人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【はてなの○○さん。】を復活させたいのですが、皆様のご意見をください。


【はてなの○○さん。】は、はてな版の「生協の白石さん。」として、昨年11月?今年の4月にかけて13回にわたり開催された企画です。
ご考案者は最初に質問を作られたid:sukeshiさん(?)。
実際の質問ログについては
http://q.hatena.ne.jp/1156989855#a597998
でid:jyousekiさんがまとめられておりますのでご覧いただければと思います。


なお、先に申し上げますと、私は当時の企画に関わっておらず、ごく最近おとなり質問でこの企画を知り、終わってしまったのを残念がっているところです。


それで、皆様のご意見をお伺いしたいのは、
(1)人の企画を勝手に続けてもいいのか?
(2)面白そう/面白くなさそう
(3)こういう風に改良したほうがいい
などの点です。
ちなみに私は、前回の企画はまじめな質問が多かったようですのでもう少しくだけたネタ企画っぽくしたほうがいいかな、と思っております。


ご批判も含め、幅広いご意見をお待ちしております。
(とくに(1)については前回の企画にご参加された方のご意見をお伺いできればと思います)

●質問者: hokuraku
●カテゴリ:はてなの使い方 ネタ・ジョーク
✍キーワード:11月 4月 はてな はてなの○○さん。 ネタ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 14/14件

▽最新の回答へ

[1]sukeshiさんに聞くのが何よりでは jyouseki

sukeshiさんはまだいますので、14回目を始めてもいいか、ポイント送信で3ポイント(返信に必要なポイントを入れた例)送って聞いたらいかがでしょうか。

https://www.hatena.ne.jp/sendpoint


[2]>1 私も質問の継続については rikuzai

sukeshiさんの意思をまず尊重したいと思います。

その上で新しいシリーズとして始めるか、

別シリーズとして始めるかを決めた方がよいかと。


[3]>2 なるほど、やはりsukeshiさんが始められたのですね。 hokuraku

早速のご回答ありがとうございます。

やはりsukeshiさんが始められたのですね。

第1回のコメント欄を見ていたら何人かの方でお話されて企画されたのかと思い、いわしで聞く方が早いかと思ってこちらを立ててみました。

早速メッセージを送ってみます!


[4]>3 ごめんなさい>< sukeshi

今、メッセージが届くPCは手元に無いんですよ?

なのでメッセージは後で読ませていただくとして、とりあえず私の考えについてお話させていただきます。


企画は続けていただいて構いません。(ぁ、なんか偉そうで申し訳ないです…)

私自身、続ける方法について色々と考えていましたが、なかなかいいアイディアが浮かばなかったんですよね…。


『完全なボランティアではなく、質問者にも利益が出るようにする』ことが必要なのだと思っています。

そうすればポイントによるバトンも不要となり、もしかしたらみんな自らこの質問を立ち上げるようになるんじゃないかなと思うんですよね。

でもその実現方法が思い浮かばない??

#ネタ限定とすることも考えたんですけど、はてなってそのへん、例えば2chとはノリ・ツボが違うんですよね…


[5]>4 キャラになりきるのはどうでしょう。白石さんとか名物回答者になりきる NAPORIN

と、気軽にうそ回答やはぐらかしをかけると思います。

毎回同じキャラでは飽きるし、知名度も問題なので、

「【ネタ】はてなのニートさん」とか

適当に自分の普段のイメージと違うキャラを

各自考えるって感じで。

で、ポイントの問題ですが、

いわしができた今なら

一応バトンがかなり小さくてもいけるのかなあと思います。

いわしはネタ向きですよねえ

でもみんな乗り悪いけど(泣)


[6]>5 いわゆる rikuzai

「○○だけど聞きたいことある?」

みたいな感じでしょうか。

最近だと

question:1150951363

question:1148458541

みたいな感じの。


[7]>4 ありがとうございます! hokuraku

これで具体的に中身を考えられます!

そうですね、たしかに質問者さんの負担が大きいですよね。

そもそも私がこの企画を復活させたいと思ったのは、回答の素敵な回答者さんたちの回答を思う存分楽しみたいという相当わがままな発想からきているので、せめて質問者さんの負担を少なく、できるだけ利益が出るような仕組みにしたいですね。


[8]>6 回答(質問)数268! hokuraku

頂いたリンクの一つ目、回答数268とは恐ろしい記録ですね(^^;

全部はまだ読みきれてないですが、NAPORINさんのご提案はこれに近いのでしょうか?

確かに皆さん、普段の回答のイメージもあることだと思いますし、まじめな方に急に適当なはぐらかしをやれといっても難しいかもしれませんね。

まじめな方ほど負担が大きくなってしまうかもしれません。

私のように適当に生きているのならよいのですが…

「おれ、○○だけど」の方は巧くいってますよね。

取りあえず読んでみて、どこかに巧く行きそうな秘訣がないか探して見ます。


(いわしのほうはツリーを枝分かれさせますね)


[9]>5 いわしで負担を減らす、というパターンですね hokuraku

ポイントの観点から質問者の方のご負担を減らそうというご提案ですね。

いわしは小さいポイントから参加できて、かつ多くの回答をもらえるのでコストパフォーマンスが良いですよね。


私もいくつかいわしで遊び質問をしてみましたが、割と食いつきがよいのは一部の人たちだけかもしれません。いや、まじめな方たちが多いのはとても喜ばしいことなのですけれどね(^^;

(一つ目と二つ目は1時間あまりで終わったので知らない人も多そうですが…)

とりあえず走らせてみる、という手もありますが…


ちなみに私がいわしを走らせてみたときの感想は、「コメント、回答が追いつかない!」です。

(実際このいわしのコメントも遅れがちですが…)

回答者(この場合質問者ですが)の回答がオープンする前に見えてしまうので、ちょっとあせるんですよね。

逆に、それだけ回答者の方が回答しやすいという利点もあるのでしょうか。


[10]バトンを重くした張本人登場 Kityo

こんにちは。旧シリーズでバトンを重くしたキチョーです。

【part9】のほうも是非ご覧下さい。

このシリーズについて最も良くまとめられたコンテンツは、【part11】のakagi_paonさんのダイアリーの2006.04/04の記事だと思います。

最終的にはキーワード「はてなの○○さん。」のほうに全ての歴史を集めたかったのですが、立ち消えています。


僕からhokurakuさんに言いたいことを幾点か、述べます。


※蛇足:いわしの回答数268くらいで驚いちゃあ、チッ、チッ、チッ。


[11]>10 色々ご意見ありがとうございます! hokuraku

こんにちは。

(どうでもいいですが、私は最初勝手に「きっちょ」さんだと思ってました。t重なってないやん、自分。ぷっちょかいっ)


キーワードやid:akagi_paonのところにまとまってるんですね、勉強不足でした。読ませていただきますね。

重いバトンのほうは質問者(質問を立てるほう、つまり○○さんのほう)に負担がかかってしまわないかがちょっと心配ですね。

重いバトンの分だけ質問を受け付けることになるとそれだけ受付回答も多くしなくてはいけないような気がして…。

お一人の○○さんにつき回答10?15回くらいが妥当かなぁ、というのが私の印象です。

まじめな回答が多い方なら5つくらいで相当消耗しますからね。


実はまだキーワードのメンテナンスってやったことありません。ヘルプとにらめっこしつついじれたらいじってみますね。


id:sukeshiさんのおっしゃってたのははおそらく、質問者(通常言うところの回答者)ではなく○○さんへの利益、ということではないでしょうか。(違ってたらごめんなさい)

利益&負担の軽減については一つツリーを作れそうですね。


いわゆる「暗黙の了解」がどれくらい通じるかなのですかねぇ。

表には書かずにカテゴリだけジョークにしておくくらいのほうがよいでしょうか。


初心者なのモノで、まだ人力検索タイプの質問をしたことはないのですが、回答をオープンする(質問内容を見る)ときはどきどきしそうですよね。

私もどちらかというと一問一答向きの人力タイプの方が好みです。

(いわしは「ツリーを繋げる、伸ばす」タイプの質問だと思ってますので…)

アンケートは…、質問内容をあらかじめ選択肢にしておいて、回答の一番多かった選択肢の質問にコメントで回答、とかでしょうか。

でもこれだと自問自答になっちゃいますよね。ムズカシイ…。


ここらは以前企画に参加されてた方たちのご意見を尊重したいです。他にも参加されてた方のご意見があれば嬉しいです。


[12]ルール提案 hokuraku

ようやく過去問を(再度)読み終わりました。

ご意見を頂きつつ見ると違うもんですね。

このいわしも後ろの方の頁になってきてますのでそろそろ見てくださる人も減ってきていると思いますが、備忘録もかねて提案します。自問自答になりそうな気配が濃厚ですが。


ポイントは

  1. ○○さんの負担を減らす
  2. ○○さんの利益を出す
  3. 新規参加者を増やす(参加しやすくする)
  4. 途切れないようにする/似たような企画が増えやすくする

でしょうか。


1.負担を減らす

ポイントに関して。

古式に則り250pointで人力検索タイプとすると、初期投資及びバトン分を除けば、バトン分以外の回答者(○○さんへの質問者)に1pointずつ渡したとして

19人*1point+250point*5%=32point

が○○さんの負担(最大値)ですね。

150pointとすると同様に17point。

2の利益のことも考えると、言いだしっぺの私が前者なら50point、後者なら30point送れば取りあえずプラスにはなるでしょうか。微々たる物かもしれませんけどね。

ただ、1週間置いて自動配分されてしまった場合にはバトン分を自己負担しなくてはいけなくなりますね。


人的/時間的/精神的負担について。

これは難しいかもしれませんが、「何でも答えます」を「何かしら答えます」だと思えばぐっと気が楽になるのではないでしょうか。

id:NAPORINさんのご提案のようなパターンもありかもしれません。

(この○○さんの回答振りが見たいんだ!という場合でも○○さんの選ぶキャラクターにその方の人柄が出るでしょうし)


2.利益を出す

○○さんが企画を楽しんでいただくことが一番なのですが、せめて1の負担を減らす分くらいはしたいところです。

できそうな事といえば、「のっかり分については次の人にバトンとしてわたし、250pointを超える分はポイント送信で戻してもらう」くらいでしょうか。

若干目減りしてしまうことと、4の持ち逃げの可能性が増えるのが難点ですかねぇ。あとルールが複雑化することでしょうか。アイデア募集です…。


3.新規参加者を増やす

できれば内輪で回ったりしないようにしたほうが面白いですよね。

回答(○○さんへの質問)は1人1回まで、○○さん経験者は指名しない、を明文化するべきでしょうか。

1の負担を減らすとセットで考えるべきことかもしれません。

また、part○は目も引きますが内輪っぽく見える可能性もありますね。私の意見では、うまく軌道に乗ることを期待しつつpartを残す法がいいかと思うのですが。


4.途切れない/自主質問途切れない…の方は企画参加者のお願いですね。自主的に質問する方が出てくるかも…のほうはまぁ、はてな社員でもないのでそこまで頑張らなくてもよいかと思います。

(面白い企画が増えてくれることはとても嬉しいです。が、一方それに埋もれて本当に困って質問をする人の質問が流れても欲しくないので…)


話を戻して、「途切れない」は「負担を減らす」「持ち逃げするほどのものではなくす」と、なにより「面白い企画となる」でしょうか。

走らせてみないと分かりませんが、うまい回答や面白い質問が行きかうようになれば途切れないのでしょう。

(私自身あまり自信がないのですが…)


手持ちのポイントがもうちょっと増えたら、ためしにベータ版をやってみてよいでしょうか?

シリーズ外として、ですが…。


[13]>11 質問者への利益、質問タイプについて suke33

「質問をする回答者」への利益は私も特に考えなくても良いのではないかと思います。とりあえず参加賞的に1ポイントくらいもらえれば十分だと思います。

「○○さん」への利益は、バトンを受け渡すときにイルカ賞を渡せばそれで十分だと思います。

「○○さん」の自己負担は少し考えないとならないかもしれませんね(すみません。アイデア浮かびませんでした)


人力検索が適していると思います。

これは質問者に対してのQandAであり、大人数で議論するいわしでは収集がつかなくなってしまうのではないかと思います。


[14]>12 一考してみました。 rikuzai

1.負担を減らす/2.利益を出す

人力では直接投げ銭はできませんが、ナイスな質問者(バトンを受けた人)には賛同者がのっかりしていくことはできるかと思います。その後のポイントをおひねりと捉えて自分のものにするもよし、回答者に均等配分するもよし、次のバトン先の人にポイント送信したりのっかりするもよし、あくまでネタ質問と割り切って個々の考え方に任せてもいいのでは、と思ったりします。ただ問題はそれで続くか、ですね。ただ、基本的に人力は質問があって、回答に対してポイントが配分されるという形式ですが、おもしろい質問があって、その質問に対してポイントをみんなが自主的に送るというのは(機能としては元々あったものですが)、回答者→質問者になりにくい流れの中で(kityoさんの一連の企画を見ていても)質問することでポイントがもらえるというのは、質問者になるハードルが越えやすくなるように思います。


3.新規参加者/4.継続

はてなのキーワードで今後もまとめていかれるなら、

part○は質問文の最後の方に記載して、最後にキーワードへのリンクを貼れば初めて見た人にも前後がわかりやすいのではないかと思います。

ただ、この企画の難しいところは、回答オンリーユーザーの方には避けられてしまうところですね。kiytoさんの企画にもつながっていくかと思いますが、普段回答されている方が質問をしてもいいかな、と思わせる方法が…。

具体的な対策は思いつきませんが、そこがネックではないかなと思っています。


ところでご参考までですが、

http://q.hatena.ne.jp/1142952098

リニューアルしてすぐですが↑のような質問もありましたね。

はてなの住民さんと交流するのが目的であればこういう形も一つの方法かなと思います。

(この質問とはちょっと趣旨がズレてしまいすが)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ