人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

地方公共団体の情報の公開により市民の政治、社会への関心が明らかに高まった事例などあるでしょうか?そこまでないなら、審議会の議事録が公開されたためになんらかの社会的な影響があった程度のものでもいいです。政府でなくて地方公共団体ですのでよろしくお願いします。

●質問者: isogaya
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:地方公共団体 審議会 市民 政府 政治
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● gryphon
●30ポイント

具体的な内容ではなく書名の紹介で

申し訳ないですが、有名な「行革パン屋」

の著書はそういう例がたくさん書いてあります

http://www.gyoukaku110ban.jp/contents/book.html


2 ● aiaina
●10ポイント

http://kraft.cside3.jp/yokohama.htm


地方公共団体の自主性及び自立性が高まる中で、市民が市の諸活動に関心を持ち、市民の市政への参加を促進すること

こちらはどうでしょう?


3 ● sami624
●22ポイント

http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/about002.shtml

何を持って社会的影響と定義するかが難しいところですが、議会の議事録等がHPに記載されたことによって、地方政治に興味を持ったのは事実です。


4 ● arakai
●28ポイント

三番瀬問題が筆頭に上げられるでしょう.

2001年から始まった通称円卓会議では傍聴する方々も自由に発言でき、傍聴者数は延べ6千人を超えたそうです(2004/03 広報より).また議事録の公開だけでなく,一般市民も委員にはいっています.


議事録はこちら

http://www.pref.chiba.jp/syozoku/b_soukei/sanbanze/conferenc...

こちら

http://www.pref.chiba.jp/syozoku/b_soukei/sanbanze/conferenc...

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ