人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

法律上に推定規定とみなし規定(擬制規定)がありますが、文面上、みなし規定であるにもかかわらず、そのようなみなし効果(擬制)が否定される場合があるように解釈し得る条文の例をご存知であれば教えて下さい。知財財産法(特許法・商標法・著作権法など)は除いて下さい。よろしくお願いします。

●質問者: mifupopepo
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:商標法 擬制 法律 特許法 知財
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● donkai
●35ポイント

学生が就業する場合はどうでしょうか?

健康保険の69‐7


2 ● aiaina
●35ポイント

http://www.k4.dion.ne.jp/~noda2/newpage20.html

特例有限会社の「みなし規定」における定款変更の必要性について

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ