人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

大工(宮大工?)さんの技術で、【筋交い】【貫(柱と柱を貫く材)】に関して調べています。具体的にどういった技術だったのでしょうか?また五重塔などには使われていたのでしょうか・・・?

●質問者: tooh22
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 生活
✍キーワード:五重塔 大工 宮大工 技術
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● newca
●19ポイント

http://www6.wind.ne.jp/okuzawa/jiten/myhome/jyutaku/kouzou/s...

http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_house/w002554.htm

参考になれば。


2 ● kosuke2005
●19ポイント

「筋交い」

地震力や風圧力などの水平荷重による軸組の変形を防ぐために対角線方向に入れる部材で、建物全体を強固にするために必ず入れます。釣り合いをよく配置し、ねじれを生じないようにします。

http://www.dekiya.org/myhome/photo/040715_myhome/dscf2517.jp...

http://www.shou.co.jp/yorozu/naibu/%8B%D8%8C%F0%82%A2.gif

「貫」

柱と柱の間に「通し貫」と呼ばれる木材を水平に貫通させくさびによって柱と貫を固定させる。伝統工法で何百年という実績があるものです。

伝統的な建造物のほとんどにはこの工法が使われていますが、現在主流の工法の筋交いには使われていません。

http://k-sanchoku.com/image/g-nuki.jpg

http://www.city.hanno.saitama.jp/kinoienomichi/page3-16_1.jp...

五重塔では「貫」は使われていました。

http://www.inayama.net/dentou.html


3 ● flying_baobab
●18ポイント

「筋交い」

http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_house/w002554.htm

http://www6.wind.ne.jp/okuzawa/jiten/myhome/jyutaku/kouzou/s...

http://www007.upp.so-net.ne.jp/minnanoie/takumi.html

「筋交い」を入れるのは「剛構造(ブレーズ構造)」、一方、五重塔は「柔構造(ラーメン構造)」のようです。

http://www.ads-network.co.jp/kozo/ko-03.htm


4 ● HONMA9691
●18ポイント

http://www.kanazawa-net.ne.jp/~yume/toshi.html

金沢城でも使われる伝統工法 「通し貫」



「貫」は伝統工法、「筋交い」はあまり歴史のない物のようです。↓


http://www11.plala.or.jp/mokunoie/newpage530.htm

明治時代、西欧の筋交いの技術を取り入れ・・・


「筋交い」より「貫」の方が優れている↓

http://www11.plala.or.jp/mokunoie/newpage518.htm

「筋交い工法」が大地震の時に家自体を突き上げて修復不能にしてしまうのに対し、「貫と土壁の工法」なら傾いても元に戻せる。


5 ● daiyokozuna
●18ポイント

http://taroumaru11.cocolog-nifty.com/kinoiehushin/2004/08/po...

通し貫は柱を縫い通す

「貫」は「つらぬく」ことですが、柱を貫通する横木で、これで柱を縫いつけます。タテヨコ格子が組まれ、粘りある壁が作れます。


http://tezukuri-uchi.hp.infoseek.co.jp/mado.html

筋交い


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ