人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

長野県の新県知事村井仁さんが、9月1日金曜日に就任しましたが、9月2日土曜日の昼12時ごろ1時半ぐらいまで1時間30分間長野駅前の蕎麦屋さんで、日本酒とビールを男4人で飲んでいました。新聞によると「午後から高校編成の会議に出席した」と報道されていますが、『昼飯で宴会』、『午後から酒気帯びで会議出席』、この新長野県知事の行動について、長野県民の方も長野県民以外の方も、居住県を、ご記入の上ご意見をお聞かせください。県庁では、『知事は休みなので、昼飯に日本酒を飲むことは規制できない』?と回答がありました。

●質問者: terano
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:ビール 休み 会議 土曜日 報道
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● TOURCONTAKUTER
●15ポイント

http://q.hatena.ne.jp/1157456999

北海道です 会議の予定があるのに、飲酒することはあまりにも無責任ではないでしょうか。

会議に飲酒して出席したということであり、あまりにも不謹慎だと思われます。

ぜひとも報道系に通報し、事実関係を公にしていただきたいです。

◎質問者からの返答

県庁の知事付きの方の話では、午前中から高校編成の懇談、昼食を挟み引き続き午後も県庁内で懇談をしたと回答がありました。


2 ● TOURCONTAKUTER
●15ポイント

北海道です このことを 新党日本(要するに田中康夫代表)へメールさせていただきました。

どのようなリアクションとなるでしょうか?

http://www.love-nippon.com/

◎質問者からの返答

県庁の知事付きの方の話では、午前中から高校編成の懇談、昼食を挟み引き続き午後も県庁内で懇談をしたと回答の件もお伝え下さい。


3 ● strawhat
●15ポイント

東京都です。

その「高校編成の会議」というものが公的な会議であり、知事として出席したとするならば、それは特別職地方公務員の職務であったわけですから、その前に飲酒を行うことは、公務員に対する信用を失墜させる行為として、厳しく批判されなければならないと思います。

地方公務員法では、

>(信用失墜行為の禁止)

>第33条 職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

と定めて、一般職職員に対しては、厳しく信用失墜行為を禁じています。その任命権者たる県知事が職務前に飲酒をしていては、それこそしめしがつきません。知事は特別職であり地方公務員法の服務規程は適用されませんから、たしかに県が言うように、規則で縛ることはできないと思いますが、ことは重大ですから、事実関係を詳細に調べて、知事を選出した県民の厳しい判断にゆだねることが大切だと思います。

◎質問者からの返答

そのとうりでございます。


4 ● くまっぷす
●15ポイント

東京都民ですが、何かと問題発言の多い都知事でもあとで予定が入っていると言うのに酒気帯びはないと思います。ってことでずいぶん脇が甘い人だなあと。

くだんの長野県知事氏はダムなどの公共投資再開派ということで、「あーそのうちゼネコンのえらい人と毎夜酒気帯びなのねー」と想像しちゃいますね。

◎質問者からの返答

おっしゃるとおり


5 ● moaizo
●15ポイント

『昼食で宴会』は、公費を使っていない限り、自由だと思います。休日だったみたいですから。おそらく会議も、仕事ではなく、ただ顔見せだけだったのでしょう。それでも酒気おびはいけないですね。職員のモラルにもかかわってくることだと思います。責任の取り方としては、給与の自主返納、釈明会見すべきではないかと思います。

三重県民

◎質問者からの返答

県庁の知事付きの方の話では、知事に休日はありません。公務として午前中から高校編成の懇談、なので顔見世ではありません。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ