人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【ネタだけれどもマジ】
人力検索タイプ質問、いわしタイプ質問、アンケートタイプ質問。
http://q.hatena.ne.jp/のサイトでは現在3つのタイプの質問が出来ます。あれれ、質問が出来るだけです?
かつてhttp://www.hatena.ne.jp/のサイトでは人力検索と言う行為が出来たのですが、今は人力検索っぽい質問は出来ても人力検索は出来なくなってしまいましたか?

はてなアイデアに次のようなアイデアを進言しようと思っています。
【第4の質問タイプ「真・人力検索」。回答者は質問者が望むURLを探し・コメントと一対にして回答する。質問者が未読の回答リストでは既読と重複しないURLの数が確認出来る。】(83文字)

このアイデアに賛成か反対かを最初の2文字にした回答を下さい。そして上記83文字のアイデアに関する意見を教えて下さい。賛成のヒトは意地でもURLを使って。(笑)

関連⇒idea:11495/idea:11496
参考⇒question:1126717414

●質問者: キチョー id:Kityo
●カテゴリ:はてなの使い方 ネタ・ジョーク
✍キーワード:idea: question: いわし はてなアイデア アイデア
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● ElekiBrain
●21ポイント

http://i.hatena.ne.jp/idea/2761(本文とは関係ありません)


「賛成」


すみません、「最初の二文字」という意味が分かりませんでした。これでいいんでしょうか?

URL必須の場合、重複しないことは非常に重要です。質問者も、回答者も探す手間が省けてよいアイディアだと思います。

しかしながら、そもそも私はGoogle等で調べても載っていないことを、回答者の経験と知識で答えることこそが「人力検索」の真髄であると考えています。従って、URL参照自体に対し、若干否定的ではあります。他サイトとの区別がつかなくなってしまう恐れがあるためです(完全撤廃というほど極端な考えではありませんが)。

◎質問者からの返答

最初のの2文字の意味はそんな感じでOKです。

ElekiBrainさんお久しぶり、回答ありがとうございます。

2006.03/13のリニューアル後の今のq.hatena.ne.jpは「人力でURLを探す」と言うオンリーワンだったものを失ってしまった点で、他のQ&Aサイトと大して変わらなくなってしまった感があると思います。

もう1つの有力な差別化だった「非常に換金性の高いポイントをユーザー間でやりとりする」ほうも、色褪せつつありますし。

兎も角も前者だけでもオンリーワン復権して欲しいものと考えています。


2 ● jyouseki
●16ポイント

「真・人力検索」という表現では、何がどう違うのかよくわかりません。

では人力検索タイプの質問は偽なのかと・・・(笑)。

でも重複するURLの回答を許すのか許さないのかを質問者が選べることにするというのは大変有効なアイディアです。

現在、3つ以上も同じURLの回答があって、質問者がうんざりしているときがありますから。

http://q.hatena.ne.jpダミーです。

◎質問者からの返答

回答ありがとうです。

現在、3つ以上も同じURLの回答があって、質問者がうんざりしているときがありますから。

ありますか?

いや、あるんでしょうねぇ。

僕の印象では、かつてレガシー人力検索で少なくなかった「○○なページを教えて下さい」と言った内容の質問を、めっきり見かけなくなったと感じています。

そう言った内容の質問がまだまだあるなら、「真・人力検索」なり「レガシー人力検索」なりの需要があると言うことですよね。

「真・人力検索」ではなくて良いネーミング案があれば、回答で教えて下さい。>jyousekiさんに限らず。


3 ● 狂人日記
●16ポイント

dummy http://q.hatena.ne.jp/

意味、完全にはわからんけど、とりあえず賛成。

コンビに行って帰ってきたら、ゆっくり考えます。

◎質問者からの返答

ElekiBrainさん以外は質問文面をよく読んではくれてないのでしょうか?

まぁ賛成票は嬉しいンですが…。


暫定回答、ありがとうございます。

コンビニから戻られてましたら本回答をお願いします。


4 ● TomCat
●30ポイント

賛成。

http://web.archive.org/web/20020118165343/http://www.hatena....

URLは、昔のはてなのトップページです。

元々「はてな」というサイトは、

探しているページを言葉で質問すれば

代わりに誰かが探してくれる

それが 人力検索サイト はてな です

という存在でした。

しかし「専門はてな」の登場によって、「知りたいページを聞く」という特殊なQ&Aの領域に特化する傾向は薄れ、次第に「知りたい"こと"を聞く」サイトに変化していったわけです。

http://www.hatena.ne.jp/iwashi?mode=detail&iid=19026

そして、後には近藤社長自ら、はてなの本来の趣旨を

「分からないことをきく」

と規定する発言を行い、さらにリニューアルを通して、「言葉でたずねてURLで答える」という検索代行から、「言葉でたずねて言葉で答える」という多様なQ&Aに活用できるサイトに成長してきたわけです。

これは、私はとても好ましい発展であったと評価しています。この方向性での発展があったからこそ、豊富なユーザーコンテンツの蓄積が物を言う、ネット界屈指のサイトに育ってきたわけです。

これが単なる検索代行だけのサイトなら、過去の回答の多くはリンク切れとなって、役に立たない物として捨てられていく運命にあったでしょう。

ま、そんなわけで、今の「人力タイプ」質問のあり方はとても好ましいと思うのですが、多様なニーズに対応できるあり方に生まれ変わったからこそ、その中のタイプの一つとして、敢えて「検索代行」というクラシックな存在を再登場させていくことは、はてなの多様性をさらに育てていくために、とても役に立つと考えます。

ただ、すでにはてなでは検索代行にとどまらない多様な質問がデフォルトですから、「人力検索クラシック」(笑)においては、

この質問タイプは、探しているページを言葉で質問すれば、代わりに誰かが探してそのURLを教えてくれるという、真の意味での「人力検索」専用質問タイプです。回答として求める内容がページのURLでない場合は、通常の人力検索タイプを選択してください。

といったガイダンスが必須でしょう。でないと、「真」タイプと「通常タイプ」はどこが違うの?どういう使い分けをしていけばいいの?といった質問が続出します(笑)

とかく、はてなというところは説明不足なサイトですから、新しい企画を提案する時には、どういう説明を付して他との混同や混乱を避けるべきか、というところまで含めて提案しないと、うまくいかないようです(^-^;

◎質問者からの返答

流石はTomCatさん、模範解答回答と思います。最初の2文字もバッチリですし、キッチリ意地でもURLを使って下さいました。

回答ありがとうございます。

そしてはてなアイデアの85文字では舌足らずになりそうなトコロをこの質問ページで補いたいと思う僕の意図までしっかり読み取って頂けたらしく、とても嬉しいです。

ガイダンス案も良いですね、アンカーっぽいところを思わずクリックしたくなりました。(どこが違うの?と言った質問をウォッチするのも楽しそうです。特にTomCatさんの回答を読みたいかも)

そして第2回答へのコメントを見越していらしたかのようにネーミング案まで入れて頂きました。

「人力検索クラシック」も素敵なネーミングと思います。


昔のいわし画面を久しぶりに見ました、懐かしいっ。


既出のネーミング案


5 ● sami624
●20ポイント

http://homepage3.nifty.com/sami624/index.html~030915

反対。83文字という文字制限では、具体的な説明ができないのでは。

◎質問者からの返答

sami624さんの波乗り三昧も、随分とお馴染みになった気がします。

回答ありがとうございます、最初の反対票でした。

※はてなアイデアのアイデア文面の制限文字数は85文字です。83と申したのは上の文面案の文字数です。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ