人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

前述のマンション管理組合の会計理事が、
マンション管理士の資格を取得して独立を考えています。

管理業務はもちろんですが、
会社でも経理・財務等の経験があるため、
マンション管理組合会計に特化した事務所にしたいと考えているようなのですが、
業務を記帳代行・会計帳簿作成までとした場合、
他の法律の制限に抵触することは無いのでしょうか。

何卒ご教授くださいませ。

●質問者: kamo-kamo
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:マンション管理 マンション管理士 会社 会計 作成
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● GOGO_MINI
●60ポイント

http://www.imanaka-kaikei.co.jp/kss05.htm

税理士法に抵触しなければ問題はありません。

組合によっては収益事業がある場合があり、その場合は

法人税が発生します。

厳密に

>業務を記帳代行・会計帳簿作成までとした場合、

ならOKでしょうが、最終的な決算書を作成するには

税金関係の仕訳を記帳する必要がありますので

そこを関与税理士等とどう調整するかですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ