人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

建築会社についての質問です。

リフォーム・増改築をメインとしている建築会社が、一般家屋を新規で建築することについて、どういう問題が考えられるか、ご意見または具体的な経験談、あるいはこの状況についての参考になるサイト、などを教えて下さい。

例えば”基礎工事は問題ないか”、”外壁の処理の仕方や各種資材などが新築とリフォームとでは傾向が違うのに、リフォーム向きの物を使用する、ということは考えられないのか”(実際のところ、違うものを使う傾向があるかどうかは、知りません。あくまで推測です)、などの疑問も持っています。
この疑問点についても解消して頂けると嬉しいです。


●質問者: island_hate
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:サイト メイン リフォーム 会社 工事
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● kazumori7
●10ポイント

新築を得意としないという事しか回答はできませんが、ちゃんとした設計会社が別にいれば特段差異はないと思われます。

然しながら、竣工式や地鎮祭とかのノウハウがないかもしれませんね。

◎質問者からの返答

設計会社は別にあります。

参考になりました。有難うございました。


2 ● gettoblaster
●35ポイント

設計士は建築会社の社内の方ですかね?それとも外部?

社内の方だと、リフォームと新築はいろいろ違うので、勉強されている方なら問題ないですが、微妙な方もいるかもしれません。

外部の方で新築たくさんしている方であれば構造や部材は問題ないでしょう。

基礎工事は基礎屋さんがやるので、職人さん自体はいつも新築している方ですが、その工事の監理の部分で、社内の現場監督には基礎工事の監理経験は少ないでしょうからやや不安かもしれないですね。また、基礎屋さんとの付き合いは少ないと思うので、いい基礎屋さんを呼べるかどうかは建築会社にとっても賭けかもしれません。

外壁、屋根などは新築とリフォームで大きく傾向は異なりますが、これも新築をやっている設計士さんが部材を選んでくれれば問題ないかと。

外壁とかはリフォームはクギ打ち、新築は金具が主流。屋根も新築はスレート瓦、リフォームは金属瓦と異なりますが、サイディング屋さんや屋根屋さんはたいてい両方できますから。

ただ、こちらも、現場監督に経験が薄く監理が不安かもというのはなくなはいのですが。

◎質問者からの返答

設計は別の設計事務所が行います。そちらの方が経験豊富であれば、概ね問題ないのかもしれないのですね。

基礎工事は専門の方が行なうとは知りませんでした。それであればいい業者に当たるかどうかは別にして、ちょっと安心です。

リフォームと新築との違いについてはやはりあるとのことですので、そこの建築会社がどのように考えているかを確認して対応したいと思います。

とても参考になりました。有難うございました。


3 ● Gelsy
●35ポイント

http://www.h7.dion.ne.jp/~ootake/kyoninka/kensetu/index.htm

まず、建設業法に引っかからないということは当然として。

リフォーム会社を含む建設会社が、直接「社員」として職人さんを抱えているケースはあまりありません。リフォーム会社であれば、塗装工・ボード工・内装工くらいは抱えているかもしれませんが、それも最小限にとどめているはずです。その中でまかないきれない分は、いわゆる下請け会社に頼むことになります。これは、リフォームでも新築でも同じことです。

ただ、新築工事はリフォームとは勝手が違いますので、どこか別の工務店に一式すべて請けさせる可能性が高いように思います。(ちなみに、依頼主の同意なしで、全て請け負わせるのは建設業法で禁止されていますhttp://www.pref.okayama.jp/doboku/kanri/thru.htmので、適当な区切りはつけるのでしょうが。)結局のところ、いつも新築工事をしている職人さんが作ることになると思いますので、品質面での「新築とリフォームの違い」を心配される必要はあまりないように思います。

一方、コスト面では、新築を行う建設会社や工務店に直接工事を依頼するのと比べると、リフォーム会社を一枚噛ませるため、「高く」なります。リフォーム会社も、営業費や仲介料にあたるものが必要でしょうから。ですが、リフォーム会社は、新築後のメンテナンスやリフォームで利益を回収するビジネスモデルを組んでいるはずですので、新築時の利益は、可能な限り抑えてくるとは思います。向こうの狙いがわかっていれば、疑心暗鬼にならなくても済むのではないでしょうか。

設計監理が、工事をする会社とは別ということですので、材料や工法などでわからないことがあれば、こちらのほうにどんどん質問されるとよろしいかと思います。ちなみに監理者とは、工事が設計図どおりに進んでいるのかを見張る仕事であって、あなたの味方になってくれます。

◎質問者からの返答

>リフォーム会社は、新築後のメンテナンスやリフォームで利益を回収するビジネスモデルを組んでいるはずですので

なるほど!そういう可能性があるのですね。なぜ、ほとんど増改築・リフォームを行なっていて新築を扱っていない会社が請け負うのかと思っていたのですが(知り合いだからとかコネとか、想像していたんですが。まぁそれもあるかもしれませんが)理にかなっているかもしれません。時期が来れば、どの住宅にも必要になることですから。

あと、皆さんのお話を読んでいると、だいたい工事自体は専門の人が行なうので、その建築会社の特性に関して、神経質にならなくても良いのかもしれない・・・という気になってきました。

とても参考になりました。有難うございました。


4 ● sami624
●10ポイント

http://www.pref.fukushima.jp/tochi/handbook/3_6_4.pdf#search...

官公庁に対する申請手続きですね。新築と増改築では基準が相違するため、法令に基づく申請・審査の必要性の有無を正しく認識しているかという問題点が挙げられるでしょう。

◎質問者からの返答

>、法令に基づく申請・審査の必要性の有無を正しく認識しているかという

そういう問題点も意識しておかなくてはいけないんですね。

ただ、そういう申請・審査って、建築主がするんでしょうか。別途、売主と設計事務所がいるので、設計事務所がするのかと思ってました。

どちらにしても、気をつけるようにします。

参考になりました。有難うございました。


5 ● kinntarou
●35ポイント ベストアンサー

私は建築職人です。

そのため、新築を主にやっている公務店もリフォームメインでやっているところも数多く知っています。

そのリフォームメインの会社がどの程度の経験があるかによります。

社長が元大工などの職人なら通常は建物自体は問題無いと思います。

設計は他でやられるなら強度等の計算も十分されているでしょうから大丈夫と思います。

工務店(特に大手)は営業と各仕事の手配、手続等のこまごました事をするのが仕事です。

通常建築する職人は新築もリフォームも行いますので問題無いと思います。

逆に新築メインの工務店がリフォームをするとノウハウが無いためうまくいかないことが多いです。

新築なら図面さえあればプレカットを頼めばさほど経験が無くてもそこそこの物が建てられます。

しかし、リフォームはその場で考えて行わなければならないため、新築のように簡単には行かないのです。

私がもし、新築を建てるなら工務店の社長が実際に自分で仕事をされる大工さんで信頼できる方を探します。

営業だけの人は結局口だけの場合が多いですから。

と言うか、仕事が上手くないから工務店経営して口先だけで儲けている人が多いです。

疑問点は良く話し合われてから契約をするようにしてください。

では、良い家が建ちますように!!

◎質問者からの返答

>逆に新築メインの工務店がリフォームをするとノウハウが無いためうまくいかないことが多いです。

言われてみれば、そうかもしれません。

工務店の方とはまだ話をしていませんが、サイトを見る限りでは、地道にやってこられて、新しい技術を取り入れたり、予算内でどういうことができるかを考えたり、親身にやってくれそうな印象を受けました。少し安心しました。

とても参考になりました。有難うございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ