人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

例えば「笑点」とか「お母さんと一緒」などの番組で公開録画が行われる事があり、番組はスタジオではなく、地方の”市民文化ホール”とか、体育館とかで収録されます。大体観客は満員です。そして、そういった番組が終わろうとする場面(出演者がサヨナラ?と言ってテーマ曲が流れる)でもお客が三々五々席を立つところを見たことがありません。なぜなのかいつも不思議に思っております。
東京のスタジオなどでは、数週間分まとめて収録することがありえますので、観客に対して一回分の番組が終わってもすぐ席を立たないよう要求することが現実的に可能だと思われます。が、地方での収録の場合、メインの番組の収録は一回きりと思います。それでも、番組が終わったとき観客が三々五々席を立たないのは、なぜなのか?理由として、
1.テレビ局から許可が出るまで席を立たないようきつく言い渡されている。
2.メイン番組一回分の収録が終わっても、それに続いて何か別のエンタテイメント(例えばその地方出身の歌手の歌謡ショウ??ーいまどきどうかなあ?)が用意されている。
といった理由があるとしか考えられません。実際にはどうなのでしょうか?

●質問者: bibinbayamada
●カテゴリ:芸能・タレント
✍キーワード:エンタテイメント スタジオ テレビ局 テーマ ホール
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● maamaamaa
●17ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1155677248(ダミー)

先日土曜日にNHKホールで思い出のメロデイ(実況)をみてきました。放送終了後、出演者全員が舞台に残り、挨拶しましたので、観客も残っていました。事前にそうした説明はないのですが、アンコールみたいな感じで自然に残っていました。

◎質問者からの返答

ご回答有難うございます。


2 ● nano327
●22ポイント

笑点の場合ですが、地方の公開録画も2回収録しています。

毎週、ほぼ欠かさず見ておりますが、2週続けて同じ地方の会館からの放送ですので、1回限りではないようです。


私は後楽園ホールへ公開録画を見に行った事もあります。

「席を立ってはいけない」と注意されたことは一度もなかったような気がします。

収録のプログラムのようなものを貰うのですが、私が観に行ったときは

・円楽さんの挨拶2本

・今日の花1

・今日の花2

・大御所の落語

・大喜利1

・大喜利2

の順番でした(若干うろ覚えです)。

始まる前に落語家さんの前説のようなトークがあり、ここで「ちゃらーん」の練習をします。

そのあとADさんから注意事項を説明されます。

この時に、「収録中は写真撮影禁止」ときつく言われるのですが、「収録が終わったら撮影しても良い」とも言われます。

収録が始まるかと思うと、円楽さんのオープニングに座る席決めが始まり、円楽さんが「今日はみなさん暑い中おいでくださいまして・・」のような観客への挨拶があり、スタートしました。

いざ収録がはじまると、1つ1つの合間にステージのセッティングがあり、スタッフの人々が忙しく片付けしている中で、ひょこっと舞台袖から歌丸さんや楽太郎さんが出てきて、「ちゃらーんはやらなくていい」などといって、客席を沸かせます。

収録が終わると、ADが「収録はおわります。ご協力有難うございました」のような挨拶をするのです。

そのあと、座布団などの撤収作業が始まります。出演者の方々が舞台を行ったり来たりしていますが、そこをすかさず記念撮影しました。

あと、私が観に行った回は、楽太郎さんの腹黒っぷりが炸裂して、切れた歌丸さんが舞台を去ってしまうといったことがありましたが、収録後に歌丸さんが出てきて謝っていました。


観覧して思ったのは、

・出演者が出てくるかもしれない期待でいつまでも席を立たない

・収録後に記念撮影が出来るので待ってしまう。

・会場の席の周りにスタッフが沢山居て、立ちにくい雰囲気がある

こんなところではないかと思います。


http://homepage3.nifty.com/nakiusagi/report/report01.htm

◎質問者からの返答

なるほど、状況がよくわかりました。

詳細なるご説明有難うございました。


3 ● かえる
●16ポイント

http://www.nhk.or.jp/event/prog/prog_main.html

何度か公開録画に行ったことがありますが、特にきつく言われなくても、観客が収録終わりまで席を立つことはないようです。

理由としては、テレビでエンディングのテロップがかぶさる部分は、収録では終わりのはじまりの部分であるからだと思います。

例えば、歌謡番組などでは、緞帳が下がって、拍手をする部分までで、放映された番組上は終わりを迎えます。実際の収録では、拍手で緞帳が下りた後で、また、緞帳が上がって、司会から「これで、収録は終わりました。みなさま、ありがとうございました」というような挨拶がある場合がほとんどです。出演者からも挨拶があったりするので、

お楽しみという意味では、トークショーなどでは、収録終わった後で、出演者が雑談をして、意外な話が出てきたときもありました。

収録後、『笑っていいとも』のCM中みたいな光景が見れるかも……という期待でみなさん待っているのではないかと思います。

◎質問者からの返答

ご回答有難うございます。状況がわかりました。


4 ● unknownmelodies
●13ポイント

多くの番組では「プレゼントコーナー」があると聞きます。

人は命令よりも損得勘定の方で動くということでしょうか。

http://www.nhk.or.jp/event/

◎質問者からの返答

有難うございます。やはりそんなもんですか。なるほど


5 ● 狂人日記
●11ポイント

そんなん、収録終了後になんかプレゼントがあるからに決まってるじゃん。

へー、東京のスタジオ収録だと、ないんでしか。カワイソーに。

ダミーhttp://www.imb.me-h.ne.jp/~kihara/

◎質問者からの返答

有難うございます。やはりそんなもんですか。なるほど。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ