人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

給与(雇用)の体系について質問です。
年俸制とか固定給制とかいろいろありますが、
この辺について詳しく解説しているサイトを教えて下さい。
年俸制等々というのは、法律で定義されているような制度なのでしょうか?
それとも、特定の給与の決め方をそういう風に便宜上総称しているだけなのでしょうか?
その辺りも含めて、給与や雇用にまつわるetc.の載っているサイトをなるべく多く教えて下さい。
給与だけじゃなく、
正社員/契約/派遣/バイトなどの雇用体系などの差も、
法律等を絡めながら解説しているサイトがあればよろしくお願いします。
ちなみに、単なる個人的な興味なので、なるべく幅広く教えて下さい。

●質問者: match7
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:etc. サイト バイト 便宜上 制度
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● komap2
●23ポイント

http://www7a.biglobe.ne.jp/~tsudax99/tebiki/nenpo/nenpo.htm#年俸制導入時の問題

年俸制についての労働法での特別な定義は特にありません。

年俸制とは言っても年に1回貰うわけではなく、毎月1回給料を支払うという労働法の原則に従うことになりますし、あくまでも会社が契約社員に対して年単位の給料を決めておくというだけのシステムです。

残業なども普通に支払われます。


年単位の契約ですので、正社員には適用されません。


上記のサイトには雇用体系の差などについてもいろいろと書いてあります。

◎質問者からの返答

僕は研究者ですので、

ベンチャー企業の研究職の求人とかを見ると、

かなりの割合で、年俸制のところが多く見られました。

年俸制っていうのは、どういう風に企業側にとって有利なんだろう?と思って聞いてみました。

何となく、いろいろ分かりました。


2 ● sami624
●23ポイント

http://www.houko.com/00/01/S22/049.HTM#s3

http://www.houko.com/00/01/S22/049.HTM#s4

(時間外、休日及び深夜の割増賃金)第37条 使用者が、第33条又は前条第1項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の2割5分以上5割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

基本的には、固定給+時間外手当となりますが、管理役職者等時間外手当の付かない社員に対し、毎月いくらという金額設定をし、支払うものです。労基法上の規定はありません。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

でも、1さんのリンクで大体分かっちゃったかな。


3 ● pikupiku
●23ポイント

http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/tinnginn.htm

http://www.jnews.com/kigyoka/2001/kigyo0123.html

http://homepage3.nifty.com/54321/chingin.html

◎質問者からの返答

いろいろと分かりやすかったです。


4 ● HONMA9691
●23ポイント ベストアンサー

http://www.sabcd.com/16tinnginn/index.htm

賃金制度の基本

http://www.roumu.com/hon/jmas_index.html

ゼロから賃金体系を考える

http://www.matsui-sr.com/tingin/tingin.htm

人事賃金制度web 賃金決定の考え方

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

大体、これで全体像というものが分かりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ