人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

赤ちゃんのお宮参りのとき、男の子の額には「大」、女の子の額には「小」と書くのはなぜでしょうか。女の子が「大」、男の子が「小」でも良いと思うのですが・・・。

ちなみに下記のところまではわかっています。

柳田国男の『阿也都古考』によれば、これは正式には「あやつこ(阿也都古)」と言い、平安時代の昔に始まるという。 当時は、「大」ではなく「犬」の字を、赤ちゃんの額に墨で書いた。(『藤原為房の日記』) もともと神聖なものを示す印で、「×」「+」とも印され、それが変化して「犬」と書かれるようになった。

●質問者: aspirant
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:「犬」 女の子 平安時代 柳田国男 男の子
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● aiaina
●24ポイント

関西(主に京都地方)の魔よけの風習のようですね。

「大」は元気に、「小」は健康に育つようにとのことです。

同じような意味ですが、ニュアンスが少し違うのかな。

ご参考までに↓

http://www3.ocn.ne.jp/~t-s753/omairi.html

◎質問者からの返答

なるほど。京都が発祥とは驚きですね。


2 ● steigen
●24ポイント

どのサイトでも、大の対が小だからと書いていますよね。

下記サイトでは「男は大きく、女は小さく育てよ」という意味であるかもと書かれていました。

http://www.city.matsubara.osaka.jp/minwa/mlife8.html

◎質問者からの返答

なるほど。地域によっていろんな風習があるんですね。


3 ● KAMOME
●24ポイント

http://www.matsui-studio.com/miyazatu/miyazatu.htm#Q8

大・小の文字自体に全く意味はないようです。

http://www.hirojyun.com/omiyamairi.html

魔よけのオマジナイ「×」の印が変化し「大」。それから派生した習慣、相対の文字「小」。

『家の子供には昔どおり「×」をお願いします。』といったら書いてくれるかもしれませんがビジュアル的に子供から将来恨まれそうですね。

http://www.city.matsubara.osaka.jp/minwa/mlife8.html

下記の事が書いてあるサイトを見つけました。

>男は大きく、女は小さく育てよと言う事でっしゃろか」との語りでした。

◎質問者からの返答

なるほど。現代ではあんまりこだわる必要がない風習のような気がしますね。


4 ● naruse0609
●24ポイント

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1415872

京都では「この子が大きくなりますように」との願いをこめて、額に大と書きます。(中略)男の子の額には「大」、女の子の額には「小」と書いていました。「小」の字には「優しく育って欲しい」との願いがこめられているそうです

とありましたので、

男の子に大=大きく育つように

女の子に小=優しく育って欲しい

と言う意味合いがあるようです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。よくわかりました。


5 ● かおるこ
●24ポイント

京都で伝えられていることは・・・

大は力強く・・・

小は優しく育って欲しいという祈りから

一つのおまじないと聞いています。

京都の大文字の送り火からだとか、

歴の大の月、小の月からきているだとか

諸説があるようですが・・・

◎質問者からの返答

大文字の送り火説は面白いですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ