人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: en-dy
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:ネタばれ ノンフィクション ラノベ 小説 比重
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

6 ● hnishiki
●50ポイント ベストアンサー

風は悽愴 (角川文庫 緑 407-34)


咆哮は消えた (徳間文庫)

咆哮は消えた (徳間文庫)

  • 作者: 西村 寿行
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • メディア: 文庫

「咆哮は消えた」は短編集。「風は凄愴」は、短編「咆哮は消えた」を長編化したものだそうです。

「風は凄愴」を読みました。ハードボイルド色が強いです。

西村寿行作品は、動物/人間、本能/理性・欲望というように、人間と動物の係わり合いの中で、人間を見つめなおすテーマが多いです。

このほか、犬を題材にした作品タイトルをウィキペディアから引用します。

『犬笛』 徳間書店 (1975年)

『黄金の犬』 徳間書店 (1978年)

『黄金の犬 第二部』 徳間書店 (1979年)

『老人と狩りをしない猟犬物語』 角川書店 (1981年)

『旅券のない犬』 講談社 (1987年)


迷犬ルパンシリーズ

辻真先 著

数冊読んだ覚えはありますが、詳細を覚えておりません。


バスカヴィル家の犬

シャーロック・ホームズの長編の一つです。詳細はウィキペディアをご覧ください。


「犬のお告げ」 The Oracle of the Dog

G.K.チェスタトン 中村保男訳 創元推理文庫 (『ブラウン神父の不信』に収録)

古典ミステリの名作です。下記から引用しました。

http://www.imasy.or.jp/~beer/clr/dog.html#dog21

こちらには、他にも様々な犬ミステリが載っています。

◎質問者からの返答

ハードボイルド……北方の歴史小説しか読んだことありません。でも、格好良さそうです。

迷犬ルパンシリーズ、そういえばまだ未読。

『バスカヴィル家の犬』、そうですよねぇ、これは。

ブラウン神父はあまり好きではないので……迷います。


7 ● goldwell
●15ポイント

パーフェクト・ブルー (創元推理文庫)

パーフェクト・ブルー (創元推理文庫)

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

心とろかすような―マサの事件簿 (創元推理文庫)

心とろかすような―マサの事件簿 (創元推理文庫)

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

どちらも元警察犬マサが主人公となり、飼い主の探偵事務所が関係する事件を、犬の視点から描かれる小説です。

1つめが長編。2つ目が短編集です。

◎質問者からの返答

宮部っちはなんとなく避けていたんですが、犬視点ですか……ううむ。読みたいなぁ。


8 ● kimudon
●10ポイント

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062064413


少々、古い作品ですが笠原 靖さんの「不屈の犬」など如何でしょうか。

◎質問者からの返答

あらすじ一行。

『日本犬リキが走ったナイロビへの道。少年とリキと青年の愛と感動―。織田作之助賞受賞作家が描く渾身の書下ろし小説。 』

どんな話なのか全然分かりません。わくわく。


9 ● booboo_002
●10ポイント

http://www.h4.dion.ne.jp/~mhonda/tdb/sangetsuki.html

中島敦 山月記

が、思い浮かびました、

◎質問者からの返答

『山月記』は傑作です。


10 ● ステマおばさん
●10ポイント

「平面いぬ」

著者 乙一

http://www.bk1.co.jp/product/2335809

◎質問者からの返答

実物の犬にはあらず……まぁ、いいか。

回答を下さった皆様、纏めてで恐縮ですが、ありがとうございました。

紹介して下さった本たちをのんびり読んでいこうと思います。


6-10件表示/10件
4.前5件|次の5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ