人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近のMacにはペイントソフトが付属していない理由は何でしょうか?

●質問者: dayofgreen
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:MAC ソフト 付属
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● riku3
●23ポイント

iPhotoというレタッチソフトは付属してますけどね。

キッドピクスみたいなお子様用のソフトなんか入ってるとうれしいですよね。


2 ● macos-x
●23ポイント

ジョブズCEOが必要ないと考えているからでしょう。AppleはジョブズCEOのワンマン会社ですから。


ではなぜ必要ないと考えているか。

Appleは数年前からMacを中心としたデジタルハブ構想を掲げています。その中で画像を扱うものはデジタルスチルカメラと連動するiPhoto、デジタルビデオカメラと連動するiMovieです。

http://www.apple.com/jp/ilife/iphoto/index.html

http://www.apple.com/jp/ilife/imovie/


ペイントソフトで絵を描くより、カメラで撮影したものを加工するほうが現代では重要だと考えているのだと思います。


3 ● junono
●22ポイント

インターネットの利用が一般的になってきて、ネット上から優れた機能のフリーのペイントソフトもダウンロード可能になったからじゃないでしょうか?


4 ● sokyo
●22ポイント

こんにちは。

うーん、そうですね。

最近のMacに最初からバンドルされているソフトはiLifeに入っていますね。

このiLife、ユーザがゼロから何かを作るようなソフトではない、

という点での共通点があります。

画像を扱ったり、それが動画だったり、音楽だったりしますが、その点は共通です。

GarageBandを考えればわかりやすいのですが、

いくつか素材が用意されていて、ユーザはそれを加工するだけで

何かをつくるコトができる、というコンセプトなわけです。

ペイントソフトというと、それは概してユーザがゼロから描いていくモノです。

これが今のAppleのコンセプトと合わないのだと思います。

逆にいえば、そうでないような、まだ私たちの思いつかない、

ゼロから描くコトのないペイントソフトなら、

Appleは開発する可能性があると思っています。

iLifeにはありませんが、Pagesも同じコンセプトですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ