人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

?)首相という立場に必要な能力とその優先順位をお答え下さい。

ちなみに私は
A)目的一を支える目的二に為の対世界の展望、政策を立てる能力
B)しかも、その内容が目的一、二に目先だけでなく将来的にも反する問題がはらまないか精査、深謀遠慮判断できる能力
C) Bの結果でパスした政策を部下、官僚通じ、内政外交で実行“させていく”能力
と今のところ考えています。

●質問者: takokuro
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:パス 優先順位 外交 官僚 展望
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/13件

▽最新の回答へ

[1]世界を優先してほしいけど… takahiro_kihara

日本人である以上、日本を優先するのは道理ですね。

しかし注意してほしいのは、所詮日本という一国家も、世界という器に浮かんでいるに過ぎない、ということです。

日本を護ろうとすると、世界に穴が開きかねません。


[2]人気のある操り人形である事(ひにくばーじょん) u2u2u2u

※1 御神輿は担ぎやすさが一番です

※2 人気もんである事(数字がとれないと長続きはしませんから。)

※3 マジックがある事(これがあると 中身は骨抜きでも国民の支持が得られます)


[3]C)=A)+B) fuk00346jp

C)のみで充分ですが順位付けするならC)=A)+B)

C)を行う為にはA)→B)の過程が必要

P.S

目的一、二とは人力検索はてな - ?) 政治の目的は、何だ...ですよね?


[4]>2 結局、選挙がある以上… takahiro_kihara

こうなるんですよね。


だから、一番良いのは、たぶん見た目も中身も良いことなんでしょーけど、

往々にしてこの二つの命題は相反するモノなんですよね。


[5]はてなのような… takahiro_kihara

ものを見つけ出す能力って、大事だと思いません?

所詮、一個人の能力には限界があるのですから。


[6]>2 そうした諦めが、彼らがのさばるのを許してる。。。??! takokuro

u2u2u2uさんも、takahiro_kiharaさんも、愚痴らないで、解決or対決していくにはどうすれば可能か、考えていくことが大切ではないでしょうか?

?選挙には絶対行かなくてはなりません。

?隣人とも政治について話し合うことが必要ではないでしょうか?

政治を国民が身近な問題として考えること、、そのことを放棄してしまうにはそれなりの原因があるのを思います。。何だとお思いでしょうか?


[7]>3 否。 AとBは連動しますが、独裁政治を例にとっても、Cは独立しています。 takokuro

AあってのB、BあってのCで、政策実行力CとA,Bは重なりません。

又、Cの能力があるからといって、ヒトラーがムッソリーニが本来求められるべくA,Bを持ちえたでしょうか?

そこをお考えになると、お分かりになると思います。

【PS】http://q.hatena.ne.jp/1155604562


[8]選挙で勝てること qjpem028

国会で選ばれるんだから

選挙に勝てる人が必要条件


[9]>1 【共生】主義と【競争】主義と・・ takokuro

競争主義社会では、日本の国益を守ることと世界の地球益?!とは共存せず、【日本を護ろうとすると、世界に穴が開きかねません】になるかもしれません。競争主義理論で、アメリカは自国が地球の征服者となるべく各地で紛争戦争を起こし、自国勢力拡大を図っているのではないでしょうか?

それに乗っかろうとしてるのが今の小泉安倍政権ではないでしょうか?

しかし、現EU諸国でもかつては隣国同志戦争をしてきましたが、自由貿易により自国産業が直撃を受け、巨大資本主義により不利に立たせられるのを避ける為に関税同盟を近隣国同志で互いに守り合い、それがEUに発展したそうです。

アメリカ一極巨大化と世界侵略紛争が顕著になってくると、対$による悪影響を受けない為に、経済共同体を強化し、自分たちの手でユーロという世界通貨を立ち上げ、今順調に成長しています。(このユーロで石油を買える様にしたのがフセインさんです)


[10]>8 【選挙に勝てる】ということは、どういう力を擁してるのでしょうか? takokuro

フツーなら、立候補者のABに国民は賛同するのですが、、安倍氏はA,Bは違う方向に向かっていますでしょ?

しかも、ABについて何一言も具体的なことは言いませんよね?!

話すことは、心構え、気概のみでしょ。。

容貌も、谷垣大臣の方がよほど!ステキでしすし、趣味にしろ、話題にしろ、ハンサムでしょ?!

麻生大臣はどういう訳か・・たぶん!シャイな高潔さ、やや孤高傾向の自律的性格の強さゆえか・・わざと、下品に見せてますでしょ??! 恐らく!!

吉田茂首相の偏屈をしっかりと!後継されてる気がするのですが。。

ただ! 小泉竹部政権での複雑に絡みつくネットワークが出来上がり、緻密さが少し心配です。

あっさり!乗せられてしまわないか本当に!心配です。。

小泉氏はきっと!酔っ払ったら、プロパガンダのエックス・ジャパンでもクラシックでもなく、エルビスでもなく、演歌!に思うのです。

煽(オダ)て、おべっか、背中合わせに、不条件の擦り寄り、迎合、タイコ持ち・・ 想像ですがね??


[11]国民の意見を聞ける能力 TUBAME

国民に積極的に政治に参加してもらうような雰囲気を作ることが必要ではないでしょうか。マスコミレベルではなく国民の一人一人の意識が高まれば、官僚も積極的になってくれるのではないでしょうか?ただ、ゆとり教育の失敗のように世の中のムードに流され無いように注意しなければなりませんが。


[12]>7 そういうことです。 fuk00346jp

AあってのB、BあってのC

C)を行う為にはA)→B)の過程が必要=A)→B)の過程を経てC)を行える

現在の政治論理から外れているムッソリーニ、ヒトラー共にこれらは必要無かったんです。

民衆の怒りを外や別民族に向けさせ、戦争に駆り立て侵攻して行く拡大政策を取っていましたから。この拡大政策を非難する声をヨーロッパ諸国はよく上げますが植民地政策の二番煎じと考えれば納得行くでしょう。


[13]>11 現安倍小泉政権は、岸信介の政治姿勢の完成に向かってる??・・ takokuro

【国民に積極的に政治に参加してもらうような雰囲気を作ることが・・・】

その前に、『内政・外政ともに政治の実態を国民に知らせるべし』

殊、小泉政権になってから以降は、情報を抑制するだけでなく、編集して報道する傾向が強いのを先に正してもらわなければ、国民は小学校の社会見学とさして変わらない政治参加になる。

国会中継、中継会見で見聞きしたことと、夕方ニュースでの報道とは全く違うことが少なくない。。追求すると哲学心情論で返答するか、開き直って、強行する。ガキ?!

国民に政府が実際にしてる情報をコントロールして、岸信介が強行しようとした政策やアメリカ属国社会を作り上げる方向へ行ってるのを心配します。

属国化には国民は管理しやすい奴隷・・・つまり、マニュアルを与えられたら、マニュアル通り、正確に遂行し、与えられた仕事の意味や重要性を考えない『兵隊人間』をつくる。だから、心の前に形を重視する。

茶道は形から精神に入るのでなく、先生や何代もの先だちが守ってきた環境の中に入って、その精神を呼吸してそれから、自然と形に心が備わってくるので、、教育評論家が言ってるような、形から心は育たない。

却って、心に無理を強いることで、建前と自分の本音の間の葛藤で、陰湿化した発散が昨今の苛めや残虐な事件ではないでしょうか?

管理しやすい兵隊を作る為『教育基本法』を改定が本音。

米軍の良き兵隊であるように軍備し、国会での軍事の力関係を強くする為の『防衛庁から省へ』(憲法に遠慮して庁だった)が本音。

自衛隊をアメリカの軍隊として、世界派兵する為の改憲が本音。。

日本では行政と司法が独立しているが、『陪審員制度』でアマチュアの国民に審判権を与えることで国民に編集情報を与えることで政府が期待する判決へ向かわせるのが本音。。

『共謀罪』を採決することで、共謀の自首をすると必要的減刑・免除になる規定が存在することや、犯罪の行われていない段階の共謀は物証が乏しいことから、 これが「密告社会」化、監視社会化を招くのではないか、つまり、戦前の『治安維持法』の再来の管制下に置くことが本音。。。

地震国日本の資格は耐震構造計算をするエンジニアの資格。そこに建築のグローバル・スタンダードということで、アメリカの建築家資格や建築基準法スタンダード・を採用してから、耐震偽装が始まる。抜け穴として使われる。そもそもアメリカの建築家資格はデザイナーとしての資格に過ぎない。

これから、公認会計士資格もアメリカ式をグローバルスタンダードと言うことで採決する予定らしい。。

弁護士資格も。

要は、国の行政。司法、経済の根幹となってるルールはアメリカの法律でする方向に向かってる。

これが属国化でなくて、何事ぞ!?? 思われません?? 心配です・・

又、1995年、発足のWTOの実態だが、、加入をアメリカが牛耳って、アメリカにとってかつての敵対国、ベトナム、ロシア、旧社会主義圏、イスラーム国(石油利害でOPECを共に作り上げた同盟のサウジでさえ!)申請しても加盟をまだ認められていない。イランに至っては申請書の受理さえ受け付けられていない。シリア、リビアも。

日本国民の感覚では、WYOは公的国際機関で、アメリカの都合通りに動かなければ、『国際社会』からも締め出しする圧力をかけている。

1985年(s60)プラザ合意を受諾した同じ年だが、司馬遼太郎が『今、世界はビジネスへの参加能力を持つ国とそうでない国に分かれてしまっているのではないか?(各差)世界貿易センターでそんなことを感じた。』

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ