人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

身近な人で「そのときは気がつかなかったけど、後になってみてその人の価値というか魅力というか大きさというかそういうことにハッとした人」は居ますか。勝ち負けではないのですが、あーあの人にはかなわない、そう思う人です。できればエピソードといっしょに聞かせてください。いつものようにコメントはいれませんけど大切に読みます。この質問もいつもよりも広めに回答数を設定します。よろしくお願いします。

●質問者: aoi_ringo
●カテゴリ:生活 人生相談
✍キーワード:コメント 価値
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● takeshi825
●19ポイント

大学一回生のころに同じゼミになった友達です。

自分的に頭の良さとか回転の速さが自分と

同じくらいだと私は一方的に思っていて

(ライバル視していて)テスト勉強とかもそいつと

一緒にやればすごいはかどるし、ノリもあっていて

楽しかったのですが、3回生から専門が別れ一緒の

クラスにもなかなかなれず、またその後も彼は就職活動

私は院進学と別々の道を歩み始めました。もう彼とは

1年近くあっていませんが、彼と一緒なら何でもできたような

気がします。テストや授業を1人で受けていてもつまらない

というか。最近では彼が僕に与えていた影響力というのは

本当にものすごいものだったんだなぁと、しみじみ考えて

しまいます。今度はいつ会えるのかな。

◎質問者からの返答

ありがとうございました(^^)(^^)


2 ● mummy-a
●19ポイント

人間的な魅力ではないです。

中学校のとき、担任の先生だった人です。(女性)

僕らやんちゃグループにはとても厳しくすごく嫌いだったのですが

噂によるとすごく霊感が強い人らしかったのです。もちろん、バカ

真っ盛りの僕らはそんなこと何も信じずに反抗しまくって卒業式を

迎えました。その時クラスの一人一人に一般的なサイズの茶色い石

を配って「この石になんかあったときは絶対に私の所に来てください」と泣きながら言うのです。みんな影では「いらねーよ」とかいい

ながら各自大事に保存したみたいです。(それが分かったのは後の

事ですが)

そして月日は流れ僕らが高校二年の夏。

そのとき僕らは相変わらずいつも同じメンバーで集まっていて「たき火」という遊びにはまっていました。その日はお盆だったのですがそんな事関係なく近くの河川敷へと。もちろん、たき火をするためですよ。その日ははじめから何かおかしかったです。

まず、川から位牌のようなものが流れてきて僕らのいる目の前で

急に方向を変え岸で止まりました。ちょうど木でできていたので

少し不安になりながらもそれを燃やしてしまいました。最初のうちは何事も無く、燃やした事すら忘れていたのですがまず、友人が

持ってきていた屋外型のMDプレイヤ(覚えてますか?あゆがCMしてたPanasonicのスピーカ付きのプレイヤです。)からノイズが混じり始めついにはノイズしか聞こえなくなりました。「おかしいな?」とは思いながらも続けていると遠くの方で赤ちゃんとお母さんの声が聞こえてくるのです。見晴らしはいいので確認した所、僕ら以外には人はいなく、流石に怖くなったので僕らは退散する事に。砂やらジュースやらかけて火を消してそこを去りました。

しかし50mくらい歩いてからふと後ろを振り返るとまた火がついているのです。僕らはますます怖くなりましたが消しにいく事に。

すごく念入りに消しました。そしてまた帰っていって今度は30mくらいで振り返ると火が強くなったり弱くなったりを繰り返しているのです!この世の火とは思えませんでした。僕らは一目散に逃げましたよ。そして友人宅へ。そこでも友人宅の玄関は引き戸なのですが引き戸を閉めても閉めても自然に5cmくらい開いてしまうという事態になりました。もう怖くて怖くて友人の部屋でみんな無言で黙っている所に「あれ?」と誰かが言いました。そうするとその友人がテレビの上においていたあの石が真っ黒になって大きなひびが入っていたのです。もうびっくりしてすぐさま中学校へ。たまたま担任の先生がいたのですが会うなり(何も喋っていないのに)「あんたら、なにしたの!!!子供いるぞ!」と言うのです。もう僕らは唖然。そのまま少し遠くの寺のような場所に連れて行ってもらい難を逃れました。

その後の友人の話によるとみんなの石が同様になっていたそうです。

敵わないというか、ごめんなさいというか・・・。

あれほど「先生」という職業の方々に感謝した事はないです。

◎質問者からの返答

あ、ありがとうございました。


3 ● truth10truth
●19ポイント

ありきたりかもしれませんが、父ですね。

私と父は良好な親子関係ですが、そこまでベッタリというわけではありませんでした。


私は、人前で泣くタイプではありません。

ぐっとこらえて一人のときに泣くという強がりなタイプです。

しかし


「お父さんが倒れたから病院にいます。母より。」


というメールを帰宅途中うけとったとき

混みあった電車の中で、気づいたらえんえん30分間泣きじゃくっていました。

感情に押し切られるというか、自分では感情をコントロールできない

瞬間があるということを思い知らされた経験でした。

どうやって家に帰ったか、どうやって病院にたどり着いたかまったく

覚えていないんですよね。。

親というのは本当に深い存在だと思います。

人格の根幹というかなんというか。ここまでだとは思いませんでした。

親の死を体験した人はわかってくださると思うんですが

悲しいとかどうとかではなく、すさまじい喪失感。



と、死にネタのように見せかけて父は九死に一命をとりとめたのです(*´ェ`*)

みなに大切にされてまだなんとか生きています。

あのメールを思い出すと一生、両親にはかなわないなぁと思います。

ちなみに私はファザコンではありませんよ(笑)

◎質問者からの返答

(^^)(^^)ありがとうございました。


4 ● aiaina
●19ポイント

友達で、いつも笑顔で悩みも無さそうな子が居ました

きっと楽してきたんだろうなぁって思ってたのですが、あるときのみに行った時に、色々な過去の波乱万丈な真実を聞かされて

この子の笑顔の後ろを知ったときですね

私には出来ない人です

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


5 ● jyouseki
●19ポイント ベストアンサー

大学生のとき、あまり授業に出ず、来たときも寝ているばかりの同級生がいました。

テスト前になると他人のノートをコピーさせてもらって、それだけで何とか単位を取ってしまうのです。

まだ携帯電話が普及していなかった時代、彼の親から私の所に

「子供と連絡が付かないのですが、学校には来ていますか?」

という電話があったこともありました。

そんな彼でしたが、なぜか一緒にいると楽しかったです。

あれから十数年が過ぎた今思い起こしてみると、彼は

・他人の悪口は決して言わない

・他人が話しているときは決して割り込まない

・誰にも対等な態度で接する

・どんなときもくよくよしない

このような人に好かれる要素を持っていたことがわかります。

簡単ではありませんが、できるだけ見習って生きて行きたいと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ