人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近情報起業というジャンルのビジネスが盛んなようですね。あれはどうしてそんなに儲かっているのですか?素人でもわかるように説明してください。幅広い回答が必要なので、あえて漠然とした質問にしました。思いつくまま論じてみてください。


なお収拾がつかなくなるといけないので、参考サイトへのリンクは張らないでください。

●質問者: taroemon
●カテゴリ:ビジネス・経営 インターネット
✍キーワード:サイト ジャンル ビジネス リンク 情報起業
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● shiikahiro
●18ポイント

素人が情報となる資料を作成して、オークションなどで販売しようとしても売れるわけがありません。

成功している人のほとんどは、ブログやHPなどの評判が良く、アクセス数もそれに見合った数が取れている方だと思います。


まずは、自分の顧客となりそうな人を、SNSやブログ・HPで獲得するところから始めるのが無難だと思われます。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

つまりノウハウを売ってオークションなどで儲けると言うことだけなのですか?素人なのでそこから解説していただけるとありがたいです。


2 ● tyhk
●17ポイント

「インターネット出版社を経由しない書籍の発行」

ということで説明できるかと思います。

なにかについて勉強したり、知識を得たりする場合、

その情報がまとめられた書籍を買いに書店にいってさがしますよね。

目当ての書籍を見つけたら購入しますよね。

例えば1000円の書籍を購入した場合、その1000円はその書籍を出版しあなたが手に入れることになるまでのすべてのコストが含まれた価格となります。

作家のコスト

紙代

印刷代

製本代

運輸代

書店のコスト

情報を販売するためにどうしても必要なコストです。



しかしWWWを使って同じことを行えば

紙代はゼロ

印刷代はゼロ

製本代はゼロ

運輸代はゼロ

書店のコストはゼロ

作家のコストだけで情報を販売することができます。

書籍と同じ1000円で販売したとしても大きく違いますよね。


「人気が出る情報ってこれだよね!」

というものに気が付いたらその情報について詳しい人に

記事を書いてもらって情報を販売することに徹するというやり方もあるように思います。

つまり、出版社になるわけです。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

なるほど。とてもわかりやすかったです。ということは自費出版の本をネットで売っていると言うことなんですか?

ということは「月収○十万円」などとうたっているのは宣伝のためなんですかね。あるいは本当に彼らはそんなに儲かってるのでしょうか?


3 ● tyhk
●17ポイント

「儲かっている」

と主張されていることが真実かどうかはわかりませんが、

販売されている情報そのものが

「この情報はとても儲かる情報なのだ」

という性質のものであることが多いようにおもいます。

「儲かる情報を販売して儲かってます!」

という印象をもたせることが購買の動機になるように展開しているようですね。

そういう「あおり」を行うことで、

「よくある普通のモノ、情報」

「ほしくてしょうがないモノ、情報」

に展開しているようです。

情報企業家たちの戦略はおおむねこのあたりが基本になっているように思います。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

それは僕も感じているところです。


4 ● i_am_partner
●17ポイント

>ということは「月収○十万円」などとうたっているのは宣伝のためなんですかね。

他の方が同じような回答をされているかも知れませんが…

本の売れ行きは、そのタイトルや本の装丁に大きく左右されるそうです。

情報販売も2の方のとおり、本で考えれば、うたい文句が大事なのかも知れません。

ただ、本のようなまともなタイトルでは、コストゼロのネット上だからこそ、逆に「無料で他のサイト・メルマガで手に入りそう」と感じて、買わないのかもしれません。

それで、人が求めるものを突き詰めたら、「お金・金額」にたどり着いたのかも知れませんね。


ネットでは、情報をコストゼロで送ることができるからこそ、情報の価値がほとんど失われているとも考えられます。

個人的には、自分のことをまったく知らない人から「いい情報があるよ」と言われても、その情報には全く価値がないと思います。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

僕も回答者4さんの意見におおむね賛成です。

ところが先日、アフィリエイターの集まりに参加したらほ、とんどの人が何万円もする情報を複数買っていたんですよね。聞いてみると中身はほとんど本やネットで調べられそうなことでしたが、それでも彼らは満足しているようでした。そう考えるとネットでも需要はあるのかもしれませんね。興味深いところです。


5 ● aiaina
●17ポイント

一部の方はかなり稼ぎを上げているようですが、ほとんどは収益が上がっていません。

私が見ている限りでは情報商材を買うような方々は詐欺に引っかかるような、いわゆる簡単に金儲けをたくらんでいる方たちになります。

前職の仕事柄、商材の中身をいくつか見たことがありますが、紹介している内容は法律すれすれもしくは法律に明らかに違反をしているようなものが大半でした。

胡散臭いと感じたものは避けるのが賢明だと思われます。

◎質問者からの返答

貴重なご意見ありが追うございます。

稼ぎがあがっているが収益が上がっていないというのがよくわかりませんが、金儲けを考えている人間が一番ひっかりやすいというのはよく理解できます。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ