人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

株式用語で:
1:建玉?
2:デイトレードからスイングポジション?
3:取引。。。枚の枚の単位?
ド素人に簡単に教えてください。

●質問者: oshiete_1
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:スイング デイトレード ポジション 単位 建玉
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● ssueno
●35ポイント

なかなか、ご質問の用語がひとつのサイトで載っているものは少ないですね。自分も意外です。確かに初心者には入りにくいのかもしれません。

1.建玉(建て玉):証券(金融)では「玉」ともいいます。通常の現物取引しているなら関係ないです。先物取引・オプション取引等の信用取引にのみ気にする必要があります。

http://www.nomura.co.jp/terms/japan/ta/tategyok.html

2.デイトレードからスイングポジション

投資には一般的に短期、中期、長期と期間により投資戦力が変わってきます。投機的な値動きや、相場の反応の見ながら1日で売り買いするのが短期(デイトレード)、その一方で過去の値動きを(主にグラフ化して)分析しながら投資するのが、中期(イングポジション)

http://swingtrade.nobody.jp/html/1-1.html

http://swingtrade.nobody.jp/html/1-2.html

確かに分かりにくいでしょうが、一般的な初心者は株で投資する場合は長期の運用を目指したほうがいいでしょう。


3.取引。。。枚の枚の単位

ちょっとこれが分からないのですが。もし、先物取引・オプション取引での話ですと契約書の数です。とくに相対する(売りVS買い)側の建玉をさします。証券の現物取引なら特に大きな注文の際に複数の取引に分けた場合、それぞれの取引を「ペロ」という紙に書きます。そのペロを枚と数えます。

◎質問者からの返答

詳しく有難う御座います。

枚の話は、契約書の枚数かもしれませんもう少し調べてからはてなに出します。

有難う御座いました。


2 ● yume40
●35ポイント

http://www.daiwa.co.jp/ja/glossary/jpn/00476.html

建玉

たてぎょく

信用取引や先物取引で売買した後、反対売買されずに残っている未決済分のこと。信用取引や先物取引で、新規に買うことを「買い建て」、新規に売ることを「売り建て」と言います。この売買は最終期限までに決済する契約になっており、投資家はその途中いつでも好きな時に反対売買を行うことが認められています。建玉は相場によって増減し、株価が上昇している時は建玉の残高が増加し、下降している時は減少する傾向にあります。売買高、市場規模人気などを計る重要な指標の1つです。

http://baizou-net.com/daytrade/daytradetoha.shtml

デイトレード(day trade)とは、「日計り取引」のことで、

買った銘柄をその日のうちに売却し、利益や損失を確定させる取引です。

というのが原則のようですが、私も含め多くのデイトレーダーたちは、翌日の始値が今日の終値より高くなりそうな場合、買ったその日に売らず、翌日の寄付き後付近まで持ち越す場合がよくあります。

スイングトレードとは、数日間で売買を済ませてしまう短期売買のトレード方法です。

ちなみに数週間から数ヶ月に渡り、数銘柄のポジションを入れ替えながら売買していく方法をポジショントレードといったりもします。

http://swingtrade.nobody.jp/html/1-1.html

スイングトレードでは、短期間で売買を完結させるため、ファンダメンタル分析投資(企業の業績や成長性などに投資すること)よりも、テクニカル分析投資(過去の株価の値動きを表した指標を参考に、買い時や売り時を探り投資すること)を重視していくことになります。

◎質問者からの返答

詳しく有難う御座いました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ