょう。リアルな話を言うと、何らかの手段で殺した後に自分も死ぬ覚悟でした(このあたりはドン引きされても仕方ありません)。


=========今の話=========

もちろん今は殺したいといくら言っても、冷静に計画を練るようなことはしませんし、何とか相手と自分との架け橋を作ろうとしているつもりです。結局、「ほくそ笑む」しかないのでしょう。

仰るとおりプラスに考えるしかありませんね。


[29]>18 これ、やってました。いいですね。 ElekiBrain

書くことは重要だと思います。私もどちらかというと分析好きなので、自分の非と相手の非を徹底的に分析し、間違いがないかその資料を読み返します。余りに偏った判断を書いている場合は自分で気がつきますし、そういった場合は怒りはあれど、自分にも非があると認めることができました。この手段は有効ですね。


[30]>19 自滅せずに生きながらえているでしょう。 ElekiBrain

おそらく「そう考えた方が楽」という事を仰りたいのは分かります。実際には、悪人にも家族はいますし、最近のニュースでレイプ殺人をした若者の親父が死刑を不服とするなど、「彼らにも家族がいるのだな」ということも承知しているのです。もちろん自分もそうです。しかし、家族のことは、私個人に関して言えば一家離散状態ですし、親父は幼い頃に死に、存命の母も憎い。社会人として生きる今でもそうです。その上で、私の憎悪する他人を殺したところで私個人の責任と思っています。親は関係がないという考えです。これは相手に家族がいようとも知ったことじゃない、という事とも繋がります。


しかし、これは今までのこと。今からはできるだけ敵も味方にする度量を身に付けたいのです。過去の連中の自滅はありえませんが、今から気に食わないと思った人間とできるだけわかりえるようにしたい。そのために怒りを静める方法をお聞きしました。上記は偽らざる本心です。しかし、殺伐としてばかりでは実りはない。そう思ったのです。


お聞きしたいのですが、furolanさんは自どうして自分のことを大事にできるのですか? 理屈では分かりますが、感覚的に分からないのです。


[31]>20 ありがとうございます ElekiBrain

>迷惑をかける

この辺は余り考えません。家族に半端じゃない精神的苦痛を味あわされてきた私にとって、家族も社会も一緒です。よって家族のことを専一に考える方のご意見が理解できないのです(嫌味でなく、本当に分からないのです)


>人生をフイにしたくはないって

私は人生を幾度かフイにしましたが、後悔していません。憎しみを抱いた相手にダイレクトに復讐ができないことのほうが人生に悔いを残す方が多かったからです。こういった因果が発生する前に、現実的な処理方法としては確かに、


>話し合いなり、法的手段なり、何か別の方法での解決を考える事にします。

このようになるのでしょう。私の質問にこういったことを盛り込むべきだったと反省します。むしろ、精神面でどのように解決するのか、がポイントです。


[32]>22 長いスパンで見れば、あらゆることは「体験」の一言なのかもしれません ElekiBrain

>報復を考える過程で いろいろ得るものが 自分の中に舞い込んでくるような気がします。

すごく重要なことだと思います。よくも悪くもそう思います。


[33]>26 ありがとうございます ElekiBrain

カウンセリングは通っていました。しかし、ここでは申し上げられませんが、深刻な症状があり、改善は見られませんでした(あ、別に変人じゃないですよ。普通に喋れますし)。


仰るとおり、このように、皆さんに相談することで私も少し楽になります。ありがとうございます。


[34]>27 劇団一人! ElekiBrain

まさに劇団一人。彼、そいういうタイプらしいですね。面白かったです。


[35]>24 そうですね、人に話すのが一番かも知れません ElekiBrain

一人で考えるのが一番危険かも知れません。ありがとうございます。


[36]>35 毒を吐く maximaam

と言うと聞こえは悪いですが、友人に愚痴って体やココロに溜まった毒を吐いてしまって下さい。時に大きな声を出す事だって大切ですよ、溜め込まず抱え込まずです。頑張って下さいね。


[37]>36 違う見方をしてくれる人に akilanoikinuki

自分の反対意見を言われても、喧嘩にならないほど信頼している人に話しを聞いてもらう。そしてできれば諌めてもらう。

というのも、相手も「そうだ!そいつは許せん!」となると、よけいに怒りが増幅され、報復して当然だという流れになる事があるからです。

よって、冷静に話しを聞き、諌めてくれそうな友人にのみお話ください。その際、アルコールを入れないほうがいいでしょう。


[38]>37 そうですね ElekiBrain

確かに同調する人には話を持ち掛けないようにしています。私個人も「冷静病」ともいえるぐらいにバランス感覚を重視する(ただし、自分のことは盲目ですから、ここの修正がが肝心ですね)人間ですから、そういった友人は私の周りには存在しません。


なお、アルコールは下戸であるにも関わらず一時期ストレスからガンガンやってましたが、今はスッパリ切れています。テキーラとか、やばかったですね。当時の飲み方は。


※ダイアリー拝見させて頂きました。良い意味で平和な空気が漂っていて、にわかに和みました。余りに戦々恐々とした私とは正反対で、いい記事ですね。


[39]>36 ありがとうございます ElekiBrain

というわけで、ポイント多めに追加。


[40]>39 さらに追加 ElekiBrain

追加×2


[41]相手を自分と同列と見ないようにします teemu

すごい嫌な考えではあるのですが、私にとってはこの方法が一番ストレスを

溜めずに済みますので。見下してしまうことですかね。

あとは頭の中で全く関係ないことを考えることですね。

そうなってしまった思いを完全に忘れてしまうまで

別のことを考えます。

最終的に嫌な気分をできるだけ短くすることがいいはずなので。


[42]どうしてそこまで憎しみを抱いたのか、考えてみる。 Latteko

「一度、目先を変える」にも近いのですが、

私の場合、なぜ自分がそこまで頭に来たのか、理由を考えてみます。

そもそも、相手が自分にとって重要な人物なのか?

どうでもいい相手だったら、怒るのも無駄なので、無視するなり流せばよいですよね。

プライベートで大切な相手であれば、根底に愛情があるからこそ発生した憎しみかもしれません。それなら、問題をきちんと認識した上で、よい関係を築けるように働きかけます(自分にも相手にも)。それから、自分の気持ちが「愛情」ではなく「執着」なのではないか、と疑ってみます。「執着」だと思ったら、それを捨てるよう努力します。

厄介なのは、仕事上の相手、しかも上司や顧客など、喧嘩できない相手だった場合ではないでしょうか。

この場合、頭ごなしに怒鳴られたり、理不尽なことを言われても反論したりできないことが多いため、鬱積してしまうケースが多いのだと思います。

しかし、これもよく考えてみれば、何もそんな相手のために

自分が殺意を抱くほど嫌な気持ちになる必要はないと思います。

この場合は「相手を自分と同列とみないようにします」かな。

それから、嫌なことをされた場合は、いつどこで何をされたか、定量的にメモしておくのもよいでしょう。

自分の気持ちの整理もつきますし、いつか正面きって戦う!という場合に役立つ可能性もあります。


[43]ElekiBrain さん、furolanです。 furolan

せっかくの‘いわし’なのに、つなげられません。こちらに新たに書かせてください。私も自分の親が世界で一番ヒドイなんて思っていました。私が生まれてからずっと面倒をみてくれていた祖母はよく言っていました。「親は親じゃなくても子は子であれ」と。あぁ、おばあちゃんはやっぱり自分の子(私の母)がかわいいんだな、と思っていました。

生活も貧しいし心も満たされず あまり自慢できない22歳まででしたが、人生やり直そうと結婚をしても やっぱりうまくはいきません。1ヶ月に半分は家を空ける夫で、おまけに夫の親もすべて妻のせいだと言いふらし、ねぎらってくれるようなひとではありませんでした。子供はハネムーンベビーですぐできたので、子供のため、ナンテ10年がまんしていたんですが、そのうち気づきはじめたんです。


自分がされてイヤなことは人にしない。腹がたってもイヤなことがあっても感情のままに行動しない。イケナイ事はイケナイって線引きはしっかり、でもその内側なら細かな些細なことは大したことじゃないや、って。 子供の手本にもなれたら良いな、子供に望みたいことは自分もやろう。ってしていたら、子供が10歳のころには、ハッキリ自分がいるまわりの空気が違っていたんです。

納得できないことをカウントするよりも、よっぽど呼吸も楽で まわりの嫌な奴等も ちょっと違ってパワーダウンしてる。うまく事が運ぶことが増えて。


ElekiBrainさんも言っていたレイプ犯の父親、のうのうと生きてるって思うんでしょ?前の私(今でも時々あるか)もそういうベクトルのみでした。でもね、父があんなで、息子が身をもって父親のいけない部分を露呈してるとも思わない?本当なら、お父さんが自分の人生で気づいてたら、息子もあんな風にならなかったかもって。それを、息子にまで背負わせて初めて 遅ればせながらも自分だったら気づかなかったこと、息子がこうなったら 分かった。反省。息子の人生も変えられたかも・・って気づくべきなのかも。でもテレビでみた限りじゃそうはなっていないかも。 ずっと繰り返すわね、心の中の地獄。


おばあちゃんが言ってた「親は親じゃなくとも子は子であれ」も母じゃなくて私のために言ってくれてたんだって今は思う。やっぱり人生は修行みたいなところがあって、気づいたら少しずつ良くしていく貯金は、自分のため。じぶんの大切な人(これからだってあると思う)の為。そう思うのです。感謝できたり、良かった!をカウントしたいなって。私も母が一番の人生のテキストです。

ヘタな文、長くごめんなさいね。


[44]>41 同じ目線でやると確かにストレスですね ElekiBrain

余りに相手が幼稚である場合はさすがに一歩引きますね(内容があまりに酷ければ別ですが)。

記憶抹消系のお答えは結構多いですね。全国的にこのやり方が一番多いのかも知れません。なるほど。


[45]>42 ありがとうございます ElekiBrain

>根底に愛情があるからこそ発生した憎しみかもしれません。

こういう場合は大抵分かりますので、ムカッとはきても、殺意までは行きません。


>厄介なのは、仕事上の相手、しかも上司や顧客など、喧嘩できない相手だった場合ではないでしょうか。

今までの話をさせて頂くと、人間を人間とも思わない奴が多く、今となってはコンタクトできない相手だからこそ蓄積してしまったのです。その後は少し事件があると「疑い→怒り」のようなサイクルができ、この悪循環を断ち切ろうと「冷静」をキーワードにして頑張ってきたわけです。当時はもう、同列・同列ではないの問題を越え、既に人権侵害まで行ってましたので。今は人間不信は半々といったところでしょうか。


>嫌なことをされた場合は、いつどこで何をされたか、定量的にメモしておくのもよいでしょう。

これもやってました。復讐の手段と法的な証拠をできる限り残そうと、ある日から思うようになったのです。しかし、現在では幸いそこまでに至ってません。しかし、この手段は有用であると思います。ありがとうございます。


[46]>44 対処の選択肢は teemu

それほど多くは無いのかもしれませんね。

そうなるとできるだけそのような状況に

自分をもっていかないようにすることが

大事な気がします。


[47]>43 文章が全てを物語っています。苦労を通して素晴らしい経験を獲得された方ですね。 ElekiBrain

私はガキなのでしょう。確かに人と照らし合わせると私の人生の歩き方は余りに特殊でした。しかし、自分の問題と他人の問題を照らし合わせることにやや注力が注がれすぎていたようです。「自分は自分、他人は他人」自身にそう言い聞かせるたびに、矛盾と、自分を苦しめてきた社会全体に対する怒りが噴出するばかりでした。「冷静」であることが自然ではなく、本当は本来もっとウィットにとんだ表現をする人間でした。10代は表現し続けてひたすらもがき、20代は全ての感情を機械化して理論性を再構築し、いま30近くになって振り返って見ると、素直に向き合えなかった自身の人生とは一体何だったのか、と思うばかりです。何も得られなかったわけではありませんが、周囲の対応に対し、こうすることしかできませんでした。


furolanさんの文章を拝見していると、大げさではなく心を洗われるようです。本当にありがとうございます。


[48]>46 ああ、今回のご回答で「忘れる」という回答が多かったもので ElekiBrain

確かに「全国的」は書きすぎだったかも知れません。


>そのような状況に自分をもっていかないようにすることが大事な気がします。

同時に、そういう人を避ける技術も必要ですね。参考になります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ