人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

世の中にフリーマガジンが多く出てますが、
その中に、カスタムマガジンと呼ばれる
企業が発行する雑誌形態の広報誌があります。

具体的には、角川書店が発行している、
『ツタヤマガジン』、『ザ・テレビジョン(日本生命版)』、ライフエンタテイメントが発行する『ファイブエル(りそな銀行版)』、リクルートが発行している『ボーナスR25』などがあるようです。
参照:http://www.kxm.co.jp/service_7.html

企画・編集・制作・印刷などを出版社がしているようですが、これらの発行元が、企業になっている場合と出版社になっている場合があると聞きました。

発行元が違うと何か影響があるのでしょうか?
教えていたあけると助かります。

●質問者: oshiete7
●カテゴリ:ビジネス・経営 書籍・音楽・映画
✍キーワード:りそな銀行 イブ エンタテイメント カスタム ザ・テレビジョン
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● cutie17
●60ポイント

流通する雑誌を発行するには、業界団体に出版社としての登録をする必要があります。経費もかかりますし、何点くらい発行できるかも制限されています。多い場合は自社内に出版社を作った方がよいのです。


2 ● maxthedog
●10ポイント

そのカスタムマガジンの扱われ方によって発行形態が変わります。カスタムマガジンであっても(その一部を)書店で流通させるものならば、そのために「雑誌コード」と言うものを取得しなくてはならないので、出版社でそれを流用することが出来るので(いわゆる口座貸し)発行元が出版社になることがあります。

http://www.uraken.net/zatsugaku/zatsugaku_109.html ←4の雑誌の所を参照

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ