人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【中学3年生 家庭教師】
怒る、叱る、言葉で説明して理解させる・・・その他色々あると思います。説明して、理解したけどなかなか実際の行動につながらない中学3年生(特に勉強面)について、どのようにサポートしますか。
今の所、根気強く説明して、言って聞かせています。その時ばかりは「分かりました。言う通りです。やります。希望校には行きたいです。」と言うのですが、次の日になるといいわけばかりしてあまり行動にはつながりません。
「命に関わる事に関しては、力ずくも含めてあらゆる手段を使って止めれば良い。」このあたりは、大体そんな感じがしますが、それ以外の部分は、どうしたもんだか。親がしかってもあまりこたえてないようだし、まさかに体罰ってわけにも行きませんし。
「勉強が出来なくて、希望の高校に行かれなくて困るのは本人なのだから、ほっとけ。」というのも、確かに正論ではあるのですが、家庭教師をしている私としては、親からのリクエストもあり、現実的にはそういうわけにもいかないもので・・・。

●質問者: edohana
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:いいわけ いもの サポート リクエスト 中学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 36/36件

▽最新の回答へ

[1]本人に言わせる kurukuru-neko

希望校に行きたいのに

何をするかを本人に宣言させる。

判りました。言うとうりは既に責任転換しています。

何をどうするかを言わせる必要があります。


[2]学ぶ楽しさ、喜びを教えるのが家庭教師 TomCat

どんなに受験に意欲を燃やしている生徒でも、学ぶ楽しさや喜びを掴んでいない生徒の場合、なかなか成果が上がらないですよね。周りに負けたくないからとか、受験が不安だからという動機で勉強に取り組んでいる状態では、どんなに「やる気」のある生徒でも限界があるんです。

そこで、生徒の個性を最大限に生かせる君だけの先生、「家庭教師」の出番になるわけじゃないですか。普通、良くできる生徒に対しても、そこが基本なんですよ。

中学生の段階は学問の基礎を固める段階ですから、目的意識だけじゃ息切れしてしまうんです。ただ目標を設定して、そこに向かわせるだけじゃ燃料不足なんです。そこで、学ぶということはこんなに面白い、自分が成長する実感を得るということは快感だ、そういう「目覚め」を提供してやるわけですね。それが上手くできれば、生徒は教える側の予測を遥かに超えて伸びていける可能性が出てくるわけです。

良くできる子に対してさえそうなんですから、元々やる気のない生徒に、どんな目的意識を説いても、どんな目標を与えても、思い通りになんて動いてくれるはずがないわけです。

むしろ、今は本当は勉強が嫌で嫌で仕方がない、というのが正直な所じゃないですかね。

とにかく生徒の個性をよく掴んで、学ぶ喜びというのを実感させることが先決です。まずはちょっと受験勉強から離れて、生徒が今何を考えているのか、それを綿密に知る所から始めてみましょうよ。

人生って何なのか。生きる目的って何なのか。生きる喜びって何なのか。そんなメタな所からじっくり討論しあってみるのがいいと思います。その中から必ず、どう誘導していけば学ぶ意義とその喜びが掴めていくか、方針が立ってくるはずです。

案外、そんな人生論を戦わせていると、けっこう中学生に教えられますよ。そこを伸ばしてやればいいんです。ご健闘ください。


[3]希望校 fuk00346jp

中学3年生(特に勉強面)

一つランクを落とせばその学校では上位キープ出来る(今のままの勉強スタイルだとしてです。堕落したら元の子も無いですがね。)んで内申点は希望校に行った時より良くなります。推薦も滑り込みやすい。


[4]できそうなことを確実にできるように tomotaka0310

とりあえず、その子が苦手なことで

できそうなことから始め、

どうやったらできるのか教えることから始めたらどうです?

できてないことが確実にできるようになれば

その子の自信にもなるんじゃないですか?


[5]一度突き放してみる。 syuzabu

周りに誘惑の多い環境ですと、中学生ぐらいだと

まだ精神的に弱いのでついフラフラ?と楽な方に流れがちですね。


親御さんと相談して一時的に家庭教師を辞めるのは如何ですか?

「今の状況(生徒さんの態度)からだと希望の所に行かすのは難しい、

勉強方法検討し直すので一度時間を下さい」みたいな感じで・・・


多分、親御さんは焦るでしょうし・・・生徒さんも本当に希望校に

行きたいのであれば少しは真剣に考えてくれるのではないでしょうか?

切羽詰まった状態に追い込むと人間本気になりやすいです。


・・・まぁ、他の人(家庭教師)探すと言われればそれまでですが(^-^;)


[6]信頼関係を築くのが第一ですが spring_haze

数年間塾講師をしていました。

指示したことを実行させるには、相手が自分を信頼してなければ無理です。ですから、信頼関係を構築することにまず力を注いでください。

信頼関係構築の方法については、ここに書くには余ります。あなたの経験に基づいて実行してみてください。

よい教師とは「学ぶことの楽しさ」を教えることができる教師であると思いますが、そんなことが出来るのは一握りの人間だけだと思います。

もともと素質が無い人間に対しても「自発的に学ぶ」ことをさせられる人間(教師)とはそうそういないのです。少なくとも私には無理だった。私はそのことに気が付いて塾講師を辞めました。


[7]先々を見越したレクチャーを tosyosisyo99

何になりたいか、逆説的に攻める

ケーススタディにする。

将来就きたい仕事があれば、

その仕事内容から、この学部に入る勉強をする為には

この高校へ行った方が有利だよとか、

もし、仕事の内容が具体的に決まっていなければ、

文系も理系も選択の余地がある

総合大学に入るためには、この高校なら有利だよとか。

具体的なビジョンや動機付けがないと、

勉強する気になれないですよね。

学問的なレクチャーをしてやってください。

(大学のパンフレット取り寄せるとか)


[8]絵が上手なら、 takahiro_kihara

マンガを書いて教えてあげる、というのは?

人は見た目が9割だから、こと日本においては

見た目は大事です。見た目に訴えかけるもの、

として、映画、じゃなかった、マンガが良いのでは?

あくまで、言葉というのは、(究極の)記号に過ぎません。文字も、川端康成クラスならノーベル賞もらえますが、普通はムリですもんね。


[9]的外れかもしれませんが temarix

あの、私も勉強は苦手な方でしたので、よくメモっていました。

その近い目標を書き出してそれを実行していくというもので。

大まかな最終目的から今の位置までの目標を書き出した後に、

実際に出来そうな、割と簡単な事を細かく書いて、

(これならば出来そうだという範囲)の物をどんどんつぶしていく。

小さな事からこつこつとだと思うので。

あまり気張らずに小さな事からクリアさせていく感じで

どうでしょう?

それとカウンセリングというか勉強する時間以外に話し合う時間を

多く取った方がいい気がします。お互いに相手の話しを受け入れられるくらいまで。抑え付けない感じで。それと小さな子も大人もそうだと思いますが出来るだけ評価をしてあげるという事は大事だと思います。小さな事でも誉められると意欲が沸いてくる気が。。。

あまり答えになってなくてすみません。


[10]>2 それが理想形でしょうね。 castle

無理やり勉強させてさらに勉強嫌いになったところをまた無理やり勉強させ続けるのはどう考えても負のスパイラル。

せっかくマンツーマンで教えられるチャンスにあるのですから、そういう負の連鎖を断ち切れるところまではいかなくとも、そういう努力をしてくれた先生と出会い、教わったという経験がその子にとってかけがえのない力になるんじゃないかと思います。

あ、といってもやたら手取り足取り構うだけが楽しい勉強とは限らないのが難しいですか。延々とパズルを解かせて自分で考える力を養わせるという塾もあったりするそうですから。

その辺は阿吽の呼吸というか、人間力?


[11]私もそうでしたが..無力で良いんじゃないでしょうか tyaikazu

希望校と本人の成績は、どの程度離れていますか

普通に努力の範囲でしょうか、それともかなりがんばらないと

難しい範囲でしょうか、文面からはまあまあ大丈夫では、と判断しました

私が受け持ったある生徒は、ほんの少し努力すればOKの状態で

私を「保険」として雇った感じでした。本人も「あなたは親に金で雇われた」→「関係ねーよ」状態でした。

だから、最初の2ヶ月は混乱。客観的にみて大丈夫と判断したから

次の3ヶ月は中1・2の復習でとにかく良い点をとれる小テストを繰り返しました。

(生徒から言い出してくれたらラッキーとも思ってましたが)

そのうち自ら3年の勉強をする気になってくれて、合格!

その後、手紙をもらいましたが、こちらの真剣さを見ていたのですね。

最初の2ヶ月が一番印象深かったようです。

向こうも人間ですから、こちらを利用しよう!と積極的になってもらうまでは、

こちらも人間であることを見せるしかないと思います

そして、そんな混乱するあなたが真剣であれば、

大変だとは思いますが、必ず伝わります。時期が来ます。安心してください。


[12]「大人の都合・価値観」ではないのはなにか i_am_partner

家庭教師経験がありますが、子どもが大人に反抗心を持つときって、たいがい大人が大人の都合・価値観で、勉強やらせたり、進学を勧めたりするときです。

大人から見れば、荒があっても、子どもには、子どもの考えや感じるものがあります。

まず、そこを理解し、受け入れることから、教育が始まるのだと私は思っています。


また、子どもは子どもで受け入れられていると感じれば、大人の価値観も、ただ反抗するだけではなく、理解しようとします。

言葉にすれば、当然のことかも知れませんが、

理解し受け入れるから、相手も理解し受け入れてくれる

のだと思います。


[13]持論なんですが・・・ masatoshi-y

家庭教師の場合、ほとんどが大学生のバイトであると思います。

本業で家庭教師をしている人は少ないと思います。

僕も家庭教師暦は長く、大学生のときはずっとやっていました。

そのときの経験から、一番最初の授業のときに、次のことを言います。

・僕は大学生であること→僕の職業は学生なんで、プロの家庭教師じゃないよ・・・ってこと

・プロの家庭教師でないので、やる気は自分で出してください。

・やる気があったら、全面的にサポートするし、僕が勉強を教えることで、飛躍的に成績が伸びる可能性があります。

・やる気がないと、僕は数時間体育すわりして、ケーキと御茶をいただいて、お金をもらって帰ります。

・だから、結局やる気を出してね・・・


こんなことを、はじめの授業で言います。


[14]あきらめる himawari77777

熱心に教えるのやめる。相手の言うように

やらせる。そしたら案外やる気になったりして

あと下手にでたり


[15]アナタが舐められているのでは? doriaso

私も家庭教師をしていました。

大体が、親は真剣でも子供はイヤイヤ、っていうのが普通でしょう。

アナタが感情を表に出す必要はなくって、淡々と勉強だけ教えてやればいい

と思います。あなたが思っていることは"親に"伝えるべきです。

「本人に全然やる気も危機感もないので、このままでは合格は難しいと思い

ます、私は勉強は教えますが、本人の気持ち面までサポートする契約では

ありません。どうしましょうか?」

普通の親なら「子供にしっかり言っておきます」と言うと思いますが、ま、

家庭教師を変えられるかもしれませんね。それでもいいでしょう。そういう

親は合格できなかった責任をアナタに押し付けてきますから。

子供との信頼関係なんて、気にすることありません、アナタは勉強、受験の

テクを教えるためだけと割り切ればいいんですよ。


[16]人を動かす極意 mass3

旧日本海軍司令長官 山本五十六さんの言葉です。

やってみせ

言って聞かせて

させてみて

誉めてやらねば

人は動かず

質問者さんは学生さんかな?この極意は会社でも使えますよ。

また、「叱る」事は必要ですが「怒る」事は不必要な場合が多いですよ。


[17]本人とよく話し合う。 mimo815

相手の事をわかっていないのに、勉強だけ教えるのは無理だと思います。

どういう子か、何を考えているのか等最低限わかっていないと、人の気持ちは解らないと思います。

人間だれしも、好き嫌いはあるのですから。


[18]話を聞く姿勢 ratonantena9-12

をあなたが見せればいいのではないですか?

あなたは仕事なのできっと一生懸命に教えようとしてると思います。

少し肩の力を抜いて接してみるといいと思います。

この中3の子はきっと親が家庭教師つけたからしかたなくやっているように思えます。今は中3の子が与えられたものをただなんとなくうけとっているだけのように思えます。お互いがキャッチボールできる状態ではないということです。

この子と話し合ってこの子が本当にいきたい希望校を聞いてみるといいと思います。親が望む学校ではなく、多少レベルが下がってもこの子が行きたいとおもっている学校に行くための勉強なら前よりも積極的に勉強するのではないでしょうか。この子が勉強や受験に対してどう思っているか聞くと教える際のヒントにつながるのではないでしょうか?

あと勉強の終わりに分かったところを聞くといいですよ。

人は分からないところを聞きたがりますが、生徒のほうはめんどくさいので分からないところはないと言うと思います。ですが、分かったところを聞くと分かったところないとは言えないと思います。

分かったところをこの子に説明してもらうのです。そうすればこの子自身が受動の姿勢から能動の姿勢で勉強をするきっかけになると思います(わかった所を聞けば苦手も浮き出てくる)。

それでも、ダメなら距離をとって割り切って勉強だけを完璧に淡々と教えていけばいいのではないでしょうか。あなたは精一杯知識を与えるだけをすればいいと思いますよ。成績が上がらなければ親から文句を言われるかもしれませんが、あなたがやるだけのことをやっていれば親は文句を言えないと思います。

人に教えるのは大変だと思いますが、あまり考えすぎずがんばってください。


[19]パブロフの犬 kazumori7

言うことを聞いた時に必ずご褒美を上げるのか効果的です。

例えばお金を上げるとか、焼肉を食べさすとか、ゲームのソフトを買ってあげるとか、汚い話ですが、子供も大人もインセンティブがないとやりません。


[20]試行錯誤は大事ですが、できることには限界があるでしょう Buchicat

「理解したけどなかなか実際の行動につながらない」というのは具体的に何をやらないのでしょうか?

edohanaさんが出した宿題をやらないということでしょうか?宿題以外の受験勉強を自発的にやらないということでしょうか?

宿題をやらないのだとすれば、宿題の出し方は適当かどうか見直してみてはどうでしょう?

家でどうしても一人で勉強できないのだとしたら、どうすればできるようになるか話し合ってみてはどうでしょう?

宿題以外の「受験勉強」だとしたら、具体的なやり方は説明してあるんですよね?口頭の説明だけでなく紙にも書いていますか?

不規則活用は毎日5回暗唱するとか。計算練習を毎日10問やるとか。

その生徒さんの学力はどれくらいですか?そもそも勉強が嫌いな子は基礎学力が足りないことがあるので

小学生くらい(英語は中1)のところから始める必要があったりもします。

数学が全くダメで授業にも集中できなかった子が、小学生レベルの計算に戻ってやり始めたところ

とても集中して計算練習するようになったという経験があります(ただしこれは中2の生徒さんです。しかも毎日塾に来ていました)。

もし試すとしても中3、それも夏休みも終わろうかという時点ではとても受験に間に合わないという気もしますが…。

いずれにしても週1〜2回?の家庭教師でできることには限度があります。

いろいろ試行錯誤して努力して結果が出ればラッキー、出なかったらごめんなさい!と

自分が納得できるところで割り切るしかないように思います。


[21]>6 やはり講師の力次第、だと思いますか? Buchicat

「学ぶことの楽しさ」を教えた上で、なお自発的に勉強させるまでにもっていくっていうのは理想ですが

すべての子に対してそれができるかというと…至難の業ですよね。私はそんな力はないと知りつつずるずる講師を続けているんですが。

確かに子供と信頼関係を築くというのは大事なことですけれど、ある程度時間がかかりますよね。

受験までそれほど時間がない時にもやはりじっくり信頼関係から、という方が近道だと思いますか?

時間が限られているなかで、勉強を教える時間と生徒と話をする時間が両立できると思いますか?

それは講師の力次第、ということになってしまうのでしょうか。


[22]家庭教師は割に合わない seven_stars_CF

私も家庭教師やっていました。

1時間3000円で、成績が上がるとボーナスが出ましたが

割に合いませんよね。

特に教え子の人生を背負うわけで、失敗したら洒落になりません。


本題ですが、教え子に勉強の必要性を説明しなくても良いのでは

ないでしょうか?

中学生に「やります!頑張ります!」なんて言わせても土台無理な

話で、上辺だけの約束です。

そんなことに時間を割かないで、勉強を教えておけば良いんです。

成績を上げさせるのが家庭教師の仕事なわけですから。

宿題をやらないのであれば、宿題は出さないで時間内に効率良く

教える努力をした方が手っ取り早いと思います。


成績の上げ方ですが、単純にテストに出るところを暗記させれば

成績が上がります。

テストに出るところが分からないようでしたら、家庭教師の素質が

無いと言わざる負えません。

暗記以外、特に数学ですが、これは反復練習をさせるしかありません。

ちなみに受験対策は暗記+テクニックが必要になります。


[23]山本五十六 flying_baobab

やってみせて 言って聞かせて やらせて見て ほめてやらねば 人は動かず


[24]協力者でしょ aiguo

勉強に協力しているにすぎないということを明確に説明しては。けっきょく、教師の力だけでは何もできず、本人次第だから。


[25]教えるのではなく… nayuki48

教わればいいのではないですか?教えて解き方がわかったと言った時点で類似問題を説明してもらうんです。人に教えることができるということはその人以上に自分がその問題を理解してないとできないことです。用は先生のまねごとをさせるのです。人に教えることによって理解が深まっていくことって多いですよ。あとは子供の気がのるようにうまく褒めたりしながら進めていきましょう。


[26]本当に希望校にいきたいのか・・・? akkk

その辺が怪しいとこですよね・・・。

もう夏も終わりであと半年もないのに、その状態では先が見えますね、、。

本人も希望校にいきたいわけではないのでは??

もう一度そこのところをはっきりさせないと、

先に進まない気が・・・。


[27]僕も家庭教師やっていました sena1209

生徒をやる気にさせるためには 勉強は中々すぐ結果がでません。

だから 自分はどれだけ身についているかも わからないため 砂の中で物を探す感覚みたいにあきらめ 面倒臭いということでやらないみたいです。

学習は 癖をつけることと何かの楽しみを融合させれば 結構その気になります。

僕の場合 青いボールペンを使わせ とにかく 一日にどれだけ減ったか それを励みにやらせます。例えば 小テストをやってできなければ

その文字をかかせる

それを繰り返しやることで だんだん本人が 青いボールペンを減らしたい欲求にかられてくるみたいです。

覚えるために 習得するためには 見る書く読む 五感の刺激の快感を教えることが 一番です


[28]小さい目標をコツコツと ABCRAIHU

いきなり志望校!!

いきなり勉強しろ、いきなりあれやれなんていってもたぶん中学生くらいの子なら嫌です

今日は何をする?と聞き人のペースに合わせて少しづつ進めて行き気づけば結構ペースが上がってるなんかそんな感じになればいいんじゃないですか?


[29]>15 そうかもしれません。 edohana

どうも、ここへ来て母親もあまり真剣じゃないような気がしてきました。

母親に「授業時間とは別に、一度ゆっくり時間を取って話をしたい」と言ったのですが、「忙しいので時間を取るのは難しい」という反応でした。


そのくせ「もっと伸びると思っていたのですが」的なことを、段々口にする頻度が増えてきました。

雇用契約書はきちんと交わしているので、あまり急に「今日でやめます」と言わせないように予防線ははってありますが、「来月いっぱいで」と言い出しかねない予感も。


[30]志望校に行くことは通過点に過ぎない Harlock

家庭教師に教わっている状況や書いてある文面から察して、その子は、親や周りの人たちが言っている学校に受験して受かることが「目的」のようになってしまって、「何のために勉強しなければいけないのか」と疑問を感じているのではないでしょうか?

積極的に疑問に思わなくても、軽視しているのかも知れません。

今はドラマとか周りの風潮で「勉強が出来なくたって」「勉強が出来ても人生は豊かとは限らない」という感覚が広く蔓延していますから、子供には勉強=悪のように感じているかも知れません。

(周りが言うから勉強しているだけ。。。なんでしょうね)

でも本当の悪は「自分の人生・将来を真剣に考えないこと」です。

真剣に考えて、勉強よりスポーツや音楽を選ぶならそれもまた良し。またお父さんのようにサラリーマンになって、温かい家庭を築くのも立派な夢です。

志望校に行くのは通過点に過ぎません。

まだまだ子供ですから、具体的な夢をすぐに思いつかないこともあるでしょう。だから、志望校に行くことによって人生の選択肢を沢山持っておくのです。やりたい事は志望校に入ってからゆっくり考えればいい。

この基本的な考え方を理解すれば、自分で今何をすべきか自分で考えると思います。


[31]>30 追加書き込み あと、大人たちは焦らない。 Harlock

追加書き込みです。

あと、大人たちは成績が思わしくなかったり、勉強が出来なくても焦らない事です。

大人が焦ると「焦っている原因は自分のせい」とプレッシャーに感じてしまいます。

中学生の子供なら、プレッシャーに感じている「勉強」を好きになるのは難しいでしょう。

まず、学ぶ楽しさを教えること。

それは中学3年の受験生であろうが関係ありません。受験生でも勉強をプレッシャー

に感じている子より、学ぶことに楽しみを見つけた子の方がはるかに実力が付くのが

早いはずです。

だから、興味をひくような「パズル」を宿題にするとか遊び感覚を持ち込むのは良い

かも知れません。


[32]>31 なんとかなるさ、と楽観視しているんでしょうね。 edohana

「何のために勉強しなければいけないのか」は、彼にとってはある程度明確です。「野球部に入って甲子園に行くため」、という感じです。但し、その先のことは本人に全然目標がない模様。「プロ野球、大学野球、社会人野球、メジャーリーグ」などということは、彼も言わない。したがって、「何のために」という問いに直接は答えられていない、とも言えます。


まあ「野球」も含めて、「その学校に行きたい」と思っている(言っている)のは、親に刷り込まれている部分もかなりあります。

しかし、彼は小学生から野球が好きで、中学でも野球部。その高校は公立で甲子園出場の実績もあるので、本人が行きたいのはまた事実。ただ、それほど偏差値的に高くはないので、なんとなく行けるのではないか、という感じで、(高校の先輩など)まわりのひとの無責任な「大丈夫だよ」発言を鵜呑みにし、あまり根拠のない楽観的な気分が、本人にはあるようです。

かといって、野球でそれだけ実力があるわけではないので、野球1本で高校へ、というほどではない。


親の方は、最近少し危機感を持っていますが、とはいうものの、受験が家族生活の第一優先順位にはなっていない模様。親も初めての受験(長男+二男の兄弟)+かなり若いし。私といくばくも年が離れていない。あくまで成績が(親の期待ほどには)伸びないのは本人のやる気と自覚が足りないためであって、本人に「勉強をもっとしろ」というしかない、と真面目に考えている。親が子供と一緒に学ぶ、という姿勢があまり見られない。親が足を引っ張っている部分があるなんて、夢にも思わないんでしょう。

「その高校はあくまで最低ラインで、この子はもっと上の学校を狙えるはずだと思っていたのだが。。。それ以下の学校に行かせる気はないし、学校見学にも行く予定はない」、という、発言もあり、現実をあまり直視していない模様。


「100ます計算」などは、結構興味を持ってやったりします。遊び感覚は好きなようですね。


[33]>27 減りの早いボールペン edohana

「減りの早いボールペン」、ゲルインクボールペンなのですが、一時期結構上手く行きましたよ。「これ使って書かなきゃ。早く減らそう」みたいに思うみたいで、こだわりが出てきます。

1本目は使い切り、すかさず2本目を渡してあります。

最近は、ちょっとそっちに気が向いていないようなので、もう一度声掛けして、試してみますね。


[34]>28 話したいことがいっぱいあるようです。 edohana

「先生あのね」と言った感じで、どこまで勉強をやったかというアピールに加え、毎日あったことを色々話したいようです。

ある程度話を聞いてあげなきゃ、とも思うんですが、あんまりそれに付き合っていると、それこそ雑談だけで毎回2時間終わってしまいかねない勢いなので。

両親共押さえつけるタイプの、わりときつめの性格、加えて共働きなので、欲求不満の部分もあるんでしょうね。


今日は2時間でこれだけやろうと予定しているんだけど、どういう時間配分、どういう内容にする? と彼に船長役を任せてしまうのも、一案か。


[35]>24 本人+親次第。 edohana

私の役目は、基本的には週2回1回2時間の範囲内で、分からない問題を分かるようにするのが中心で、1週間にしめる割合は微々たる物ですので、とこないだもはっきり確認してきました。

5教科をまんべんなく見るのは、この時間数では足りないので、宿題でカバーしないとどうにもなりません、ということは、親も承知の上のはず、、、なんですが、言動不一致。


[36]>34 上手な無駄話 ABCRAIHU

そうですね、、無駄話で2時間終わらせるのはもったいないです!!

でも子供は書いたり、読んだりするよりまず会話が良いと思います

会話って結構楽で楽しい話だったら更にうれしい

だったらその会話で勉強をさせます

最近は社会の問題で背景等の質問を出題される場合もあります!!

その背景が面白い話をいろいろしてみたら?

たぶん国語、数学系は効果が少ないんですが

社会や理科系だったら多少の効果はあると思います

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ