人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

開業医の地位を100とすると、日本弁理士、ロースクール卒業日本弁護士(ロースクールで簡単になった。)、米国弁護士(これもロースクールなのでそれほど難しくない)、三洋部長(大企業の部長の例で三洋を選んだ特別な理由はないです。)、大学教授、大学助教授の地位はどれくらいですか?できれば根拠もお願いします。
(注意:日本弁護士(・現行司法試験は合格率約3%の難関。・ロースクールで2?3年学んで、受験し、合格率は20?30%程度と容易化する)
米国弁護士:米国のロースクールを卒業すれば、70%で合格するのでそれほど難しくない)

●質問者: abcdefg
●カテゴリ:ビジネス・経営 就職・転職
✍キーワード:ロースクール 三洋 助教授 卒業 受験
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● TomCat
●27ポイント

http://wp.cao.go.jp/zenbun/kokuseishin/spc07/houkoku_a/spc07...

全ては横並び、評価は100です。

価値観の多様化した今日的社会にあっては、学歴や資格、職業上の肩書きなどでは、その社会的地位は語れない時代となっています。

戦後の日本の経済成長時代は、それがそのまま、新しい職業の増大時代でもありました。威信地位の高い職業が増え、もはや職業による階層的意識は、まったく不明確なのが今の時代なんです。

つまり、誰しもがその高い地位を認める著名人を別にすれば、こうして形成されてきたいわゆる「新中間層」における「地位」なるものは、既に何の実態もない「自称」に過ぎない、ということです。

したがって、日本の弁理士も、ロースクール卒業の日本の弁護士も、米国の弁護士も、三洋の部長も、大学教授も助教授も、全ての地位は横並び。ただ単に名刺の肩書きが違うから、人によって名刺を整理する時の分類が違う、といった程度のものと考えるのが妥当です。

今や、社会的地位はその社会貢献度で語られる時代です。同じ大学を出て同じ肩書きを得ても、それから先の業績で大きな差が付いてくる。これが、これからの格差拡大時代のひとつの姿ということです。

なお、学歴や資格取得の難易度が社会的地位を決めるとお考えでしたら、公認会計士や不動産鑑定士などの地位に関しても、もっと注目しないといけませんね。あれも大変難度の高い試験を経て取得する資格です。


2 ● hamster009
●27ポイント

それを知ってなんになる?

http://www.ahoo.co.jp/


3 ● krin4403
●26ポイント

http://nn.iij4u.or.jp/~kuro

URLはダミーです。現職開業医からすると,比較対象どれよりも落ちると思います。地位があると思いこんでいたら,患者さんはきません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ