人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

法律を読むときの「又は」、「及び」、「若しくは」の違いを説明しているページを教えてください。

●質問者: perule
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:法律
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● Desperado
●23ポイント

http://www.onyx.dti.ne.jp/~allo/kutouten/4-doi.htm

「並びに」にも注意しましょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。参考になります。


2 ● なぽりん
●23ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1115547830

こちらに類似の質問があります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。参考になります。


3 ● yotaro
●22ポイント ベストアンサー

http://www.hokudai.ac.jp/jimuk/manual/yougo2001-5.PDF

法令用語の解説です。

(1) 「及び」と「並びに」

法文において語句を併合的(例:AもBもCも………である。)に結びつけようとするときには,「及び」と「並びに」が用いられる。英語の[and]に相当するものである。

この両者の違いは,併合的に結び付けられる語句が単純に並列的に並ぶだけのときは,「及び」が用いられ(上記の例でABCが単純に並列的に並ぶだけのときは,「A,B及びC」となる。),結合される語句が意味の上で上下,強弱の段階があるような場合は「及び」のほかに「並びに」を使ってその違いを文言上明らかにすることとなっている(上述の例でAとBの結びつきがCとの結びつきよりも一段階強いときには,「A及びB」のグループと「C」とを「並びに」を使って結びつけて,「A及びB並びにC」とする。)。

また,条文の中には,この結合関係が三段階以上にわたる場合もでてくる。

その場合は,一番小さい段階の接続に一回だけ「及び」を使い,それ以外のところには「並びに」を何度も使う。

(2) 「又は」と「若しくは」

法令において語句を選択的(AあるいはBあるいはCが………である。)に結びつけようとするときには,「又は」と「若しくは」が用いられる。

これらは英語の「or」に相当するものである。選択的接続詞を用いる場合でも,数個の語句を単純に並列するだけのときは「又は」が用いられる(上記の例では,「A,B又はC」となる。)。

選択的に列記される語句でも,意味の上で,あるいは語句のつながり方から,単純に並列できない場合に「又は」のほかに「若しくは」を使ってその違いを表現する。このとき,「又は」は大きな接続の段階で使い,その下の小さな接続の段階に「若しくは」を使う(上記の例でAとBが同一のグループに属し,これと別のグループをなすCとをそれぞれ選択的に結びつけようとするときは,「A若しくはB」のグループと「C」とを「又は」を使って結びつけて,「A若しくはB又はC」とする。)。

また,法令においては,もっと複雑な選択的接続詞の構文が用いられることが少なくない。上記の「A若しくはB又はC」の例でいえば,「A」をさらに「A′」,「A″」に分けるような場合である。この場合には,さらに「若しくは」を使い,「A′若しくはA″若しくはB又はC」となる。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


4 ● newmemo
●22ポイント

http://adminn.fc2web.com/houmu/kisoyougo/kisoyougo.html

こちらのサイトが分かりやすいと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ