人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

メダカの卵が30匹くらい孵化したのですが、1週間くらいのある日、2日くらい留守をし、帰って見ると、5匹くらいに減っていました。体長は2?3ミリで60センチの親のいる水槽に採魚用の目の細かい網に入れ、出ない様に浸けています。えさはメダカのえさをすりつぶし少量入れてました。共食いでもしたのでしょうか?どれも同じくらいの大きさでした。

●質問者: tonchi0217
●カテゴリ:学習・教育 趣味・スポーツ
✍キーワード:センチ ミリ メダカ 水槽
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

[1]共食いはあります fugou

ご指摘の通り、共食い可能性が大きいですね。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1705217



外に飛び出した可能性も。しかし子メダカだからやはり共食いの可能性が大きいと思われます。

http://question.woman.excite.co.jp/kotaeru.php3?q=2309761


[2]>1 同じく sakonji

共食いと考えて間違いないと思います。


それと、体に傷がついてそこからカビが生えるということも、あるそうです

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=457947&rev=1


[3]子供どうしの共食いはあり得ません yoshicom

私は、もう20年ほどメダカの飼育を楽しんでいます。

昨年、久しぶりに絶滅危惧種とされるクロメダカの大群を、近くの田圃の水路で見つけました。いずれ、水路は水がなくなったり、汚れたりするので、このままではかわいそうと考え、数十匹をすくい、ふたつの水槽で飼育しています。(ひとつは屋内で温度調整つき、もうひとつは、ベランダで温度調整なし。やはり屋外の自然に近い環境の方が結果はいいです)

現在、こうして育ててきた親世代と、その卵から今年6月頃に孵化した世代(もう立派な大人の大きさです)、最近卵から孵化したばかりの世代と、3世代が生育中です。

こうした経験でいうと、2?3ミリ程度の大きさの稚魚がメダカどうしで共食いをすることはあり得ません。

あるとすれば、親または、その仲間が稚魚を食べるケースです。

親のいる水槽に細かい網にいれていたということのようですが、やはり、親が食べたと考える方が順当ではないでしょうか。何らかの理由で稚魚が死んでしまったのなら、注意深く観察するとその死骸があるはずです。

我が家では、親世代が稚魚を食べるのをさけるため、産卵した卵は、すべて卵だけの水槽に移しそこで孵化させます。結果として、その水槽は、卵または稚魚だけとなります。

そして、もう親に食べられないだろうという大きさ、正確に計測したわけではありませんが、6?7ミリ以上の大きさになったら親と同じ水槽に移してやっています。

こうした管理はかなり手間がかかります。

でも、元気に泳ぎ回るメダカはかわいいですね。


[4]稚魚どうしの共食いはありません yoshicom

<さきほどの答えにurlを貼り付けるのを忘れました。再チャレンジです。お許しください>

私は、もう20年ほどメダカの飼育を楽しんでいます。

昨年、久しぶりに絶滅危惧種とされるクロメダカの大群を、近くの田圃の水路で見つけました。いずれ、水路は水がなくなったり、汚れたりするので、このままではかわいそうと考え、数十匹をすくい、ふたつの水槽で飼育しています。(ひとつは屋内で温度調整つき、もうひとつは、ベランダで温度調整なし。やはり屋外の自然に近い環境の方が結果はいいです)

現在、こうして育ててきた親世代と、その卵から今年6月頃に孵化した世代(もう立派な大人の大きさです)、最近卵から孵化したばかりの世代と、3世代が生育中です。

こうした経験でいうと、2?3ミリ程度の大きさの稚魚がメダカどうしで共食いをすることはあり得ません。

あるとすれば、親または、その仲間が稚魚を食べるケースです。

親のいる水槽に細かい網にいれていたということのようですが、やはり、親が食べたと考える方が順当ではないでしょうか。何らかの理由で稚魚が死んでしまったのなら、注意深く観察するとその死骸があるはずです。

我が家では、親世代が稚魚を食べるのをさけるため、産卵した卵は、すべて卵だけの水槽に移しそこで孵化させます。結果として、その水槽は、卵または稚魚だけとなります。

そして、もう親に食べられないだろうという大きさ、正確に計測したわけではありませんが、6?7ミリ以上の大きさになったら親と同じ水槽に移してやっています。

こうした管理はかなり手間がかかります。

でも、元気に泳ぎ回るメダカはかわいいですね。

ダミー:http://q.hatena.ne.jp/


[5]餓死ではないでしょうか。 mefor21

メダカに限らず、稚魚を人工的のえさで育てるにはなかなか難しいようです。2日間留守にされたそうですが、稚魚にとっては致命的です。


[6]>4 ありがとうございます tonchi0217

詳しくありがとうございます。私も、同じ大きさの稚魚が共食いをするのかな?と、飼育していて感じていました。ただ、網も非常に目の細かいやつで、稚メダカも出られないと思います。1週間くらいは問題なく生きていました。親の入る余地も考えられません。死骸もありません。取り合えず次は別の水槽にしようと思います。


[7]>5 そうですか tonchi0217

死骸が1つもないので不思議です。えさはなにが良いでしょうか?


[8]>7 ショップで売られているメダカの餌で十分です yoshicom

孵化したばかりのメダカの稚魚を注意深く観察すると、お腹のところが黒くふくらんでいます。ふつう魚類の稚魚のお腹はこうした形状をしていますが、稚魚はここに蓄えられた栄養分を消費することで、しばらくは餌なしで生きていけると聞いています。

そこで私は、孵化して1週間後くらいから、ペットショップで売られているメダカの餌を指先で細かくすりつぶしたものを与えるようにしています。餌を与える場合、あまり多く与えすぎないようにすること、餌をあげる時間を一定にしておくことです。我が家の餌の時間は、毎朝7時から8時くらいにしています。


[9]私の場合 a-ruai

日に日に水槽から魚がいなくなるのでおかしいと思って調べたら、ふたをしていたにもかかわらず水槽から飛び出して床の上で死んでいました…

この魚は稚魚ではなかったのですが。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ