人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近は気軽にカードをネットで使う方が多くなってきています。

一方、カードの個人データが悪用されて、知らぬ間に銀行から預金が引き出されるというニュースがありましたね。

いつの日かそのような犯罪に自分が巻き込まれる恐れもあるのですが、
なにか自衛策を取っている方いましたら教えてください。

「カードはネットで使わない」という人は回答しないでください。
あまりに自明なので。

●質問者: wm107p
●カテゴリ:コンピュータ 人生相談
✍キーワード:カード データ ニュース ネット 犯罪
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 17/17件

▽最新の回答へ

[1]暗証番号をこまめに変える カード限度額 temarix

カード限度額を設定できますので、

1日に振込したりおろしたりする金額を変えてあります。

小額にしておけば被害が少ないので良い方法だと思います。

1日に何回までしか降ろせないとかもありますので。

あと暗証番号も変えるようにすれば良いのではないでしょうか。


[2]クレジットカード番号ということなら rennet

ネットショッピングなどでクレジットカードを使うことに

リスクがあると考えていますので、カードの定期的な解約、

新たな作成をしています。

カード会社と相談の上、行った方が良いのですが。


[3]高額の使用があった場合には monkey_timpo

逐一確認の電話が入るようにさせています。私の場合、毎日ほぼカードのみで支払いをしているので、それくらいしか手段はないですね。


[4]こちらに一通りの注意点が書かれています。 tfujiyama

http://www.zenginkyo.or.jp/extra/extra03/index0300.html


[5]「カードはネットで使わない」は自明ですか? quintia

なぜ「カードはネットで使わない」は自明なのですか?

どういう理由でそう判断したのですか?

「最近は気軽にカードをネットで使う方が多くなってきています。」と「一方、カードの個人データが悪用されて、知らぬ間に銀行から預金が引き出されるというニュースがありましたね。」の間に、どんな関連性がありますか?


セキュリティを不正に突破しようとするなら、もっともセキュリティ意識が低いところを狙うのが常套です。

"ネットで使わない方がよい"と大半の人間が考えているならば、"ネット以外の所で盗む方が簡単"と犯罪者は考えるでしょう。


直接の回答じゃないんですが、ちょっと気になったもので。


身元情報窃盗が発生しやすい状況について質問したところ,40%弱は「オンライン取引が最も発生しやすい」と答えた。ところが,Fellowesによると「オンライン取引にかかわる身元情報窃盗の割合は全体の9%に過ぎず,多くは書類や盗まれた情報が原因」という。「米国で発生する身元情報窃盗のなかで,個人的な財務情報の入った財布や,クレジットカードなどが盗まれたことによる情報流出が一番多い。この事実を知っている米国市民は5分の1に満たない」(同社)


(略)


身元情報窃盗のうち,15%は被害者の家族や友人が犯人だった。しかし「家族や友人が身元情報を盗む可能性がある」と考える人は6%しかいなかった


[6]>5 プレビューと違うんですけど…… quintia

引用が見にくくなってしまったので。

身元情報窃盗が発生しやすい状況について質問したところ,40%弱は「オンライン取引が最も発生しやすい」と答えた。ところが,Fellowesによると「オンライン取引にかかわる身元情報窃盗の割合は全体の9%に過ぎず,多くは書類や盗まれた情報が原因」という。「米国で発生する身元情報窃盗のなかで,個人的な財務情報の入った財布や,クレジットカードなどが盗まれたことによる情報流出が一番多い。この事実を知っている米国市民は5分の1に満たない」(同社)

(略)

身元情報窃盗のうち,15%は被害者の家族や友人が犯人だった。しかし「家族や友人が身元情報を盗む可能性がある」と考える人は6%しかいなかった

米国市民の8割は「ID盗難」を警戒,ただし誤...


[7]振り込めサギの被害にあうことも mikinoot

ネットでカードを使用したりして、犯罪に巻き込まれるかな?

なんて用心していた知り合いがカード会社からの電話を装った電話を鵜呑みにして、数百万円もっていかれました。

この程度だとニュースにもならないのです。

また、少額の場合、泣き寝入りする人もいると思います。

口座から直に持って行かれる可能性より多いと思いますので、怪しい電話にも注意が必要だと思います。


[8]ネット専用のカードを作る! Twill

これは事前防止策ではなく、早期発覚を促すものですが・・・。

新しくカードを作り、必ず請求書(利用明細書)は郵送してもらう設定にします。カード会社はどこでもいいですが、カードを見せるだけで特典があるところ(通常の店で使ってはダメです)やうまく他のポイント(できれば通常使っているカードのポイントなど)に移行できるところがいいでしょう。

これだと使った際に必ず請求書が郵送されます。

いつも使わない(眠っているはずの)カード会社から(使ってないのに)請求書がきたらおかしいですよね。すぐにわかります。

引き落としの前にさっさとカード会社に申し立てをし、wm107pさんに非がないことがわかれば支払しないで済むこともあります。


100%事前に防ぐことは難しいと思いますが(これは事故にあわないようにすると言うことと一緒ですね)起きたときにリカバーできる方法を把握しておくことも良案だと思います!


[9]利用明細は必ずちゃんとチェックする ksh

キャッシングは一切使いませんし、自分の覚えのないクレジット払いがあればカード会社に電話して確認します。不正使用ならカード会社はちゃんと対応してくれます。

銀行のカードについては、預金者に落ち度(暗証番号をちゃんと管理してなかった等)がなければ銀行側が保証することになったかと思います。(このへんは記憶なので間違ってたらすいません)

http://d.hatena.ne.jp/ksh/


[10]専用口座を設け、最低限の残高にしておく。 doriaso

落ちなきゃ連絡来るしね。


[11]>9 実際はこれにつきますよね。 chipmunk1984

私は明細通知はメールサービスを利用しています。

これが一番早いです。


[12]>10 これっていいアイディアかも chipmunk1984

でも、気をつけないと不正使用でなくても引き落とし不能になって、クレヒスが汚れちゃう危険と隣り合わせか……


[13]>6 カードはネットで使う(アダルト以外)けど、飲みにいくときは財布を上着に入れない NAPORIN

とかね。

ゴルフ、サウナ、整体などには必要な現金だけ持っていくとかね。


日本の統計じゃないので鵜呑みにできないですけど、

私も結構ネット経由のカード犯罪は接触的スキミングよりも少ないと思いますね。

フィッシングとかも非常に警戒されていますけど、

これって、コンピュータ社会でのプロレベルの警備情報が

たまたま普通のネット人口の目にも触れているんだというように感じられる。

なんというか、総会屋と警備員のノウハウって

普通の人とはあまり接点がないよね?そういう感じ。


でもSSL、ベリサインなどキーワードは

しっかりでているか

URLのドメイン名はあやしくないか、

確かめながら取引をするくらいは最低限やります・・。


[14]>12 再引き落とし日までに入金すれば大丈夫ですよ。 doriaso

たぶん、、、


[15]ネット通販用に郵貯チェックカードを使っています qjpem028

買う分だけ保留額を入れておけば、普通のカードみたいに限度額いっぱいまで悪用される心配がないから。

http://www.saisoncard.co.jp/lineup/ca079.html


[16]>5 なるほどネット以外の流出ですか ksh

ネットでカードを使わなければ被害にもあわないから、対策として自明というわけではないということですね。なるほど。

むしろネットだと、一度に大量に流出することが多いので、被害がニュースとなったりするので、ばれやすいと言う意味で安心かもしれませんね。

http://d.hatena.ne.jp/ksh/


[17]自衛していません。 fuk00346jp
  • 設問について

クレジットカードは銀行からお金を引き出せません。キャッシングにはカード自体と暗証番号が必要です。

ネットショッピング決済ではキャッシング暗証番号を入力しませんからキャッシングされる可能性は極めて低いと思いますが・・?

  • VISAデビッドは即時決済システムの為店舗側が悪用する事は可能でしょうがクレジットとして使う分のみ別口座から振り込んで決済で自衛出来ると思います。(同行間振込み手数料は一般的に0円ですし)
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ