人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【最近の若者と老人の触れ合う機会が少ない】
という状況を示すデータを探しています。

若者は大体、10代から20代の男女、
老人は60歳以上ぐらいの年配の方という感じで。

例えば、

・核家族が増えており親と子供しか同居しておらず、
孫と祖父母の交流が少ない。
・地域独自のイベントが少なくなり、
交流のタイミングが無い。

など。

●質問者: shoma22
●カテゴリ:政治・社会 科学・統計資料
✍キーワード:イベント タイミング データ 地域 子供
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● aiaina
●40ポイント

http://www.dentsu.co.jp/trendbox/topics/2006/060718.html

こちら参考になりそうです^^

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● steigen
●10ポイント

1次資料ではなく、論文ですが。Googleで「世代間交流 go.jp

」等の検索語句を使って調べました。

http://www.hilife.or.jp/pdf/20042.pdf

政府の統計データが信頼性があるので良いと思います。

http://portal.stat.go.jp/


3 ● daikanmama
●30ポイント

共生社会政策統括官「高齢者の地域社会への参加に関する意識調査結果」

一番下の「若い世代との交流についての実態と意識に関する事項」の(1)若い世代との交流の機会の有無(Q22)のところで、平成5年・10年・15年と経過するにつれて若い世代との交流の機会が減少してきたことが調査データとして示されています。

http://www8.cao.go.jp/kourei/ishiki/h15_sougou/gaiyou.html

「若者」の定義が曖昧ではありますが、信頼性のあるデータだと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ