人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

■報酬・料金等の源泉所得税について教えてください。支払先が法人の場合、源泉徴収は必要か?
例:A社がB社から講師派遣を受けて、社内セミナーを行った。A社がB社宛に「講演料」を支払う場合、源泉徴収をするのか?

●質問者: HATABON
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:セミナー 報酬 所得税 法人 派遣
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● a98jed
●23ポイント

利息や証券等の運用益などは分離課税として、源泉徴収することはありますが相手先が法人の場合、普通は源泉徴収などしません。

相手先の法人で納税しますから。

ただし、相手の実態が個人であるとみなされるような場合は

源泉徴収を行う必要が出てくるかもしれません。

http://www.nta.go.jp/category/yousiki/gensen/annai/1648_34.h...


2 ● pikupiku
●23ポイント

http://www.taxanser.nta.go.jp/2792.htm

1 源泉徴収が必要な報酬・料金等の範囲

(2)

報酬・料金等の支払を受ける者が法人の場合の源泉徴収の対象となる範囲

「馬主である法人に支払う競馬の賞金」




必要ないでしょう。


3 ● HONMA9691
●22ポイント

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/zeikin/20050714mk11.htm

法人の場合の源泉徴収の対象所得

法人の場合は、(1)利子等(2)配当等(3)定期積金の給付補てん金等(4)特定の匿名組合契約等に基づく利益の分配(5)馬主が受ける競馬の賞金(6)懸賞金付預貯金等の懸賞金等(7)割引債の償還差益、が対象


源泉徴収の対象とはなりません。


4 ● daiyokozuna
●22ポイント

http://www.jfast1.net/~nzeiri/gensen/gensenTaisyo.htm

源泉徴収の対象となる所得の範囲

内国法人に支払った場合

利子等 、配当等

定期積金の給付補てん金等

特定の匿名組合契約等に基づく利益の分配

馬主が受ける競馬の賞金

懸賞金付預貯金等の懸賞金等

割引債の償還差益


これらに該当しない場合、必要ないのでは?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ