人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本語とヘブライ語の疑われる関連性についての質問です。
日本語の数詞は極めて独特であると思います。
fi,fu,mi,mu,yo,ya,itu,to
きれいに語尾母音の変化による倍数表現が見られます。
母音変換は、基本語、e,ii,yoshi,ishi という変化にも見られます。
このような明らかな特徴は他にヘブライ語にも見られると聞いたことがあります。
本当でしょうか。
数詞なんかはどうなっているのでしょう。

●質問者: qhnjt072
●カテゴリ:学習・教育 旅行・地域情報
✍キーワード:ITU Mi ya Yoshi ヘブライ語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● love-and-peace
●27ポイント

すいませんまともな学者で検索して、力足らず、ヒットしませんでした。

個人的にはもともと懐疑的なのですが・・・・・・

生物学の概念で「相似」というものがありますが私はこれが適用されるものと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E4%BC%BC

◎質問者からの返答

大変にありがとうございます。

人種差を越えた文化的類似を、併発的な、いわば生物学的相似として捉えることに、根本的に反対する立場があります。

偶然の一致というものは少ない。必ず一元的な系統の解明によって説明されうる。と。


2 ● ninja56
●27ポイント

ごちゃごちゃ言ってずに、勉強してみたらどうですか?

http://www.amazon.co.jp/%306f%3058%3081%3066%306e%30d8%30d6%...

◎質問者からの返答

しばらくインターネットで勉強してきました。

なかなかな、新説のヘブライ語研究量が潜んでいることが分かりました。

ありがとうございます。


3 ● aiaina
●26ポイント

http://www.pluto.dti.ne.jp/~msk/hifumi.htm

こちら参考になりそうです^^

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

結局、数詞に関しては他言語に類似例がなく、当然ヘブライ語とも形式的には共通性がないということになるのかもしれません。

「クイズ的」工学的な類稀な日本古語の秘密が浮かんで出てくるようであります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ