人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

会社法6.会社法を勉強しています。会計監査人とはどのような人ですか?またどのようなときに頼むのですか?

●質問者: perule
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:会社法 会計 勉強 監査
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● Aoitori
●35ポイント

資本金5億以上ないし負債金額200億以上の商法上の大会社において、会計監査おこなう監査法人ないし公認会計士。大会社では、株主総会で職業的専門家としての監査法人ないし公認会計士を選任し、その会計監査人の監査を受けなければならない。また、資本金1億円以上5億円未満の中会社であっても、「みなし大会社」として会計監査人の監査を受けることも可能。

http://www.er.tohmatsu.co.jp/keyword/html/key006.shtml

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● daikanmama
●35ポイント ベストアンサー

こちらが一番わかりやすいかと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9A%E8%A8%88%E7%9B%A3%E6%...

会計監査人(かいけいかんさにん)とは、株式会社における機関のひとつであり、会社の計算書類などを監査することを主な職務・権限とする。公認会計士または監査法人のみが就任することが出来る。

「どのようなときに頼む」かについては、こちら。

http://www.maiei.net/kablog/archives/2005/05/post_565.html

資本金5億円以上、また、貸借対照表の負債の部に計上した合計金額が200億円以上の会社は、監査役の監査以外に、株主総会で選任した会計監査人の監査を受けなければならないと商法の特例に関する法律で決められています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

分かりやすかったです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ