人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ドメインの取得料金についてです。
http://muumuu-domain.com/?mode=price
http://www.value-domain.com/
国内では上記の二つが.comで約800円ローマ字.jpで約3,500円と他のところと比較し半額ほどの安さになっているのですがこの差はどこから生まれているのでしょうか?
・単純に上位レジストラで手数料が安く済む
・安くする代わりにサポートが悪い
など考えられるのですが、実際のところどういう差があると考えられますか?

●質問者: tenshin42
●カテゴリ:インターネット ウェブ制作
✍キーワード:.jp サポート ドメイン レジストラ ローマ字
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● aiaina
●40ポイント

共用サーバとなりますので、1台あたりのユーザ数、サーバスペック、バックアップ体制、サポート体制、バックボーン容量、安定性...このような裏方の部分に掛かるコストの積み上げと、どの程度のビジネススケールで事業展開するかという目論見の中から価格が確定していきます。

当然高い収益を必要とする大手とそこまでは考えない(というか対大手の競争力が必要な)小規模企業、個人ではこの点に大きな価格差がありますね。

また、単純にホスティング収益だけではなく、他の関連サービスによる収益率のバランスでも変わってきます。


2 ● b-wind
●40ポイント

value-domain に関しては

http://www.value-domain.com/faq.php?faqid=17

全て自動処理にする、登録、移管、サーバー作成など基本的な操作はユーザー様にお任せする

事で人件費を削減していると明記してあります。

たいていの場合一番手間がかかるのは人の手による事務手数料ですからね。

自動処理プログラムを作成してしまえば企業としてはそれ以降の出費はわずかで済みますから。


3 ● TomCat
●40ポイント ベストアンサー

これらのドメイン取得サービスは基本的に「客寄せ」であって、それを主たる収益源とはしていない、という所が大きいです。

http://muumuu-domain.com/?mode=guide&state=server&PHPSESSID=...

ムームードメインはレンタルサーバ「ロリポップ」、

http://www.xrea.com/

バリュードメインも同じく「XREA」で使ってもらうためのドメインをうちで取ってください、といった位置づけのドメイン取得サービスです。

もちろん取ったドメインはどこのサーバに向けて使っても構わないわけですが、結果的には多くの顧客が自社系列サーバの顧客にそのまま横滑りしていきます。

ちなみにXREAは基本的には無料サーバスペース提供サービスですが、主な収益はそこからの広告収益によっています。

http://domain.fc2.com/

同様の位置づけの格安ドメイン取得サービスはFC2などでも行っています。こちらもFAQを見ると、

ドメインを使うにはサーバーが必要ですか?

ドメインを取得しただけでは、ホームページやメールは使用できません。使用するにはサーバーが必要となります。

レンタルサーバーをお探しの場合は、 FC2レンタルサーバー のご利用をご検討ください。

と、ちゃっかり自社サーバをプッシュしています。

こうした格安ドメイン取得サービスは、人件費を抑えるためユーザーに対する直接サポートはほとんど行わず、ドメインに関する操作のほぼ全てをユーザー自身に任せるという方式を採っています。

また、レジストラではありませんから、万一更新期限を過ぎてドメインが失効してしまった場合、その復活作業は上位レジストラに依頼して行わねばならないため、手続きに時間がかかり、場合によると復活のチャンスを逃してしまう可能性もあります。

しかしそれ以外でドメインに関して取得会社の世話になることは殆どありませんから、ドメインに関する操作は全て自分で出来る、自己管理にも自身があるので期限を過ぎて失効させることも有り得ない、と言いきれるのなら、こうした格安取得サービスも悪くありません。実際私も、もう数年バリュードメインを使っていますが、一度もここを使って失敗だったと思ったことはありません。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ