人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

78歳の父が肺ガンと診断され、自宅で闘病しております。
痛みはないのですが、とにかくダルいらしくて、食欲がなく痩せる一方で困惑しています。最近は点滴してもあまり元気が出ません。
どなたかダルさを取る食材や食欲を増す食材(現時点では牛乳やジュースなどの液体しか飲めない状況です)をご存知でしたら教えてください。
よろしくお願いします。

●質問者: troutkoba
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:ジュース ダル ダルい 牛乳 食材
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● moaizo
●15ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%B7%E3%82%84%E3%81%97%E9%...

冷やし飴なんか、どうですかね。生姜には健胃作用があるみたいですから、食欲がわくかもしれません。生姜風味のお菓子も、昔からありますし。

レシピ

http://www.murakami-s.com/recipe/rec_con/1054.htm


2 ● aiaina
●15ポイント

うちの身内もおなじでしたので解ります

食欲は、そういった食材などで出るものではなかったです。

一番効果的だったのは、本人がうれしいと思うことがあるときでした。

孫の自分が遊びに行ったときは、今まで食べれなかったモノが、その日の夕飯は完食でした!

心が大切なんです。

意識的に、何か心に働きかけたほうが、人の回復はずっと早いんです。

少し部屋の環境を変えたり、何かきれいな植物を置いたり、楽しいと思えるようなことをしてあげたほうが、効果的です


3 ● maxthedog
●15ポイント

まずはじめにお詫びします。私は医者ではありませんし質問者さんのお父様の病状もわかりませんので、外れた答えをしてしまうかもしれません。以下のことは、どうぞご参考までにお読み下さい。

緩和ケアと言うことはご存じですか? 病気による身心的な痛みや不快感を取り除くことを目的とした治療のことです。病気の症状や治療の副作用による痛みや不快感を取り除いて快適に過ごすための治療をするもので、癌などの病気の治療に並行して行われたり、病気が不治の段階に至った時に病気に対する治療をやめて緩和ケア治療のみで行われたりします。お父様の病気や治療によって苦痛な状態が続いているのであれば、癌の治療と闘病に並行して緩和ケアをするべきかどうかを検討してみてはどうでしょうか。

去年家族を癌で亡くしました。再発による末期の癌で治療の効果が期待出来ない状態となり、本人の希望で癌治療はせず緩和ケアのみをして残りの日々を快適に過ごすことを選択しました。たまたま私が緩和ケアについて聞いたことがあり、結果として緩和ケアを闘病生活の選択肢に含めることが出来ましたが、現状では緩和ケアは日本に於いてまだまだマイナーな存在で、医師の間でも認識不足や無理解などがあるように思います。私はその治療を受けた家族を持った友人がいたり、学校の同級生の医師の友人がいたので情報が得やすく、それと共に書籍やネット上の情報と実際に現場に出向いて緩和ケアというものの実際を知りました。緩和ケアは在宅でも出来ます。

緩和ケアは緩和治療と言う言い方もします。また、特に終末期の緩和ケアのことをターミナルケアやホスピスケアと言うこともあります。

緩和ケア病棟を有する病院一覧

http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/index/hospitals_k.html

アマゾンのキーワードによる書籍検索

http://www.amazon.co.jp/gp/search/ref=nb_ss_gw/?__mk_ja_JP=%...

どうぞお大事に


4 ● booboo_002
●15ポイント

私の父も肺がんでした。

訪問診療を受け、食欲がなくなってきてからは、下記のエンシュアを利用していました。栄養補助食品でカロリー摂取のため、かなり甘い味がついていますが、お酒をやめてからは、果物と甘いお菓子を好んでいましたので、抵抗なく飲んでくれました。

http://www.zaitakuiryo-yuumizaidan.com/jissai2-1.htm

この文献の下のほうに、栄養補助食品の一覧があります。


だんだん、液体でむせるようになってからは、

http://www.weider-jp.com/jelly/essence.html

ウィダーインゼリーは少しずつでしたが、口にしてくれました。


病気からくるだるさは、なかなか取れにくいと思います。うちでは必須アミノ酸やミネラルが取れ、栄養バランスが少しでもよくなるようにと考えましたが、あまり目を見張るような効果は現れませんでした。


むしろ、だるさの解消のために、足や手をマッサージすると楽になるようでした。お父さんの表情や反応を見ながら、試してみてはいかがでしょうか。楽しかった思い出話などをするのも、気を紛らわせる事ができたようです。

口当たりがよく、好んで食べるものを、食べやすく工夫して差し上げてください。お父さんに対する気持ちが一番じゃないかなと思います。


5 ● aka-maguro
●15ポイント

troutkobaさんへ

お疲れ様です。

正しく答えられないのでポイントは結構です。

私も2年前に癌の母を看病していたのですが、

現在、お父様は抗がん剤の治療のクールではないでしょうか。

母は抗がん剤投与中は食欲不振、倦怠感、嘔吐がありました。

抗がん剤の休み期間に入ると食欲も戻りましたよ。(倦怠感も)

治療中は無理に経口からの摂取にこだわらずに、

点滴で補えますので医師に相談してみてはいかがでしょうか。

アガリクスなどの民間療法は母の場合は合いませんでした。

民間療法はあまりオススメできません。(賛否あると思いますが)

お父様のご看病、大変かと思いますが

troutkobaさんもお体に気をつけてください。


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ