人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

明治5年、新橋⇔横浜間に鉄道が開業した時の旅客運賃は今のお金でいくら位だったのでしょうか?
ちなみに、現在のJRの新橋⇔横浜間の大人普通運賃は450円です。

●質問者: takarin473
●カテゴリ:旅行・地域情報
✍キーワード:50円 お金 新橋 旅客 明治5年
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● くまっぷす
●23ポイント

http://www.kissport.or.jp/spot/tanbou/0406/index.html

鉄道歴史展示室にある「旧新橋停車場データベース」によれば、新橋─横浜間の運賃は、もっとも安い「下」で37銭5厘。これは、当時の米1斗(約15kg)と同じ金額

http://okome.mimo.com/

あきたこまち新米5kgが3000円ですから多少割り引いたにしても7000円?9000円ぐらいでしょうか。

◎質問者からの返答

高いなあ。


2 ● 南蛇井
●23ポイント

http://www.tekkenkyo.or.jp/kaihou/232/44_03.htm

最も安い下等の50銭が、現在価値で約5000円とあります。

◎質問者からの返答

5000円。高かったのですね。


3 ● MEI-ZA-YU
●22ポイント

運賃が1円として

物価が8300倍強

(白米10kgの値段が約10000倍に)

以上総合して約現在のお金で8500円から10000円といったところでしょうか。

http://www.natsuzora.com/may/town/sakuragicho-eki.html


http://chigasakioows.cool.ne.jp/ima-ikura.shtml

◎質問者からの返答

ずいぶん高いのですね。


4 ● daikanmama
●22ポイント

Wikipediaによると、下記のとおり記載してあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%84%E9%81%93%E3%81%AE%E6%... 鉄道の歴史(日本)

全区間の運賃は上等が1円12銭5厘、中等が75銭、下等が37銭5厘であったが、下等運賃でも米が5升半(約10kg)買えるほど高額なものであったという。

下等運賃で米が10kg買えるほど、というと、今のお金で3000円?5000円くらいではないでしょうか。

◎質問者からの返答

高かったのですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ