人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「フランツ・リストはドビュッシー、ラヴェルらの印象派の先駆者である」という説は正しいですかそれとも誤りでしょうか?

●質問者: azabuzyuban
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:ドビュッシー フランツ・リスト ラヴェル 印象派
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● flying_baobab
●100ポイント

ヴラディミール・ジャンケレヴィッチの指摘のような、特に、ラヴェルのピアノ書法への影響という点では先駆者といっても正しいのではないかと思います。

http://www.hakusuisha.co.jp/FMPro

◎質問者からの返答

早速にありがとうございます。


2 ● umacasalaranja
●100ポイント

ピアノのペダリングについて

特にリストの作品の数多くにおいてトレモロのようなペダリングを要求しています・・・・

リストこそは、ロマン派の次に現れる印象派の先駆者であったと言えましょう。

以上の記述が下記にありますので、正解でしょう。

http://www.zen-nichi-en.com/revue-essay/index.htm

◎質問者からの返答

本当ですね。


3 ● aiaina
●100ポイント

http://www.geocities.jp/aesthetik_der_tonkunst/

http://homepage3.nifty.com/tutti/oche2.htm

こちら参考になりそうです

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ