人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近、アメリカ発の高級ブランドであるCOACHのグラブタンレザーで作られている製品にはまっているのですが、購入したばかり(ダッフルバッグとお財布)でまだ新品です。このグラブタンレザーは使用していくとどのような状態になるのか知りたいので、どなたかグラブタンレザーを使い込んでいらっしゃる方ご回答をお願い致します。また、グラブタンレザーに詳しい方、グラブタンレザーの魅力をご存知の方もいらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

●質問者: Petro
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 美容・ファッション
✍キーワード:COACH しゃる はまっている アメリカ グラブ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● pons
●23ポイント

コーチのダッフル(黒・グラブタンレザー)を4年くらい使っています。

あまり手入れをせずに、子供と外遊びに出かけるときなども利用しています。ほぼ毎日、カジュアル使いにしていましたが、ほとんど傷はつかず、ついても目立たないし、型崩れもなく、 この質問を拝見してからあらためて数えて「もう4年も使っていたのか!」と驚きました。4年も毎日使っているとおもえないほど状態は綺麗です。耐久性はものすごく良いと思います。

雨にぬれても、雨水を拭く程度であまり手入れをしていなかったので、よく見てみると少しツヤがなくなってきて全体に多少白っぽくなってきたようにも思えましたので、先ほど手入れをしました。

とりあえず、ミンクオイル配合の 皮家具用クリーニングシートで拭いてみましたら、ツヤも回復して随分綺麗になりました。 私のように手入れもせず荒く使われるのではなく大切にお使いになればものすごく綺麗な状態で保てると思います。

同じく5年くらい前に購入したコーチのハンドバッグは モノグラムとナチュラル系の色のコンビです。 ナチュラル系の皮(肌色っぽい、ヌメ革?)はやはり、色がついているものよりもしみになりやすく、ところどころ色の濃淡がでてきてしまいました。こちらは、さほど使用頻度は高くなかったので、ヌメ革素材の場合は 使用に注意が必要ということかと思います。全体の色はあめ色がかってきていい風合いにはなってきたと思います。


◎質問者からの返答

ご回答どうもありがとうございました。大変参考になりました!大切に使っていきたいと思います。私はCOACHの、シグネチャー(モノグラム)とヌメ革のコンビネーションも好きですよ。ヌメ革がほどよく飴色になっていくまで使い込んでみたいものです!


2 ● aiaina
●23ポイント

http://www.ne.jp/asahi/cyber/channel-goods/profile.html

グラブタンレザーは、使い込んだ時のクタクタ感が最高だ

とのことです!

◎質問者からの返答

ご回答どうもありがとうございました。クタクタになるまで使い込めるように目指します!


3 ● maxthedog
●22ポイント

グラブタンレザーと言う呼び方を知らなかったのですが、検索で理解したところではCoachの定番的な茶色の革のことと理解しました。

カバンだと紳士用ビジネスバッグと婦人用のバックルで肩ひもの長さを調整する中型ショルダーバッグを持っています。前者は7年ぐらい、後者は5年ぐらいつかっていますが、今でもいい状態です。もちろん、季節や服装など似合わせてローテーションしています。

1番の回答者の方は、ほとんど傷が付かず型くずれもないと仰っていますが、明らかに主観の違いですが、傷が付かないわけでも型くずれしないわけでもないのでそれなりに気をつけた方がいいと思いと私は思います。しかし、デリケートすぎる革ではないので神経質にならずにすみますので、1番の方が仰っていることは本当です。

皮革製品のメンテナンスは私の担当ですが家内のハンドバッグの中味だけはやっていなかったのです。そうしたところ、キーケースやキーリングがグラブタンレザーであっても痛んでしまいました。なので、オイル等で乾燥防止をしてやらないと、長期的にはカバンならばまず革の曲げてある部分からひびが入りやすくなり、形のクセもしわとなってつきます。ミンクオイルも良いものと定評がありますが、べとつくのでカバンのように服や肌に直接つく物にはちょっと微妙かと思います。私はM.モゥブレィ社の「デリケートクリーム」という物を使っています。

デリケートクリームは若干水分量が多いので(ミンクオイルと同じぐらいの印象ではありますが)皮の状態が既に乾燥しているようならば塗った後に色が濃くなる印象になると思います。(でも、オリジナルの状態に戻ったのかもしれません。)なので、塗る前には底などの目立たない場所で試して下さい。また、乾くと色が薄くなりますので試験は焦らずにやって下さい。(ミンクオイルも同様です。)私のメンテナンスは汚れ落としの後これを塗るだけです。この製品は東急ハンズで売っています。Google検索の一番上には以下のショップがありましたので、ご参考まで。http://www.rakuten.co.jp/shoes-sinagawa/246780/246826/

Coachは特に数年前からモノグラムを前面に押し出して、革屋ではなくバッグブランドの印象になってきているのが、なんだかちょっと残念な気持ちがあります。というのはここの革製品は手頃でかついいものが多かったのですが、それがそういった「ブランド系」のカバンに押されて少なくなってきている印象があるからです。でも日本のセレクションその方向に偏りすぎているようで、米国のショップだとまだ革製品も重要に扱われていますので、まだ大丈夫かもしれませんが。上級なカジュアル〜柔らかいビジネスと言うカテゴリーが余り得意ではない日本市場で、 Coachはその穴を埋めてくれる良いブランドだと思います。そして、グラブタンレザー製品はまさにそのど真ん中だと思います。

◎質問者からの返答

maxthedogさん、非常に詳しいご回答をありがとうございました。やはりお手入れは重要なんですね?。大切に使っていきたいです!日本のCOACHでは確かにシグネチャー柄が主流になっていますね。私もCOACHの皮革製品に惚れ込んでしまっているので、いつか渡米してアメリカのショップに足を運んでみたいものです。


4 ● mogujade
●22ポイント

16,7年前、コーチが初めて出店した銀座三越で『ハニー』という色の巾着型のショルダーバッグを買いました。

専用のオイルも購入し、使用前に塗り、時々(3?4ヶ月に一回位)同じように手入れをしました。

雨にあてないよう気をつけはしました。

柔らかなのに型崩れもなく、いい飴色になりました。

傷もあまり目立ちません。

今は、ジャガードのものが目立っているようですが、「コーチは皮革製品」と思っております。

大切にお使いになればそれに答えてくれるはずです。

◎質問者からの返答

mogjadeさん、ご回答ありがとうございました。COACH日本初進出時の製品をお持ちだなんて羨ましい限りです。COACHの革は17年以上ももつのですね?!私も「コーチは皮革製品」派なので使い込んでいきたいです!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ