人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

電気磁気学の問題なのですが、直径1.2mm長さ5.0cm固有抵抗8Ωmの電線3本を並列に接続した時の合成抵抗値はいくらになるかわかりますか?

できればやり方も簡単に説明していただけると助かります。

●質問者: linkin
●カテゴリ:ウェブ制作 学習・教育
✍キーワード:接続 磁気 電気 電線
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/3件

▽最新の回答へ

1 ● l-lol-l
●35ポイント

お手軽に

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%93%E7%A9%8D%E5%9B%BA%E6%...

電線1本では

ρL/Aとなってます

ρ=8

L=5cm=5E-2[m]

A=piR^2=pi (0.6E-3)^2

8 x 5E-2 / pi (0.6E-3)^2

=40E4/0.36pi

=3.54E5[ohm]

でしょうか。電線3本なのでこれの1/3です。

ただ電線を金属とすればちょっと抵抗値が高いですね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます^^

すいません、3.54E5[ohm]の1/3はいくつになりますか^^;


2 ● virtual
●35ポイント

直径1.2mm(半径0.6mm)の円の断面積Sは、

S = π*r^2 = 3.14 * (0.6*10^(-3))^2=1.13*10^(-6)?

したがって、長さL、固有抵抗(ρ)が8Ωmの電線の抵抗値Rは、

R = L*ρ/S = 5.0*10^(-2) * 8 / (1.13*10^(-6)) = 354kΩ

3本並列に接続するのでこの値の3分の1の118kΩが答え。

固有抵抗

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ